著者
金谷 翔子 横澤 一彦
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.69-74, 2015

自分の身体やその一部が自分のものであるという感覚のことを,身体所有感覚と呼ぶ.この感覚がどのようにして生じるのかを調べることは非常に困難と考えられていたが,近年,ラバーハンド錯覚と呼ばれる現象の発見により,手の所有感覚の生起機序について多くの知見が得られた.この錯覚は,視覚的に隠された自分の手と,目の前に置かれたゴム製の手が同時に繰り返し触られることにより,次第にゴム製の手が自分の手であるかのような感覚が生じるというものであり,視覚情報と触覚情報の一貫性によって手の所有感覚が変容することを示唆している.本稿では,このようなラバーハンド錯覚に関する研究の最近の進展を紹介する.一つは手の所有感覚の生起条件について,もう一つは錯覚による身体所有感覚の変容が手の感覚情報処理に及ぼす影響について,検討したものである.最後に,ラバーハンド錯覚を通じて,手の身体所有感覚がある種の統合的認知に基づいて形成されることの意味について議論を行う.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

ラバーハンド錯覚/身体所有感覚 https://t.co/oTWY92IclJ https://t.co/uX7BWByLfS
長時間同じ姿勢で行動していた後ではなくしびれや神経の経路は関係ないとは思うけれど、視覚情報と触覚情報の一貫性がない状態が続くから、以下とは反対の状況と言えて身体所有感覚が乱れるのかな / CiNii 論文 -  手の身体所有感覚とラバーハンド錯覚 https://t.co/AKh4kZmBVs

収集済み URL リスト