著者
伊藤 寿茂 北野 忠 唐真 盛人 藤本 治彦 崎原 健 河野 裕美
出版者
日本貝類学会
雑誌
Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) (ISSN:13482955)
巻号頁・発行日
vol.72, no.1, pp.77-87, 2014

2006年に国内で初めて記録された石垣島のドブガイモドキについて,幼生の採集を試み,幼生が寄生している魚種を調査するとともに,実験飼育下で宿主として機能する魚種を確認した。島内の生息地においてプランクトンネットをひき,幼生の採集を試みるとともに,採集した成貝を継続飼育し,放出した幼生を採集した。幼生の殻の形状は亜三角形で腹縁に鉤を持つAnodonta型であり,殻長,殻高,殻幅の平均はそれぞれ221.5 μm,228.0 μm,108.3 μmであった。次に,現場で採集した幼生の寄生を受けていると想定される6魚種(ギンブナ,グッピー,タイワンドジョウ,ティラピア類,オカメハゼ,タウナギ)と,飼育下で放出された幼生を人為的に寄生させた12魚種(コイ,キンギョ,タイリクバラタナゴ,ドジョウ,ヒレナマズ,メダカ,グッピー,タイワンキンギョ,オカメハゼ,タナゴモドキ,ゴクラクハゼ,ヨシノボリ類)を実験水槽内で継続飼育して,魚体から離脱してきた幼生を観察,計数した。その結果,ヒレナマズ,メダカ,グッピー,タイワンキンギョ,オカメハゼ,タナゴモドキ,ゴクラクハゼ,ヨシノボリ類の8魚種より,変態を完了させた稚貝が出現した。寄生期間中に幼生サイズの増大や外形の著しい変化は見られなかった。全離脱数に占める稚貝の出現率は魚種によって差があり,タイワンキンギョ,グッピー,ヨシノボリ類において,特に出現率が高かった。次に,同生息地において採集した6魚種(ギンブナ,カダヤシ,グッピー,ティラピア類,オカメハゼ,タナゴモドキ)を10%ホルマリン水溶液で固定して,魚体に寄生した幼生の状態を観察,計数したところ,グッピーとティラピア類の体に寄生が見られた。寄生は鰓や各鰭のほか,鰓蓋の内側,鰓耙にも見られた。幼生の相対寄生密度および被嚢率はグッピーの方が高かった。石垣島を含むドブガイモドキの生息地においては,その幼生の宿主として,在来種,外来種を含む複数の魚種が宿主として機能している可能性がある。特に,石垣島では,生息する魚の大部分を外来種が占めており,中でもグッピーが主な宿主として機能していることが判明した。このことから,石垣島内における宿主魚類の移入による分布拡大が,ドブガイモドキの分散に寄与した可能性がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 9 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/GzyxpL6lfO
こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/GzyxpL6lfO
こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/GzyxpL6lfO
こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/GzyxpL6lfO
こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/GzyxpL6lfO
こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/qR2arsnGIQ
こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/qR2arsnGIQ
こんな論文どうですか? ドブガイモドキのグロキディウム幼生の寄生生態(伊藤 寿茂ほか),2014 https://t.co/qR2arsnGIQ

収集済み URL リスト