著者
宇野 究人 浅野 倫子 横澤 一彦
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.89.17054, (Released:2018-11-15)
参考文献数
31
被引用文献数
1

Grapheme-color synesthesia is a condition in which visual letters or characters induce a specific color sensation. It has been suggested that a range of linguistic properties influence synesthetic grapheme-color correspondence, but the influence of graphemic (orthographic) information is not well understood. In this experiment, synesthetes chose up to two synesthetic colors for each Japanese Kanji character. The results showed that characters that could be divided into right and left subcomponents (radicals) were associated with a higher number of synesthetic colors than characters that could not be divided. This tendency was stronger for projectors, who perceive colors visually in external space, than for associators, who perceive colors in their ‘minds eye’. The results of this study suggest that the graphemic information of Kanji characters affects the number of synesthetic colors, especially for projectors.
著者
正田 真利恵 黒田 直史 横澤 一彦
出版者
日本認知心理学会
雑誌
認知心理学研究 (ISSN:13487264)
巻号頁・発行日
vol.12, no.2, pp.69-76, 2015-02-28 (Released:2015-04-16)
参考文献数
13

顔や視線は情報選択を司る顕在的注意,すなわち注視に影響する.本研究ではマジック動画観察時の眼球運動を計測することで,ヒトの顔や視線方向が,注視に強く影響することを検証した.動画開始時にはマジシャンの顔が注視されやすかった.またマジシャンが視線を向けた物体が,その後,持続的に注視されたことから,他者の視線方向が観察者の注視行動に影響した.さらに注視すべき対象を知っている2回目観察時においても,マジシャンが視線を向けた物体が長く注視された.そしてマジシャンの顔が遮蔽され,視線方向を視認できない場合にも本傾向は生じたことから,他者の視線は,観察者の注視行動に対して,頑健に影響したと考えられる.ただし他者の視線方向に対する注視の偏りは,動画の進展に伴い減衰した.以上より,他者の意図を正しく推測できて初めて内容が理解できるマジック動画を観察しているときには,事前観察に基づき注視行動を制御可能であっても,他者の存在から視線を逸らしにくいことが明らかになった.
著者
金谷 翔子 横澤 一彦
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.69-74, 2015 (Released:2016-04-15)
参考文献数
11

自分の身体やその一部が自分のものであるという感覚のことを,身体所有感覚と呼ぶ.この感覚がどのようにして生じ るのかを調べることは非常に困難と考えられていたが,近年,ラバーハンド錯覚と呼ばれる現象の発見により,手の所有感覚の生起機序について多くの知見が得られた.この錯覚は,視覚的に隠された自分の手と,目の前に置かれたゴム製の手が同時に繰り返し触られることにより,次第にゴム製の手が自分の手であるかのような感覚が生じるというものであり,視覚情報と触覚情報の一貫性によって手の所有感覚が変容することを示唆している.本稿では,このようなラバーハンド錯覚に関する研究の最近の進展を紹介する.一つは手の所有感覚の生起条件について,もう一つは錯覚による身体所有感覚の変容が手の感覚情報処理に及ぼす影響について,検討したものである.最後に,ラバーハンド錯覚を通じて,手の身体所有感覚がある種の統合的認知に基づいて形成されることの意味について議論を行う.
著者
横澤 一彦 熊田 孝恒
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.3, no.4, pp.4_119-4_138, 1996 (Released:2008-10-03)
参考文献数
72

This paper describes current work in visual search within a framework derived from the feature integration theory (FIT) of attention proposed by Treisman and her colleagues. Following topics are reviewed; parallel processing for feature conjunction, distractor homogeneity, display element similarity, multiple conjunction, multiple targets, task-dependent search, eye movements and learning effect. Such work is central to the study of attention and currently among the most active areas. These studies raise some critical questions about FIT; the nature of a feature map and the dichotomy of parallel and serial processing. Three models of visual search, that is, SERR, guided search and multiresolutional models, are compared each other. Their capabilities are evaluated with critical phenomena of search asymmetry, negative search functions, and so on. Finally, we discuss how these models can be linked.
著者
横澤 一彦 河原 純一郎 齋木 潤 熊田 孝恒
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2000

高次視覚研究用の実験ソフトウェアと実験データベースの作成を行った。新たな実験環境を実現するにあたり、様々な環境で動作することを念頭に置き、Jaba環境で動作する実験ソフトウェアと実験データベースを作成し、インターネットで公開した。更に、シミュレーション・モデル構築を目指す高次視覚研究を展開した。線運動錯視探索のモデル(Kawahara & Yokosawa,2001)では、探索の誤答率を,線運動がおのおの独立して生起するという仮現運動モデルによって予測した。その結果、様々な状況での探索成績がこのモデルで予測可能であることを確認すると共に、線運動錯視が視覚的注意によって起こる場合と,独立して画面内の複数の位置で起こる仮現運動によって起こる場合があることが示唆された。視覚的選択過程モデル化(Kumada & Humphreys, in press)を試みた結果、従来の認知心理学における反応時間の分析では、正答反応のみが分析の対象として用いられてきたが、誤答の反応時間が、正答の反応時間の分布と比較した場合に極めて有意義なデータをもたらすことを発見し、それらを可視化する手法としてLOC分析(Latency Operation Characteristics analysis)を開発した。パルスニューラルネットワークモデル(齋木,2002)を使って、選択的注意のモデルとして,CrickとKochの提案した視覚的注意の時間タグ付け仮説を実装し,視覚的注意の神経生理学の古典的知見であるMoran & Desimone(1985)の結果をシミュレートした。第2標的への遅延マスキングがない場合にも注意の瞬きが見られる場合があることを実験的に見いだしたので、表象減衰による注意の瞬きモデル(Kawahara, in press)を提案し、第2標的の視覚表象は時間経過とともに減衰することによって、注意の瞬きが起こる過程の説明をした。
著者
宇野 究人 浅野 倫子 横澤 一彦
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.89, no.6, pp.571-579, 2019 (Released:2019-02-25)
参考文献数
31
被引用文献数
1

Grapheme-color synesthesia is a condition in which visual letters or characters induce a specific color sensation. It has been suggested that a range of linguistic properties influence synesthetic grapheme-color correspondence, but the influence of graphemic (orthographic) information is not well understood. In this experiment, synesthetes chose up to two synesthetic colors for each Japanese Kanji character. The results showed that characters that could be divided into right and left subcomponents (radicals) were associated with a higher number of synesthetic colors than characters that could not be divided. This tendency was stronger for projectors, who perceive colors visually in external space, than for associators, who perceive colors in their ‘minds eye’. The results of this study suggest that the graphemic information of Kanji characters affects the number of synesthetic colors, especially for projectors.
著者
金谷 翔子 横澤 一彦
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.69-74, 2015

自分の身体やその一部が自分のものであるという感覚のことを,身体所有感覚と呼ぶ.この感覚がどのようにして生じるのかを調べることは非常に困難と考えられていたが,近年,ラバーハンド錯覚と呼ばれる現象の発見により,手の所有感覚の生起機序について多くの知見が得られた.この錯覚は,視覚的に隠された自分の手と,目の前に置かれたゴム製の手が同時に繰り返し触られることにより,次第にゴム製の手が自分の手であるかのような感覚が生じるというものであり,視覚情報と触覚情報の一貫性によって手の所有感覚が変容することを示唆している.本稿では,このようなラバーハンド錯覚に関する研究の最近の進展を紹介する.一つは手の所有感覚の生起条件について,もう一つは錯覚による身体所有感覚の変容が手の感覚情報処理に及ぼす影響について,検討したものである.最後に,ラバーハンド錯覚を通じて,手の身体所有感覚がある種の統合的認知に基づいて形成されることの意味について議論を行う.
著者
永井 淳一 横澤 一彦 浅野 倫子
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.26, no.4, pp.426-439, 2019-12-01 (Released:2020-03-01)
参考文献数
39

We examined how Japanese non-synesthetes associate colors to kana characters (Japanese syllabic graphemes). Kana consists of two distinct and corresponding subsets, hiragana and katakana, which represent the same set of syllables but differ in their shapes and usage, etc. For each of 92 kana characters, participants chose the most suitable color from 11 basic color terms. The same test was repeated with a two-week interval. Results showed comparable biases and regularities in their kana-color associations, though, which were not as temporally consistent as those of grapheme-color synesthetes. As suggested for grapheme-color synesthetes in past studies, linguistic and cognitive properties of the characters and colors regulated their associations: earlier characters in the syllabary order tended to be associated with earlier colors in the Berlin and Kay’s typology order, color word frequency order, and/or the subjective color ranking order. Besides, color choices for hiragana characters and those for their katakana counterparts were remarkably consistent, showing that characters sharing the same sound tended to be associated with the same colors. This tendency is comparable with that reported for Japanese synesthetes. It is suggested that grapheme-color associations of both non-synesthetes and synesthetes depend on common linguistic and cognitive processes during language and knowledge acquisition.
著者
横澤 一彦
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.22, no.4, pp.489-490, 2015-12-01 (Released:2016-06-01)
著者
永井 淳一 横澤 一彦
出版者
日本認知心理学会
雑誌
認知心理学研究 (ISSN:13487264)
巻号頁・発行日
vol.3, no.2, pp.181-192, 2006-03-31 (Released:2010-10-13)
参考文献数
17
被引用文献数
1

物体認知における色の役割を巡ってはこれまで議論が続けられてきた.Tanaka & Presnell (1999)は,物体と特定の色との結び付きの度合い—色識別性が重要な要因であると主張した.すなわち,色識別性が高い物体(例:バナナ)の認知においては色が大きな役割を持つのに対して,色識別性が低い物体(例:テーブル)の認知では色は役割を持たないという主張である.しかし,過去の研究結果からは,自然物(例:果物・動物)の認知においては人工物(例:道具・家具)の場合に比べて色の有益性が高いことも示唆されている.本研究では,色の影響と,色識別性,カテゴリーの関係について検討を行った.物体分別課題を用いた4つの実験の結果,物体のカテゴリーに関係なく,色識別性の高い物体の認知においては色が大きな役割を持つこと,しかし同時に,色識別性の効果は実験文脈に依存することが示唆された.
著者
浅野 倫子 横澤 一彦
出版者
日本基礎心理学会
雑誌
基礎心理学研究 (ISSN:02877651)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.29-37, 2007-09-30 (Released:2016-12-01)

To explore effective proofreading methods this study focused on the characteristics of professional proofreaders and control participants who were not proofreading professionals. In an anomalous word detection task the performance of the proofreaders was better than control participants (Experiment 1). However, this better ability of proofreaders to detect anomalous words may not be due to lexical knowledge because the estimated vocabulary of the two groups was approximately the same. In the Stroop color-word task only the control participants demonstrated Stroop interference (Experiment 2). The change detection performance of the proofreaders was better than control participants in a change blindness task (Experiment 3). This better change detection ability, and the lack of interference in the Stroop test, suggests that proofreaders inhibit interference from destructive information and can conduct an exhaustive search for anomalous words. These characteristics of a high-level vision are regarded as keys for effective proofreading.
著者
中島 亮一 横澤 一彦
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.89.17344, (Released:2018-09-20)
参考文献数
24

To investigate the effect of continuous focused attention on change detection, Nakashima & Yokosawa (2018) conducted a single object change detection task, manipulating blank durations and locations of study and test images (same/different). They suggested that attention can focus on a local area during a brief blank period, and that continuous focused attention facilitates only the detection of occurring change. We examined this suggestion further. To examine the possibility that observers strategically move attention during a long blank period rather than attention being spontaneously disengaged from a focused area, the image location condition was blocked. Additionally, the numbers of change trials and no-change trials were equated, in contrast to the larger number of change trials in the previous research. Even with these changes in method, our experiment showed that the change detection performance in the same location condition was better in the short blank than the long blank condition only in change trials. Thus, we suggested that attention certainly focuses on an area only briefly and facilitates change detection.
著者
横澤 一彦
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2005

本プロジェクトの目的は、高次視覚と行為への理解であり、多くの認知心理学的実験が行われた。第1に、同時に提示される2つの日常物体の奥行き回転による方位差を弁別させる実験課題における反応時間と誤答率を測定した(Niimi & Yokosawa, 2008)。その結果、視覚系は正面、側面、後面に特異的であり、高速で正確であったが、斜め方向では時間がかかり不正確であった。このような特性は水平線や対称性などの方位特異的な特徴に基づくことが分かった。日常物体の方位の視覚判断の効率性は方位依存的であり、前後軸を基に知覚されている可能性が考えられる。第2に、刺激と反応が対応しているときに効率的であるという刺激反応適合性がまったく無関係な次元間でも生ずるかを調べた(Nishimura & Yokosawa 2006)。その結果、直交型サイモン効果と呼ぶ上右/下左が優位となる結果が得られた。この直交型サイモン効果は、左反応が正極になると減弱するか、逆転した。この結果は、刺激の正負の符号化によって、反応の正負の符号化が自動的に生起することを示している。第3に、時間的に系列的に提示された文字列中の標的において、報告される標的の正答率の違いを調べた(Ariga & Yokosawa, 2008)。その結果、提示系列の後半に比べ、前半に標的が提示されるとき、その正答率が低下することが分かった。この新しい現象を「注意の目覚め」と命名した。
著者
横澤 一彦
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.2_64-2_82, 1994 (Released:2008-10-03)
参考文献数
33

Visual search tasks to discover target in distractors are used for performance test of early vision. Fast and spatially parallel detection is taken as evidence that features in question are coded early in the visual process. Targets that are defined by conjunctions of features are usually found through a serial process of checking and rejecting distractors. The search time increases linearly with the number of distractors, suggesting that attention must be focused to each item in turn in order to conjoin features. Based on these recent studies of visual search, a model of visual attention is proposed. It is assumed that a visual image is encoded in a multi-resolution pyramid and attention function selects a sampling area from the pyramid. The function, guided by top-down and bottom-up mechanisms, give priority to sampling. New sampling is reconstructed by combining with previous samplings so that the reconstruction is as visually recognizable as possible at any moment. A computer simulation of the model produces the same general characteristics as human.