著者
賀 玉辰
出版者
日中社会学会
雑誌
21世紀東アジア社会学 (ISSN:18830862)
巻号頁・発行日
vol.2018, no.9, pp.257-268, 2018

<p> 日本と中国のアクティブ・エイジング比較研究に向けた準備・試論として、その分析枠組みのひとつを、主に民俗学者の宮本常一が描いた「年寄り」から抽出することを試みたい。ここでは特に、〈媒介者としての老人〉に着目することで、民俗学的観察からの具体的な描写を社会関係に転換し、媒介者としての役割や機能を形式化することで、比較の基準を明らかにしたい。そして、既存のアクティブ・エイジング論に存在論からのひとつの視点を加えることで、高齢者エイジングにかかわる問題の発見やその説明、解決方法の可能性をさらに押し広げるための一助としたい。<br><br> 为进行中日老人活动理论比较研究,本文试从日本民俗学者宫本常一描述的"老人"中归纳并创建老人活动的相关理论,即"老人的媒介功能"。本文通过把民俗学领域的具体描述和观察转化成具体的社会关系,并对媒介者的劳动分工及效能进行格式化,明确了比较研究标准,即"老人的媒介功能"。另外,通过在老人学研究领域里提出存在论观点,希望能为进一步拓展老人学研究的发现问题、分析问题、解决问题之视域而推波助澜。</p>

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

『忘れられた日本人』宮本常一を老年社会を考えるという視点から読んだ論文を見つけた。趣味に没頭する高齢者は社会につながっているようで切り離されているので、高齢者を社会はいかに包摂していくかという課題から読み解いている。 https://t.co/jGwyjmo0QU

収集済み URL リスト