Theopotamos (Kamikawa) (@Theopotamos)

投稿一覧(最新100件)

有賀喜左衛門と白樺の関係性に関する論文をみつけた。音楽評論なんかを投稿していたようです。 https://t.co/60Uq4ieVHq
22:30ごろから下記の論文を読みます。よろしければお付き合い下さい。 「共感論からダーウィンを読む」仲島 陽一 https://t.co/q8DosL6PMf
本日22:30ごろより下記の論文を放送上で読みますのでよろしければご視聴ください。 「柳田國男とグリム」佐谷眞木人 https://t.co/471Hc6tXQb

5 0 0 0 OA 續共古日録

山中共古の日記(?)は国会図書館のデジタルアーカイブで読めるらしい。 https://t.co/blkfb0OAfh
本日22:30~下記の論文を読みます。よろしければご覧ください。 戦時期農村文化運動の実態に関する研究 : 社団法人農山漁村文化協会の文化施設実験村の取り組み 大蔵真由美 https://t.co/X2fssOV2ZU
少し古いけど柳田国男の図書年譜を見つけた。しかもウェブで読めるのはこの状況の中非常に助かる。 https://t.co/xnsIh5yrDa
RT @Theopotamos: 放送をご視聴いただいた方々ありがとうございました。明日は22:30ごろから下記論文を読みますので、よろしければご視聴ください。 英語版『東洋経済新報』の創刊と石橋湛山の役割 鈴村裕輔さん https://t.co/PLbqC477le
放送をご視聴いただいた方々ありがとうございました。明日は22:30ごろから下記論文を読みますので、よろしければご視聴ください。 英語版『東洋経済新報』の創刊と石橋湛山の役割 鈴村裕輔さん https://t.co/PLbqC477le
今日読む論文はこちらです。22:45ごろからはじめます。 https://t.co/eh1LhEqlXR

6 0 0 0 OA 科学概論

RT @Dialektik1961: メモ 田辺元の『科学概論』(1918年)は科学哲学の教科書としての役割はもう果たせないだろうが、新カント派の科学哲学を日本語で解説した文献としての役割はまだ果たせるのではないか。 https://t.co/xzGcjV0S8O
この論文少し古いけどすごくおもしろかった。1930年代の宮本常一の教員時代の郷土教育実践、それを志したきっかけ、発展がテキストに基づいて論じられている。宮本のあまり知られていない一面に光をあてた文章。 https://t.co/7VqD0JzUlz
RT @mayu_to12: CiNii 論文 -  金関丈夫の民俗研究 https://t.co/oMF5P2v1Rm #CiNii

1 0 0 0 明治大正史

美土路昌一(みどろますいち)は柳田国男も書いた朝日新聞の企画した『明治大正史』の「第1巻 言論篇」の著者でもあるんですね。この巻は残念ながら国会図書館のデジタルアーカイブに公開されていないようです。。。 https://t.co/qiv9JuPQSk
佐藤健二さんの民俗学史に関する論文を見つけた。これを無料で読めるのはすごい。。。 https://t.co/qnkkCfpwNV
読む論文は『自警団・遊び : 竹久夢二の新聞連載小説』前田潤。関東大震災前後の変化を竹下夢二の新聞小説から考えます。現在様々な文化活動が中断されていますが、この断絶と復興を考えるきっかけになればと思います。 https://t.co/Rxl8zTGWga
南方熊楠と親交があったジャーナリスト・仏教者の毛利柴庵(さいあん)の年譜を見つけた。幻灯を布教活動に使いはじめたのはおもしろい。 https://t.co/xcWjsOiOWP
放送をご視聴いただいた方々ありがとうございました。明日は22:00~久しぶりに論文を読みますのでよろしくお願いいたします。テーマは下記です 「柳田国男のエスペラント実験」橘弘文 録画→https://t.co/r9LeFg0usN https://t.co/PFKXo98kRH
最近考えている「期待の次元・回顧の次元」についてこの論文に書いてあるのを思い出して再読。良い/悪い記憶の編集の基準、原体験の考察が非常に参考になった。 CiNii 論文 -  作文はなぜ知的独立性の問題になるのか : 鶴見俊輔,生活綴方,想像力 https://t.co/n0cLcU5uMl #CiNii
この論文から岩崎卓爾が地元の研究だけでなく、地元の人々の生活改善に熱心だったことが分かった。 CiNii 論文 -  近代八重山の児童文化活動に関する研究 : 岩崎卓爾の実践を中心として https://t.co/mMkeNDaB6o #CiNii
@ysawat 生活綴り方運動と鶴見さんは私も関心があります。すでにご存知でしたら恐縮ですが谷川嘉浩さんがこの論文で生活綴り方運動に関して論じておられます。 https://t.co/n0cLcTNTnL
豊島与志雄を調べたい人は使うと良さげ。 CiNii 論文 -  豊島与志雄著作目録 https://t.co/q70ZKLVX6H #CiNii
コロナウイルスではないが幕末には コレラが流行して大きな混乱があった。この論文によるとコレラに対する人々の恐怖が様々な形で表れ、その恐怖を緩和するために様々な宗教的な取り組みが行われた。 https://t.co/Ga9DGdMs3X
本日22:00~生放送します。新年一回目の無料論文を読む会になります。お時間がありましたらご視聴ください。 『鶴見俊輔における大衆文化論の視角としての「思想」』寺川征也さん 論文→https://t.co/cL2BV4t97g 放送入口→https://t.co/BSjTsYz9F1
矢内原忠雄の評伝はネット上で読めるようだが1章だけないようだ。。。 CiNii 論文 -  評伝 矢内原忠雄(2) https://t.co/ezfzlyX0uP #CiNii
矢内原忠雄に興味がある方々(私以外いるのか?)に朗報。矢内原忠雄論が連載されている雑誌がありしかも全部ネットで無料で読めるみたいです。 https://t.co/O8MVbH8fbT
この論文おもしろそうですね。無料で読めないようですが。。。 CiNii 論文 -  学生時代の渋沢敬三にみられる生物学的見方への丘浅次郎の影響 https://t.co/zzjjTSm8Y3 #CiNii
『忘れられた日本人』宮本常一を老年社会を考えるという視点から読んだ論文を見つけた。趣味に没頭する高齢者は社会につながっているようで切り離されているので、高齢者を社会はいかに包摂していくかという課題から読み解いている。 https://t.co/jGwyjmo0QU
本日21:00~年末スペシャルとして放送します。下記時間割です。お時間がありましたらご視聴ください。 第1部 21:00~22:00 論文を読むーデジタルアーカイブ 第2部 22:00~23:00 今年読んだ論文 第3部 23:00~24:00 今年読んだ本 会場→https://t.co/BSjTsYz9F1 論文→https://t.co/nvxhDb3cAg
宮本常一の実践した地方振興方法の再検討を提起した論文を見つけた。論文中にあげられている事例の数が少ないという問題点はあるが、問題提起の内容はなるほどと思った。 https://t.co/LzYnjs3eYv
宮本常一を柳田国男の民俗学の政治的、社会政策的を引き継いだとして評価している論文を見つけた。歴史的な背景を念頭においた両者の分析は現在でも学ぶべき点が多いとのこと。 https://t.co/PuYpRsrchL
RT @mircea_morning: CiNii 論文 -  チャールズ・ライト・ミルズによるミード思想の解釈 : 動機論からの他者論へ向けて https://t.co/mxdfTLFLbI #CiNii
本日22:00~論文を読む会を放送いたします。元号発表時に掲げられた「令和」の文体を考察した論文!お時間がありましたらご視聴ください。 「提示された「令和」をめぐる字体考-文字学習という視点から-」小竹光夫さん 放送会場→https://t.co/BSjTsYz9F1 https://t.co/EhYErJc4yp
本日22:00~放送します。下記の無料論文を読みます。当放送で何回かやっている海から見た日本史の実践例です。 『北海道の地域教材に一般性をさぐる : 教授プラン「昆布にみる日本の歴史」の構想』梅津徹郎 放送→https://t.co/BSjTsYz9F1 https://t.co/CmAejvpZdV
『鶴見俊輔のディスコミュニケーション論の検討』寺田征也さんを読了。鶴見俊輔のコミュニケーション論を詳細に分析。コミュニケーション論においては結構前から鶴見が注目されているということが分かったのでやはり論文は注釈や引用まで読むべし。 https://t.co/IF1U4RCKik
ヨーロッパの古代末期研究の動向はこの論文も参考になった。 https://t.co/RxL0CWs5px
おもしろい論文を見つけた。ローマ帝国衰退で語られる古代末期の評価はピーター・ブラウンによって見直され、ゲルマン人はローマ帝国の遺産を活用して変容させたという見方も出てきた。近年ではローマ帝国衰退論の再評価もされているが変容というのが適切ではという指摘。 https://t.co/rmu1nYRC9o
この論文おもしろそうだがネットから読めない。。。 『柳田國男の民謡論--〈声〉からの近代批判の可能性と困難』武田俊輔 https://t.co/uuVzkVFONw
鶴見俊輔のソローに対する評価は「方法としてアナキズム」という文章に載ってたと記憶している。下記の谷川嘉浩さんの論文が鶴見俊輔のソロー評価を引用している。 https://t.co/n0cLcTNTnL
昨日の放送で取り上げた木村哲也さんの講演録の参加記も無料で読めるようです。質疑応答(講演記録では未収録)が気になりますね。特に「大学の制度の内外にとらわれず研究を続けていくための方法論」は在野研究のことなのかなと思いました。 https://t.co/8vQ8P7ysaL
柳田国男と和辻哲郎の一例は交流はこの論文で見つけた。これ以外にも民俗学者・倉田一郎の生涯、柳田国男の民俗学ということばの使いはじめ、民俗学の世間の評価に関する考察など興味深い内容が多い。 https://t.co/rOo6TUq0A6
11/14(木)22:00~下記論文を読み普段引きこもって本を読んでいる人間がフィールドワークに関して考えます。お時間があればご視聴ください。 『体験的フィールドワーク論 : 民俗学者・宮本常一の足跡をたどることから 』北村毅さん、木村哲也さん https://t.co/BSjTsYz9F1 https://t.co/IjIa2IGwi6
放送でとりあげた網野善彦が生前あまり語らなかった1950年代の活動を考察した論文。『歴史としての戦後史学―ある歴史家の証言』の空白を埋める研究だと思う。 https://t.co/yo6Cj627UW
今週の放送予定です。お時間がありましたらご視聴ください。 11/12(火)22:00~宮本常一補足―和辻哲郎と宮本常一の「道」― 11/14(木)22:00~下記論文を読みます。 『体験的フィールドワーク論 : 民俗学者・宮本常一の足跡をたどることから 』北村毅さん、木村哲也さん https://t.co/IjIa2IGwi6
私の中で小島勝治は早逝した在野の統計学の研究者というイメージだったが、民俗学、郷土史の研究もしていたということを教えていただいた。小島勝治については下記論文が勉強になった。 https://t.co/mNZi2qndkc
<ツイキャス告知> 本日22:00~下記の論文を読みます。めずらしく社会学系統の論文を読みます。このタイプの論文を練習になる予定ですのでいっしょに勉強していきましょう。 『デモ参加とSNS 利用・団体加入の関連ーネットワークのなかのメデイアと運動ー』大畑裕嗣 https://t.co/MdY2oBvkfE
昨日の吉本隆明の放送の補足 ①「大衆の原像」の良い例は『この世界の片隅に』のすずさん ②吉本は「沈黙する大衆」を評価したが吉本だけでなく同時代の宮本常一も近いことを別の文脈から主張 ③鶴見俊輔と吉本隆明の大衆観の違いは粟谷佳司さんの下記論文が分かりやすい https://t.co/8NZbgYfYAw
<ツイキャス告知> 本日22:00~放送いたします。お時間があればご視聴ください。久しぶりに民俗学系の話題です。 テーマ:論文を読む㉗―境界上のニワトリ― https://t.co/2h82GA71Fg
今回読むのはこちらの論文です。お時間があればご視聴ください! 『井上円了の哲学と妖怪学の目的 : 在野の哲学者の真のねらい』三浦宏文 https://t.co/36V33rhpjP
論文『体験的フィールドワーク論 : 民俗学者・宮本常一の足跡をたどることから』木村哲也を読了。フィールドワーク、実際の聞き書きの重要性が著者の経験に基づいて分かりやすく書かれていたのが良かった。著者の方が取り組んだ宮本常一の空白を埋める研究もおもしろそう。 https://t.co/IjIa2IGwi6
『作文はなぜ知的独立性の問題になるのか : 鶴見俊輔,生活綴方,想像力』谷川嘉浩を読了。鶴見の生活綴り方、文章論は想像力で理想を設定し、現実との差を炙り出すためのものという指摘がおもしろい。鶴見の思想の変遷を分析した論文はあまり見たことないので新鮮だった。 https://t.co/n0cLcTNTnL
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 9/20(金)22:00~無料論文を読む会を行います。取り上げる論文は下記です。たまには文学も読みましょうよという私への課題。 『横光利一「街の底」のモダニズム : 私小説・プロレタリア文学・二十世紀小説』高橋幸平 h…
<ツイキャス告知> 9/20(金)22:00~無料論文を読む会を行います。取り上げる論文は下記です。たまには文学も読みましょうよという私への課題。 『横光利一「街の底」のモダニズム : 私小説・プロレタリア文学・二十世紀小説』高橋幸平 https://t.co/iIBcXbjn53
とある予習のために読む。 https://t.co/stP3PQymy4
橋本義夫に関するよさげな論文を発見。後で読んでみよう。 https://t.co/LzpO93PRPU
『田澤義鋪の宿泊講習実践における青年教育思想 : 地域におけるかかわり創出検討の手がかりとして』三瓶千香子を読了。田澤の共同体構築の議論を補助線として現代の共同体構築の可能性を考察する。田澤義鋪の思想が分かりやすくまとまっているので勉強になった。 https://t.co/YBHQ1EhZZb
近代になってから氷河論争という論争が起こったらしいが意外とおもしろそう。 https://t.co/DJRGaOxy27
吉野作造のこの論文がおもしろかった。吉野作造を通して大正デモクラシーを再考させられる。 https://t.co/yR7VezR9z2
ツイキャスをご視聴頂いた方々ありがとうございました。野球の話を久しぶりにしたような気がする。。。ちなみに明日は22:00~下記論文を読みますのでお時間があればご視聴ください! 河内重雄『太宰治のディコンストラクション―「葉桜と魔笛」における二つの文脈―』 https://t.co/AGuhXGaoss
今回の論文も無料で読めるよ。なぜCiniiにないのかは不明。 https://t.co/gW4OpwAcSd
<ツイキャス告知> 下記の日程でツイキャスをやります。 お時間があればぜひご視聴下さい。 ①7/18(木)22:00~ 近代の民衆思想と信州 ②7/19(金)22:00~ 論文を読む㉑ 『民俗学における「漁業民俗」の研究動向とその課題』中野秦 https://t.co/pzCOpvd0uX
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 下記の日程でツイキャスをやりますのでお時間がある方はぜひご視聴下さい! 6/30(日) 22:00~ 鶴見俊輔の家族論 7/1(月) 22:30~ 論文を読む⑳ー柳宗悦ー 後藤 智絵 民芸論の意義に関する一考察 :…
ツイキャスをご視聴頂いた方々ありがとうございました。ご視聴された方々『君の名は』は視なくて大丈夫だったのかという心配があります。。。明日は22:30~ 下記の論文を読みますのでお時間がればぜひお越しください。 https://t.co/NwCq7swugD
<ツイキャス告知> 下記の日程でツイキャスをやりますのでお時間がある方はぜひご視聴下さい! 6/30(日) 22:00~ 鶴見俊輔の家族論 7/1(月) 22:30~ 論文を読む⑳ー柳宗悦ー 後藤 智絵 民芸論の意義に関する一考察 : 1930年の柳宗悦による帝展批判記事を中心に https://t.co/NwCq7swugD
ツイキャスをご覧頂いた方々夜分遅くまでありがとうございました。花森安治の思想に関して詳しく知りたい方は下記の論文を読まれると参考になると思います。 https://t.co/g9IrqpxuVf
ツイキャスをご視聴頂いた方々夜分遅くまでありがとうございました。今回の論文は論点が非常に多かったですね。ご興味がある方は無料で読めるのでぜひ読んでみて下さい! 橋迫瑞穂さん『「子宮系」とそのゆくえ : 現代日本社会における女性のスピリチュアリティ』 https://t.co/ourp6AShop
<ツイキャス告知> 6/11(火)22:00~ 論文を読む⑲ 下記の論文を読みます。(告知忘れてました。。。) 橋迫瑞穂『「子宮系」とそのゆくえ : 現代日本社会における女性のスピリチュアリティ』 https://t.co/ourp6B9SfX
大宅壮一『モダン層とモダン相』ざっと眺めてみたが、当時の都市文化の雰囲気や論壇、文芸界隈の動向が分かってマジでおもしろそうだな。少しずつ真面目に読んでみようかな。ちなみにデジタル化されているので無料で読めるよ。 https://t.co/hSSOQputTb
<ツイキャス告知> 5/23(木)22:00より下記論文を読みます。正直いつも以上に扱える自信がまったくないですが、お時間がある方々はご視聴頂けると幸いです。 森下徹『近世瀬戸内地域の新田開発にみる出稼ぎ労働 (人の移動とその動態に関する民俗学的研究)』 https://t.co/BjZEsryrKG
網野善彦の生前具体的に語られなかった1950年代の共産主義運動の挫折、反省、転向の詳細が書かれている論文を見つけた。山岳工作隊を組織して参加者を危険な目に合わせたことへの反省が大きく関わっている。 https://t.co/yo6Cj627UW
@tapioca077 ありがとうございます。この特集号途中までしか読んでなかったです。網野さんと共産主義運動との関係に関してですが、下記のような論文を見つけました。参考になるかもしれません。 https://t.co/yo6Cj627UW
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 5/12(日)21:30~で下記論文を読みます。よろしければご視聴下さい! たまには世界史に関しても考えていきましょう。 戸田善治、澤田典子『地中海世界における「古代」と「中世」― 西洋史学と世界史教育のあいだ ―』…
<ツイキャス告知> 5/12(日)21:30~で下記論文を読みます。よろしければご視聴下さい! たまには世界史に関しても考えていきましょう。 戸田善治、澤田典子『地中海世界における「古代」と「中世」― 西洋史学と世界史教育のあいだ ―』 https://t.co/RxL0CWs5px
@tapioca077 この論文無料で読めるのできっかけとしてはいいですよ。 辻浩和さん 第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』 https://t.co/zzlnvuJxIZ
この論文題名がおもしろい。鉄道オタクみたい。 『福沢諭吉の鉄道論』 https://t.co/bdI1d9YVFH
@KaN_BookWalker この論文は福沢さんの国権主義的な側面が感じられる論文です。 https://t.co/3Qs92G8MQb
RT @Theopotamos: 下記論文ですが、福沢諭吉の日清戦争に対する今みると過激な文章が多数引用されています。福沢さんもこんな過激な文章も書いてたのかという驚き。ちなみに無料で読めます。 https://t.co/3Qs92G8MQb
<ツイキャス告知> 4/24(水)21:30~下記の論文を読みます。 お時間がある方はぜひご視聴下さい! 『女子英学塾における教育実践の成果に関する一考察--津田梅子のねらいと初期卒業生の進路』 https://t.co/mUYYZEMQzK
少し古いですが後藤新平関連の論文でおもしろそうなものを見つけました。 https://t.co/WY8UIzvq51
<ツイキャス告知> お時間がある方はぜひどうぞ! ①4/9(火)23:00~ 柳田国男の受容をめぐってー思想史と私的評価ー ②4/11(木)22:00~ 論文を読む 『境界地域史研究から考える引揚げ文学論の意義』中山大将 https://t.co/Z1cP1XKJuS
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 3/29(金)23:00~以下の論文を読みます。 『明治期弘前における地域リーダーとしての士族の活躍 : 自由民権運動をめぐる状況を中心に』 お時間があればご視聴下さい! https://t.co/AEkJhFFPNa
<ツイキャス告知> 3/29(金)23:00~以下の論文を読みます。 『明治期弘前における地域リーダーとしての士族の活躍 : 自由民権運動をめぐる状況を中心に』 お時間があればご視聴下さい! https://t.co/AEkJhFFPNa
下記論文ですが、福沢諭吉の日清戦争に対する今みると過激な文章が多数引用されています。福沢さんもこんな過激な文章も書いてたのかという驚き。ちなみに無料で読めます。 https://t.co/3Qs92G8MQb
北村透谷の平和思想の微妙なバランスがよくわかる論文を見つけた。木下尚江の方が徹底していたようだ。 https://t.co/3Qs92G8MQb
論文 https://t.co/uVMIdN4QeX / 近世のうどん屋 https://t.co/kl30nUAdQN
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 3/8(金)21:30より下記の論文を読みます。お時間があればぜひお越しください。 九内 悠水子『三島由紀夫『絹と明察』論 : 駒沢とコミュニティの関わりについて』 https://t.co/uVMIdN4QeX
<ツイキャス告知> 3/8(金)21:30より下記の論文を読みます。お時間があればぜひお越しください。 九内 悠水子『三島由紀夫『絹と明察』論 : 駒沢とコミュニティの関わりについて』 https://t.co/uVMIdN4QeX
<ツイキャス告知> 久しぶりに2/25(火) 21:30~ 下記論文を読みます。よろしければご視聴ください。うどんがあまり好きではない方もどうぞ(笑) 近世初期の風俗画に見える「うどん屋」について https://t.co/0OUlKBDmnw
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 忙しくなる前にやりだめます。 ①2/7(木)22:00~ 黒川創さん『鶴見俊輔伝』について ②2/8(金)22:00~ 『「聖貧」への憧れ : 宮崎安右衛門と「自発的な貧しさ」をめぐる思想』伊藤すみれ を読む ③2…
<ツイキャス告知> 忙しくなる前にやりだめます。 ①2/7(木)22:00~ 黒川創さん『鶴見俊輔伝』について ②2/8(金)22:00~ 『「聖貧」への憧れ : 宮崎安右衛門と「自発的な貧しさ」をめぐる思想』伊藤すみれ を読む ③2/10(日)22:00~ 吉本隆明「大衆の原像」 https://t.co/xLTC4PTlo8
RT @arishima_takeo: 野澤秀樹「エリゼ・ルクリュの地理学とアナーキズムの思想」、『空間・社会・地理思想』、大阪市立大学大学院文学研究科地理学専修、2006。これはウェブで読めるよ。https://t.co/wGOY0UrVuv
加藤弘之の箇所がおもしろかった。(論文の本題とは関係ない) https://t.co/XxCjvmK0R1
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 1/25(金) 21:30~ 下記論文を読みます。お時間のある方はぜひご視聴ください! 山内友三郎「東西思想を統合する人類哲学の構造」 https://t.co/XxCjvmK0R1
<ツイキャス告知> 1/25(金) 21:30~ 下記論文を読みます。お時間のある方はぜひご視聴ください! 山内友三郎「東西思想を統合する人類哲学の構造」 https://t.co/XxCjvmK0R1
<ツイキャス告知> 以下の日程でツイキャスをやります。よろしくお願いいたします。 1/10(木) 21:00~ 今さらブックオフで購入した本について 1/10(金) 21:30~ 論文を読むー狩猟民俗と猪ー ※猪の項のみ読みます。 https://t.co/DJhfVCZqqu
論文「近代わが国の同化主義と沖縄の民族思想 : 「沖縄学」に関する社会史的考察」上間創一郎を読了。沖縄学に潜む本土への同化主義的傾向をえぐり出し、批判的に検討した論文。伊波普猷の話も勉強になった。 https://t.co/V2wUZnWKAG

お気に入り一覧(最新100件)

@Theopotamos もしご興味があれば、こちらを御覧いただければと思います。https://t.co/DWHTLSK5ER

10 6 0 0 OA 古本年鑑

国会デジコレ『古本年鑑』第1年版(古典社、昭和8)https://t.co/516lOnLyFC 書誌タイトルには採録されてないけど、表紙には 「おゝ役に立つ 古本年鑑」であり、発行元には 「読書家の 古典社」と心の声が添えられている。 https://t.co/GewcRV4JP5
CiNii 論文 -  津村喬と『月刊焼酎通信』 : 1980年代におけるミニコミの想像力 https://t.co/BdBqB2lt5j #CiNii
日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」 https://t.co/9V5k6lkMi9
論文:福島可奈子「戦時期統制下の幻燈の復活」 https://t.co/KL83bjjkyA
メモ 酒井潔(2008)「西田幾多郎と三宅剛一 「歴史」ということをめぐって」 『西田哲学会年報』第5巻, 21-43頁 https://t.co/clCZ00lsUO
日本におけるスピノザ 150ページもある!読みたい。。。https://t.co/lZJZkthNU5
近角聰信先生を偲んで 脇山 徳雄 (日本物理学会誌第72巻第1号,2017) https://t.co/HLjwufpsTF https://t.co/iwDVdEKBGF

6 0 0 0 OA 科学概論

メモ 田辺元の『科学概論』(1918年)は科学哲学の教科書としての役割はもう果たせないだろうが、新カント派の科学哲学を日本語で解説した文献としての役割はまだ果たせるのではないか。 https://t.co/xzGcjV0S8O
CiNii 論文 -  金関丈夫の民俗研究 https://t.co/oMF5P2v1Rm #CiNii
堀雅彦(2018)「デュルケームのプラグマティズム理解」北大宗教学年報 1 / 1件のコメント https://t.co/QiVlv43Usa “CiNii 論文 -  デュルケームのプラグマティズム理解” https://t.co/uEx4OSPDwN #Durkheim #Bergson #社会学 #哲学
堀雅彦(2018)「デュルケームのプラグマティズム理解」北大宗教学年報 1 / 1件のコメント https://t.co/QiVlv43Usa “CiNii 論文 -  デュルケームのプラグマティズム理解” https://t.co/uEx4OSPDwN #Durkheim #Bergson #社会学 #哲学
三淵藤英の動画。こちらの制作では金子拓先生の論文に助けられました。 藤英の立ち位置について知りたいという方にはオススメです。 (動画は4/3に投稿します) https://t.co/EmdVp1614y https://t.co/YqEB2oxkNN
CiNii 論文 -  武者小路実篤と昭和九年 : 『維摩経』が書かれた「仏教復興」期をめぐって https://t.co/LWMLAAI5nU #CiNii 複写カート行き
柳田は古い神事の供膳に粢が見られるのは、古代人が米を加熱せず粢にして食べていたからなのでは、と書いているが、生粢を献膳する神社は東北と九州に偏って分布しているらしい。 三陸沿岸の神楽をはじめ、青森にも秋田にも、確かに粢の食文化は濃いように思う。 https://t.co/GR5BtFWKty https://t.co/eEsA1HwkaX
大塚英志「 <特集 日本研究の道しるべ : 必読の一〇〇冊>ポピュラーカルチャー」『日本研究』第57集 https://t.co/6g8ihiZ5BR 考えてたことが書かれててとても勉強になった 在野研究、民俗学、サブカルあたりがキーワード 古本好きにもいいかも
長谷川栄子「岩倉使節団成立過程の再検討-『岩倉具視関係史料』所収の新出書簡を用いて-」(熊本学園大学論集『総合科学』19巻2号 2013年) https://t.co/Fp7Dw3y0TB 2013年に刊行された『岩倉具視関係史料』所収の岩倉使節団編成に関わる数点の新出書簡を分析し使節団成立過程の問題を検討した論稿。
読んだ。 CiNii 論文 -  ビザンツ皇帝レオン六世の対アルメニア人有力者政策 https://t.co/1wZLBOcD0r 辺境域の間接"的"統治関連の話は非常に好き。 帝国統治論読みたいなと、軽く調べると三年前だが邦訳準備中とある。期待である。 https://t.co/41taoieFkJ
読んだ。 CiNii 論文 -  ビザンツ皇帝レオン六世の対アルメニア人有力者政策 https://t.co/1wZLBOcD0r 辺境域の間接"的"統治関連の話は非常に好き。 帝国統治論読みたいなと、軽く調べると三年前だが邦訳準備中とある。期待である。 https://t.co/41taoieFkJ
桜田勝徳の調査ノートを対象とした科研費の研究成果が存在すると、フォロワーさんからご教示いただく。リンク先から成果報告書もDLできる。地道な基礎研究に敬意! フィールドノート・アーカイブズの基礎的研究 25370932 基盤研究(C) 研究代表者/中野泰(筑波大学 准教授) https://t.co/XF2OQFOrr9 https://t.co/RL2z2ULAE6
近角聰信先生を偲んで ※脇山先生による追悼案件,是非御一読願いたし https://t.co/HLjwufpsTF
CiNii 論文 -  戦後日本における米国の広報文化活動とジャズ--大阪CIE図書館/アメリカ文化センターの事例を中心に https://t.co/hhRw1Rskt4 #CiNii
『科学哲学』51-2号の電子版が公開されたので、拙稿「ケンブリッジ分析学派の興亡:「言語論的転回」はいつ起こったのか?」もDLできるようになりました。忘れられた分析哲学の歴史的起源を追求した論文です。https://t.co/HVWpTRvkmE
CiNii 論文 -  琉球列島における「女性の霊的優位」の文化史的位置 https://t.co/f2MN7rJqT3 #CiNii 「儒教や仏教の影響で女性を排除した本土神道が失ったものが、琉球に残っている」的な言説(比嘉康雄みたいな)は無理があり、首里王府が広めた比較的新しい祭祀形態なのでは、と……
三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
通勤読書。 森本正巳(1988)「柳田社会科の成立について1」 名古屋女子大学紀要 34 https://t.co/GefjbXfZQ8
高田 賢(1976)「柳田社会科教科書成立の背景」社会科教育研究 37, 1-10. / “柳田社会科教科書成立の背景” https://t.co/LF1JI58MFt #ルーマン解読 #社会科
面白そう。DL可。 CiNii 論文 -  政治理論における〈有効性〉 : 高畠通敏と戦後日本 https://t.co/vakoX25z5H #CiNii
筑波大のウェブにこんな論文があった!「婚姻神秘主義と本質神秘主義」。めっちゃそそられるんですが…w https://t.co/yX5FNai6ro
岡田俊裕「小田内通敏の地理学研究――在野的・非主流派地理学の形成」、『地理科学』、1995。これはウェブで読めるよ。https://t.co/Qn7yUQGgqo
ポスト漱石としての芥川については、以下の論文が勉強になりました。やや難解です。 CiNii 論文 -  「鼻」を《傍観》する : 夏目漱石『文学論』を視座にして https://t.co/ZK1z41PnS9 #CiNii
野澤秀樹「エリゼ・ルクリュの地理学とアナーキズムの思想」、『空間・社会・地理思想』、大阪市立大学大学院文学研究科地理学専修、2006。これはウェブで読めるよ。https://t.co/wGOY0UrVuv
筒井 大祐「石清水八幡宮本『八幡宮寺巡拝記』考」 仏教大学総合研究所紀要 (25), 1-13, 2018-03 https://t.co/Xblyr9ZI8o 燃えちゃった!と思われてた『八幡宮寺巡拝記』(13c成立?)の一本が、実は燃えてなかった!見つけた!という話。最善本らしいです。
今日ツイキャス中に「哲学と神学の関係について」という質問があったのですが、この論文が面白いと思います。。 話を簡単にしすぎている部分がありますが、ギリシア哲学からヘレニズム・ローマの哲学、そしてキリスト教へ。哲学から神学へという時代の流れが解説されてます。 https://t.co/451omPvStZ
昭和9年5月30日、東郷平八郎が死去。幕末の薩摩藩出身で、薩英戦争や戊辰戦争に参加。妻は海江田信義の娘。宮永孝「イギリスにおける東郷平八郎」(『社会志林』46-3・4、2000年)は、明治初期の英国留学で海軍技術のみならず、英国流の敬虔主義をも併せて学んだと推測。 https://t.co/WwRFvx1MBw
三谷 太一郎「「文明化」・「西洋化」・「近代化」をめぐって: 福沢諭吉と丸山眞男─日本近代の先導者と批判者─」 https://t.co/bgkkSJeVYZ

フォロー(1577ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

7258 7258 7258 7258 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
中田晃「平成期公立大学の設置政策に関する研究―政策の窓モデルによる分析―」 https://t.co/R9ThMNozGh
瀧川裕貴、2019「分析社会学と因果推論」『理論と方法』 https://t.co/TjsMKcRdx9

7258 7258 7258 7258 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
RT @archaeologybud1: CiNii 論文 -  九州地方の瓦窯 (古代寺院の生産遺跡<特集>) -- (瓦窯) https://t.co/ht0MDSMF34 #CiNii
RT @archaeologybud1: CiNii 論文 -  瓦の製作技術からみた国分寺造営 : 西海道南半を中心に https://t.co/jxO5nbd4BQ #CiNii
RT @archaeologybud1: CiNii 論文 -  筑前国分寺における瓦の生産体制 https://t.co/OfIYcZ3BYc #CiNii
RT @disaster_i: すごく断片的なものだけど,「今回は水位の上昇が早かったと聞いたので,本当にそうなのか調べてみたらそうでもなかった,という論文を書いたことがある.https://t.co/ZYfOVZdtB7
RT @jpsearch_go: 今日は七夕ですね。季節に合わせて #ジャパンサーチ トップは『名所江戸百景 市中繁栄七夕祭』に模様替えしました。初代歌川広重の最晩年の作。江戸の町に多くの笹竹が立てられ、五色の飾りをつけた七夕飾りが空にたなびいています。 https://t.c…

29 27 27 1 OA 道徳と主体

RT @tcv2catnap: 「道徳と主体」~江戸後期から明治期にかけての通俗道徳~川田 耕 https://t.co/2BqOpcr3A5 一番わかりやすいかなこれ。
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
CiNii 論文 -  非常勤講師と研究 (特集 非正規・不安定雇用と学問継承の危機) https://t.co/5ZVACAfmZL
RT @Byzantine_Club: 中谷先生の『ビザンツ帝国』第4章に出てきた10世紀の皇帝コンスタンティノス7世の『帝国統治論』では、直接ビザンツの支配下にない地域の民族まで記述されてまして、10-13章ではハザールとかテュルク系について記述されたりしているようなのです。…
中谷先生の『ビザンツ帝国』第4章に出てきた10世紀の皇帝コンスタンティノス7世の『帝国統治論』では、直接ビザンツの支配下にない地域の民族まで記述されてまして、10-13章ではハザールとかテュルク系について記述されたりしているようなのです。 https://t.co/PW11mgK3KK https://t.co/8QNyog0xt8
これ知らんかったわ。 東武瑠「社会運動論の方法論的拡充に向けて――Luhmann 機能的システム理論導入の試み――」 慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学・心理学・教育学 : 人間と社会の探究 (85), 1-18, 2018 https://t.co/XSt07OuTYW
RT @namicky24: 鈴木貴久子先生、中世アラブ世界の食文化を研究されている方なのか。(自分メモ) 「中世アラブ料理書の系統と特徴について」 https://t.co/97w8u44BVM 「マムルーク朝時代の料理書『日常食物誌』を中心とするアラブ・イスラーム世界の食生…
鈴木貴久子先生、中世アラブ世界の食文化を研究されている方なのか。(自分メモ) 「中世アラブ料理書の系統と特徴について」 https://t.co/97w8u44BVM 「マムルーク朝時代の料理書『日常食物誌』を中心とするアラブ・イスラーム世界の食生活研究」 https://t.co/3k9p97fgdX
何の話題かというと、こちらの論文でテーマになってるものでしょうか? #何か見た CiNii 論文 -  インドにおけるサティー(寡婦殉死)の風習 : その宗教性と社会的背景 https://t.co/WizSi5rFh1
この大津波災害については、山沢孝至先生による文献史料の詳しい紹介と分析があります。当時の人々にとっても大変に衝撃的な事件でした。論文はリンク先からダウンロードできます! https://t.co/Nv6D7Kfkp8 https://t.co/RrOPDAD6ru

1 1 1 0 OA 校異源氏物語

校異源氏物語とくらべてみたり。 https://t.co/y5E98Be7Wj https://t.co/8WnGTMzUZ4
【書評】栗田真広著『核のリスクと地域紛争』の「アジア経済」に掲載されたの書評がJ-STAGEで公開です。評者は濱村仁さんです。 https://t.co/kFS9brKPUk 研究者が研究対象に影響を与える可能性の問題や、無限に複雑な現実を理解可能にするための仮定「国家の一枚岩性」など、論点は多岐にわたります。
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
RT @tkira26: @Liberal_Rabbit @contractio 三本卓也「ホーフェルドの義務と特権・自由:義務論理と行動論理による再定義(1)-(3完)」(立命館法学2011-1, 2013-2, 2013-3)が最も浩瀚で、日本語も含め関連文献が網羅されてい…
「俗の場面や議論をも雅文体で表現することを達成したところに、『おもひ草』の文体実験の意味があったと思われるのである。」― 本居宣長『おもひ草』の研究 https://t.co/VBM1DqDBpo
教科書をどう政治思想のおしつけを排してたてなおすか、というのはなかなかむずかしそう。― 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/pzCnhFyAwI
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…
山本圭さんのこの論文、久しぶりに読み直してみると、再発見があって面白かった。:「真珠採りは何を欲するか―アーレントにおける自由の遡及的性格と複数性」https://t.co/WJk6whaAdl これは2007年の論文だけど、アーレントの意志論については未だに決定的な研究が出ていないように思いますね。
RT @tUKa0i9AuBOUHNZ: アレントにおける「自由の遡及的性格」という、この論文の切り口が偉大だ。やっぱり先達の論文は繰り返し何度も探さないとな。https://t.co/rNW6IVPGvR
翻訳 平等をめざす、いわゆるバブーフの陰謀(1) https://t.co/ZNyORkAtem これ面白そう。

フォロワー(1613ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

7258 7258 7258 7258 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
中田晃「平成期公立大学の設置政策に関する研究―政策の窓モデルによる分析―」 https://t.co/R9ThMNozGh
瀧川裕貴、2019「分析社会学と因果推論」『理論と方法』 https://t.co/TjsMKcRdx9

7258 7258 7258 7258 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
RT @archaeologybud1: CiNii 論文 -  九州地方の瓦窯 (古代寺院の生産遺跡<特集>) -- (瓦窯) https://t.co/ht0MDSMF34 #CiNii
RT @archaeologybud1: CiNii 論文 -  瓦の製作技術からみた国分寺造営 : 西海道南半を中心に https://t.co/jxO5nbd4BQ #CiNii
RT @archaeologybud1: CiNii 論文 -  筑前国分寺における瓦の生産体制 https://t.co/OfIYcZ3BYc #CiNii

29 27 27 1 OA 道徳と主体

RT @tcv2catnap: 「道徳と主体」~江戸後期から明治期にかけての通俗道徳~川田 耕 https://t.co/2BqOpcr3A5 一番わかりやすいかなこれ。
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
CiNii 論文 -  非常勤講師と研究 (特集 非正規・不安定雇用と学問継承の危機) https://t.co/5ZVACAfmZL
RT @Byzantine_Club: 中谷先生の『ビザンツ帝国』第4章に出てきた10世紀の皇帝コンスタンティノス7世の『帝国統治論』では、直接ビザンツの支配下にない地域の民族まで記述されてまして、10-13章ではハザールとかテュルク系について記述されたりしているようなのです。…
鈴木貴久子先生、中世アラブ世界の食文化を研究されている方なのか。(自分メモ) 「中世アラブ料理書の系統と特徴について」 https://t.co/97w8u44BVM 「マムルーク朝時代の料理書『日常食物誌』を中心とするアラブ・イスラーム世界の食生活研究」 https://t.co/3k9p97fgdX

1 1 1 0 OA 校異源氏物語

校異源氏物語とくらべてみたり。 https://t.co/y5E98Be7Wj https://t.co/8WnGTMzUZ4
「俗の場面や議論をも雅文体で表現することを達成したところに、『おもひ草』の文体実験の意味があったと思われるのである。」― 本居宣長『おもひ草』の研究 https://t.co/VBM1DqDBpo
教科書をどう政治思想のおしつけを排してたてなおすか、というのはなかなかむずかしそう。― 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/pzCnhFyAwI
翻訳 平等をめざす、いわゆるバブーフの陰謀(1) https://t.co/ZNyORkAtem これ面白そう。