Theopotamos (Kamikawa) (@Theopotamos)

投稿一覧(最新100件)

3 1 1 0 OA 直現芸術論

@foX0GVobSkof8em ちなみに必要ない情報かもしれませんが、この本は国会図書館デジコレで読めます。私は最初の章くらいしか真面目に読んでません。 https://t.co/DjykqjPVEN
奥野他見男という作家の評伝的な文章ですが、少し調べた限りこれくらいしかないですね。。。 CiNii 論文 -  評伝奥野他見男--家庭人「他見男さん」を中心に[含 附 奥野他見男年譜・兼著作目録,奥野他見男とその著作に関する先行研究または記述] https://t.co/LPraQCdeX9 #CiNii
『学士様なら娘をやろか』奥野他見男を読む。 https://t.co/WwfbFFtHjB
成人式の日に読みたい論文。成人式っていつからあるの?という疑問が明らかに。 CiNii 論文 -  現代民俗の形成と批判 : 「成人式」問題をめぐる一考察 (宇都榮子教授 退職記念号) https://t.co/XOBXKabyu1 #CiNii
RT @MuroiKosei: コロナの影響で成人式の中止が相次いでいます。私はもともと自治体が主催する官製成人式は意義がないという立場で、以前その廃止を提言したこともあります。私の考え方は下記の論文にまとめましたので、ご関心の向きはご一読ください。 https://t.co…
白虹事件で名前だけ有名な鳥居素川だが、きちんと研究もされている模様。 CiNii 論文 -  『大正日日新聞』設立の背景 : 鳥居素川・勝本忠兵衛とキーパーソン八田三郎 https://t.co/l33dcFZqi2 #CiNii
少し古いが、大西伍一の活動がよく分かる論文を見つけた。教育に関して柳田国男への共鳴、渋沢敬三のアチック・ミューゼアムの同人形成に貢献した名簿が作成できた理由がよく分からなかったが、この論文を読み納得。 CiNii 論文 -  大西伍一の思想と実践 https://t.co/7qlwF0SPSp #CiNii
この論文おもしろそう。ヨーロッパの思想がどのように輸入され理解されていたかの受容史はここ数年関心がある。(まったくできていないけど。。。) CiNii 論文 -  大正期におけるベルクソン哲学の受容 https://t.co/lTAqvRTxzh #CiNii
戦前に存在した下出書店という出版社に関する論文。内容はもちろんだが、それを推理していく過程も非常におもしろかった。 CiNii 論文 -  下出書店に関する一考察 https://t.co/BnjVaxvmuA #CiNii
CiNii 図書 - 昭和前期蒐書家リスト : 趣味人・在野研究者・学者4500人 https://t.co/Filh8e1L92 #CiNii
RT @a24isobe: 【訂正】 澤田四郎作と石川道雄の出会いは、東京時代よりも前の、第六高等学校時代でした。 大正11・12年『第六高等学校一覧』によれば、石川は第20回卒業生(大正11.3卒)、澤田は第19回卒業生(大正10.3卒)です。→ https://t.co/p…
改めて再読中。 CiNii 論文 -  近代日本民俗学史の構築について/覚書 (日本における民俗研究の形成と発展に関する基礎研究) -- (学史研究の可能性--方法と射程) https://t.co/qnkkCfpwNV
『あゝ玉杯に花うけて』佐藤紅緑の当時の読まれ方の一端が分かりおもしろい。 CiNii 論文 -  大衆児童文学の通俗性と文学性--佐藤紅緑「あゝ玉杯に花うけて」を例にして https://t.co/RWEytPlsyU #CiNii
この論文がすごくおもしろい。民俗学史の研究で雑に扱われていた短命な雑誌を再評価。 CiNii 論文 -  雑誌と民俗学史の視角--石橋臥波の『民俗』と佐々木喜善の『民間伝承』 (日本における民俗研究の形成と発展に関する基礎研究) -- (学史研究の可能性--方法と射程) https://t.co/tLSACKTc8R #CiNii
『捕獲審検所検定書』を調べていて気付いたら寝落ちしていた。。。 https://t.co/c1fonA9yZX
22:30ごろから下記の論文を読む放送をします。よろしければお付き合いください。 https://t.co/ac50azffiv
矢内原忠雄はウェブ上でかなり情報量がある論文や評伝が公開されている。 CiNii 論文 -  評伝 矢内原忠雄(2) https://t.co/ezfzlyX0uP #CiNii
<再掲> 本日22:30ごろから下記の論文を読み朝河貫一と自分の関係分野の海外への展開を考えます。よろしければお付き合いください。 CiNii 論文 -  朝河貫一とマルク・ブロックの往復書簡 : 戦間期における二人の比較史家 https://t.co/o0RFbFn4UX
<今週の生放送予定> 7/14(火)22:30ごろ 『遠野物語』を読む 7/17(金)22:30ごろ 論文を読む 朝河貫一とマルク・ブロックの往復書簡:戦間期における二人の比較史家 https://t.co/o0RFbF5u3p
有賀喜左衛門と白樺の関係性に関する論文をみつけた。音楽評論なんかを投稿していたようです。 https://t.co/60Uq4ieVHq
22:30ごろから下記の論文を読みます。よろしければお付き合い下さい。 「共感論からダーウィンを読む」仲島 陽一 https://t.co/q8DosL6PMf
本日22:30ごろより下記の論文を放送上で読みますのでよろしければご視聴ください。 「柳田國男とグリム」佐谷眞木人 https://t.co/471Hc6tXQb

5 0 0 0 OA 續共古日録

山中共古の日記(?)は国会図書館のデジタルアーカイブで読めるらしい。 https://t.co/blkfb0OAfh
本日22:30~下記の論文を読みます。よろしければご覧ください。 戦時期農村文化運動の実態に関する研究 : 社団法人農山漁村文化協会の文化施設実験村の取り組み 大蔵真由美 https://t.co/X2fssOV2ZU
少し古いけど柳田国男の図書年譜を見つけた。しかもウェブで読めるのはこの状況の中非常に助かる。 https://t.co/xnsIh5yrDa
RT @Theopotamos: 放送をご視聴いただいた方々ありがとうございました。明日は22:30ごろから下記論文を読みますので、よろしければご視聴ください。 英語版『東洋経済新報』の創刊と石橋湛山の役割 鈴村裕輔さん https://t.co/PLbqC477le
放送をご視聴いただいた方々ありがとうございました。明日は22:30ごろから下記論文を読みますので、よろしければご視聴ください。 英語版『東洋経済新報』の創刊と石橋湛山の役割 鈴村裕輔さん https://t.co/PLbqC477le
今日読む論文はこちらです。22:45ごろからはじめます。 https://t.co/eh1LhEqlXR

6 0 0 0 OA 科学概論

RT @Dialektik1961: メモ 田辺元の『科学概論』(1918年)は科学哲学の教科書としての役割はもう果たせないだろうが、新カント派の科学哲学を日本語で解説した文献としての役割はまだ果たせるのではないか。 https://t.co/xzGcjV0S8O
この論文少し古いけどすごくおもしろかった。1930年代の宮本常一の教員時代の郷土教育実践、それを志したきっかけ、発展がテキストに基づいて論じられている。宮本のあまり知られていない一面に光をあてた文章。 https://t.co/7VqD0JzUlz
RT @mayu_to12: CiNii 論文 -  金関丈夫の民俗研究 https://t.co/oMF5P2v1Rm #CiNii

1 0 0 0 明治大正史

美土路昌一(みどろますいち)は柳田国男も書いた朝日新聞の企画した『明治大正史』の「第1巻 言論篇」の著者でもあるんですね。この巻は残念ながら国会図書館のデジタルアーカイブに公開されていないようです。。。 https://t.co/qiv9JuPQSk
佐藤健二さんの民俗学史に関する論文を見つけた。これを無料で読めるのはすごい。。。 https://t.co/qnkkCfpwNV
読む論文は『自警団・遊び : 竹久夢二の新聞連載小説』前田潤。関東大震災前後の変化を竹下夢二の新聞小説から考えます。現在様々な文化活動が中断されていますが、この断絶と復興を考えるきっかけになればと思います。 https://t.co/Rxl8zTGWga
南方熊楠と親交があったジャーナリスト・仏教者の毛利柴庵(さいあん)の年譜を見つけた。幻灯を布教活動に使いはじめたのはおもしろい。 https://t.co/xcWjsOiOWP
放送をご視聴いただいた方々ありがとうございました。明日は22:00~久しぶりに論文を読みますのでよろしくお願いいたします。テーマは下記です 「柳田国男のエスペラント実験」橘弘文 録画→https://t.co/r9LeFg0usN https://t.co/PFKXo98kRH
最近考えている「期待の次元・回顧の次元」についてこの論文に書いてあるのを思い出して再読。良い/悪い記憶の編集の基準、原体験の考察が非常に参考になった。 CiNii 論文 -  作文はなぜ知的独立性の問題になるのか : 鶴見俊輔,生活綴方,想像力 https://t.co/n0cLcU5uMl #CiNii
この論文から岩崎卓爾が地元の研究だけでなく、地元の人々の生活改善に熱心だったことが分かった。 CiNii 論文 -  近代八重山の児童文化活動に関する研究 : 岩崎卓爾の実践を中心として https://t.co/mMkeNDaB6o #CiNii
@ysawat 生活綴り方運動と鶴見さんは私も関心があります。すでにご存知でしたら恐縮ですが谷川嘉浩さんがこの論文で生活綴り方運動に関して論じておられます。 https://t.co/n0cLcTNTnL
豊島与志雄を調べたい人は使うと良さげ。 CiNii 論文 -  豊島与志雄著作目録 https://t.co/q70ZKLVX6H #CiNii
コロナウイルスではないが幕末には コレラが流行して大きな混乱があった。この論文によるとコレラに対する人々の恐怖が様々な形で表れ、その恐怖を緩和するために様々な宗教的な取り組みが行われた。 https://t.co/Ga9DGdMs3X
本日22:00~生放送します。新年一回目の無料論文を読む会になります。お時間がありましたらご視聴ください。 『鶴見俊輔における大衆文化論の視角としての「思想」』寺川征也さん 論文→https://t.co/cL2BV4t97g 放送入口→https://t.co/BSjTsYz9F1
矢内原忠雄の評伝はネット上で読めるようだが1章だけないようだ。。。 CiNii 論文 -  評伝 矢内原忠雄(2) https://t.co/ezfzlyX0uP #CiNii
矢内原忠雄に興味がある方々(私以外いるのか?)に朗報。矢内原忠雄論が連載されている雑誌がありしかも全部ネットで無料で読めるみたいです。 https://t.co/O8MVbH8fbT
この論文おもしろそうですね。無料で読めないようですが。。。 CiNii 論文 -  学生時代の渋沢敬三にみられる生物学的見方への丘浅次郎の影響 https://t.co/zzjjTSm8Y3 #CiNii
『忘れられた日本人』宮本常一を老年社会を考えるという視点から読んだ論文を見つけた。趣味に没頭する高齢者は社会につながっているようで切り離されているので、高齢者を社会はいかに包摂していくかという課題から読み解いている。 https://t.co/jGwyjmo0QU
本日21:00~年末スペシャルとして放送します。下記時間割です。お時間がありましたらご視聴ください。 第1部 21:00~22:00 論文を読むーデジタルアーカイブ 第2部 22:00~23:00 今年読んだ論文 第3部 23:00~24:00 今年読んだ本 会場→https://t.co/BSjTsYz9F1 論文→https://t.co/nvxhDb3cAg
宮本常一の実践した地方振興方法の再検討を提起した論文を見つけた。論文中にあげられている事例の数が少ないという問題点はあるが、問題提起の内容はなるほどと思った。 https://t.co/LzYnjs3eYv
宮本常一を柳田国男の民俗学の政治的、社会政策的を引き継いだとして評価している論文を見つけた。歴史的な背景を念頭においた両者の分析は現在でも学ぶべき点が多いとのこと。 https://t.co/PuYpRsrchL
RT @mircea_morning: CiNii 論文 -  チャールズ・ライト・ミルズによるミード思想の解釈 : 動機論からの他者論へ向けて https://t.co/mxdfTLFLbI #CiNii
本日22:00~論文を読む会を放送いたします。元号発表時に掲げられた「令和」の文体を考察した論文!お時間がありましたらご視聴ください。 「提示された「令和」をめぐる字体考-文字学習という視点から-」小竹光夫さん 放送会場→https://t.co/BSjTsYz9F1 https://t.co/EhYErJc4yp
本日22:00~放送します。下記の無料論文を読みます。当放送で何回かやっている海から見た日本史の実践例です。 『北海道の地域教材に一般性をさぐる : 教授プラン「昆布にみる日本の歴史」の構想』梅津徹郎 放送→https://t.co/BSjTsYz9F1 https://t.co/CmAejvpZdV
『鶴見俊輔のディスコミュニケーション論の検討』寺田征也さんを読了。鶴見俊輔のコミュニケーション論を詳細に分析。コミュニケーション論においては結構前から鶴見が注目されているということが分かったのでやはり論文は注釈や引用まで読むべし。 https://t.co/IF1U4RCKik
ヨーロッパの古代末期研究の動向はこの論文も参考になった。 https://t.co/RxL0CWs5px
おもしろい論文を見つけた。ローマ帝国衰退で語られる古代末期の評価はピーター・ブラウンによって見直され、ゲルマン人はローマ帝国の遺産を活用して変容させたという見方も出てきた。近年ではローマ帝国衰退論の再評価もされているが変容というのが適切ではという指摘。 https://t.co/rmu1nYRC9o
この論文おもしろそうだがネットから読めない。。。 『柳田國男の民謡論--〈声〉からの近代批判の可能性と困難』武田俊輔 https://t.co/uuVzkVFONw
鶴見俊輔のソローに対する評価は「方法としてアナキズム」という文章に載ってたと記憶している。下記の谷川嘉浩さんの論文が鶴見俊輔のソロー評価を引用している。 https://t.co/n0cLcTNTnL
昨日の放送で取り上げた木村哲也さんの講演録の参加記も無料で読めるようです。質疑応答(講演記録では未収録)が気になりますね。特に「大学の制度の内外にとらわれず研究を続けていくための方法論」は在野研究のことなのかなと思いました。 https://t.co/8vQ8P7ysaL
柳田国男と和辻哲郎の一例は交流はこの論文で見つけた。これ以外にも民俗学者・倉田一郎の生涯、柳田国男の民俗学ということばの使いはじめ、民俗学の世間の評価に関する考察など興味深い内容が多い。 https://t.co/rOo6TUq0A6
11/14(木)22:00~下記論文を読み普段引きこもって本を読んでいる人間がフィールドワークに関して考えます。お時間があればご視聴ください。 『体験的フィールドワーク論 : 民俗学者・宮本常一の足跡をたどることから 』北村毅さん、木村哲也さん https://t.co/BSjTsYz9F1 https://t.co/IjIa2IGwi6
放送でとりあげた網野善彦が生前あまり語らなかった1950年代の活動を考察した論文。『歴史としての戦後史学―ある歴史家の証言』の空白を埋める研究だと思う。 https://t.co/yo6Cj627UW
今週の放送予定です。お時間がありましたらご視聴ください。 11/12(火)22:00~宮本常一補足―和辻哲郎と宮本常一の「道」― 11/14(木)22:00~下記論文を読みます。 『体験的フィールドワーク論 : 民俗学者・宮本常一の足跡をたどることから 』北村毅さん、木村哲也さん https://t.co/IjIa2IGwi6
私の中で小島勝治は早逝した在野の統計学の研究者というイメージだったが、民俗学、郷土史の研究もしていたということを教えていただいた。小島勝治については下記論文が勉強になった。 https://t.co/mNZi2qndkc
<ツイキャス告知> 本日22:00~下記の論文を読みます。めずらしく社会学系統の論文を読みます。このタイプの論文を練習になる予定ですのでいっしょに勉強していきましょう。 『デモ参加とSNS 利用・団体加入の関連ーネットワークのなかのメデイアと運動ー』大畑裕嗣 https://t.co/MdY2oBvkfE
昨日の吉本隆明の放送の補足 ①「大衆の原像」の良い例は『この世界の片隅に』のすずさん ②吉本は「沈黙する大衆」を評価したが吉本だけでなく同時代の宮本常一も近いことを別の文脈から主張 ③鶴見俊輔と吉本隆明の大衆観の違いは粟谷佳司さんの下記論文が分かりやすい https://t.co/8NZbgYfYAw
<ツイキャス告知> 本日22:00~放送いたします。お時間があればご視聴ください。久しぶりに民俗学系の話題です。 テーマ:論文を読む㉗―境界上のニワトリ― https://t.co/2h82GA71Fg
今回読むのはこちらの論文です。お時間があればご視聴ください! 『井上円了の哲学と妖怪学の目的 : 在野の哲学者の真のねらい』三浦宏文 https://t.co/36V33rhpjP
論文『体験的フィールドワーク論 : 民俗学者・宮本常一の足跡をたどることから』木村哲也を読了。フィールドワーク、実際の聞き書きの重要性が著者の経験に基づいて分かりやすく書かれていたのが良かった。著者の方が取り組んだ宮本常一の空白を埋める研究もおもしろそう。 https://t.co/IjIa2IGwi6
『作文はなぜ知的独立性の問題になるのか : 鶴見俊輔,生活綴方,想像力』谷川嘉浩を読了。鶴見の生活綴り方、文章論は想像力で理想を設定し、現実との差を炙り出すためのものという指摘がおもしろい。鶴見の思想の変遷を分析した論文はあまり見たことないので新鮮だった。 https://t.co/n0cLcTNTnL
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 9/20(金)22:00~無料論文を読む会を行います。取り上げる論文は下記です。たまには文学も読みましょうよという私への課題。 『横光利一「街の底」のモダニズム : 私小説・プロレタリア文学・二十世紀小説』高橋幸平 h…
<ツイキャス告知> 9/20(金)22:00~無料論文を読む会を行います。取り上げる論文は下記です。たまには文学も読みましょうよという私への課題。 『横光利一「街の底」のモダニズム : 私小説・プロレタリア文学・二十世紀小説』高橋幸平 https://t.co/iIBcXbjn53
とある予習のために読む。 https://t.co/stP3PQymy4
橋本義夫に関するよさげな論文を発見。後で読んでみよう。 https://t.co/LzpO93PRPU
『田澤義鋪の宿泊講習実践における青年教育思想 : 地域におけるかかわり創出検討の手がかりとして』三瓶千香子を読了。田澤の共同体構築の議論を補助線として現代の共同体構築の可能性を考察する。田澤義鋪の思想が分かりやすくまとまっているので勉強になった。 https://t.co/YBHQ1EhZZb
近代になってから氷河論争という論争が起こったらしいが意外とおもしろそう。 https://t.co/DJRGaOxy27
吉野作造のこの論文がおもしろかった。吉野作造を通して大正デモクラシーを再考させられる。 https://t.co/yR7VezR9z2
ツイキャスをご視聴頂いた方々ありがとうございました。野球の話を久しぶりにしたような気がする。。。ちなみに明日は22:00~下記論文を読みますのでお時間があればご視聴ください! 河内重雄『太宰治のディコンストラクション―「葉桜と魔笛」における二つの文脈―』 https://t.co/AGuhXGaoss
今回の論文も無料で読めるよ。なぜCiniiにないのかは不明。 https://t.co/gW4OpwAcSd
<ツイキャス告知> 下記の日程でツイキャスをやります。 お時間があればぜひご視聴下さい。 ①7/18(木)22:00~ 近代の民衆思想と信州 ②7/19(金)22:00~ 論文を読む㉑ 『民俗学における「漁業民俗」の研究動向とその課題』中野秦 https://t.co/pzCOpvd0uX
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 下記の日程でツイキャスをやりますのでお時間がある方はぜひご視聴下さい! 6/30(日) 22:00~ 鶴見俊輔の家族論 7/1(月) 22:30~ 論文を読む⑳ー柳宗悦ー 後藤 智絵 民芸論の意義に関する一考察 :…
ツイキャスをご視聴頂いた方々ありがとうございました。ご視聴された方々『君の名は』は視なくて大丈夫だったのかという心配があります。。。明日は22:30~ 下記の論文を読みますのでお時間がればぜひお越しください。 https://t.co/NwCq7swugD
<ツイキャス告知> 下記の日程でツイキャスをやりますのでお時間がある方はぜひご視聴下さい! 6/30(日) 22:00~ 鶴見俊輔の家族論 7/1(月) 22:30~ 論文を読む⑳ー柳宗悦ー 後藤 智絵 民芸論の意義に関する一考察 : 1930年の柳宗悦による帝展批判記事を中心に https://t.co/NwCq7swugD
ツイキャスをご覧頂いた方々夜分遅くまでありがとうございました。花森安治の思想に関して詳しく知りたい方は下記の論文を読まれると参考になると思います。 https://t.co/g9IrqpxuVf
ツイキャスをご視聴頂いた方々夜分遅くまでありがとうございました。今回の論文は論点が非常に多かったですね。ご興味がある方は無料で読めるのでぜひ読んでみて下さい! 橋迫瑞穂さん『「子宮系」とそのゆくえ : 現代日本社会における女性のスピリチュアリティ』 https://t.co/ourp6AShop
<ツイキャス告知> 6/11(火)22:00~ 論文を読む⑲ 下記の論文を読みます。(告知忘れてました。。。) 橋迫瑞穂『「子宮系」とそのゆくえ : 現代日本社会における女性のスピリチュアリティ』 https://t.co/ourp6B9SfX
大宅壮一『モダン層とモダン相』ざっと眺めてみたが、当時の都市文化の雰囲気や論壇、文芸界隈の動向が分かってマジでおもしろそうだな。少しずつ真面目に読んでみようかな。ちなみにデジタル化されているので無料で読めるよ。 https://t.co/hSSOQputTb
<ツイキャス告知> 5/23(木)22:00より下記論文を読みます。正直いつも以上に扱える自信がまったくないですが、お時間がある方々はご視聴頂けると幸いです。 森下徹『近世瀬戸内地域の新田開発にみる出稼ぎ労働 (人の移動とその動態に関する民俗学的研究)』 https://t.co/BjZEsryrKG
網野善彦の生前具体的に語られなかった1950年代の共産主義運動の挫折、反省、転向の詳細が書かれている論文を見つけた。山岳工作隊を組織して参加者を危険な目に合わせたことへの反省が大きく関わっている。 https://t.co/yo6Cj627UW
@tapioca077 ありがとうございます。この特集号途中までしか読んでなかったです。網野さんと共産主義運動との関係に関してですが、下記のような論文を見つけました。参考になるかもしれません。 https://t.co/yo6Cj627UW
RT @Theopotamos: <ツイキャス告知> 5/12(日)21:30~で下記論文を読みます。よろしければご視聴下さい! たまには世界史に関しても考えていきましょう。 戸田善治、澤田典子『地中海世界における「古代」と「中世」― 西洋史学と世界史教育のあいだ ―』…
<ツイキャス告知> 5/12(日)21:30~で下記論文を読みます。よろしければご視聴下さい! たまには世界史に関しても考えていきましょう。 戸田善治、澤田典子『地中海世界における「古代」と「中世」― 西洋史学と世界史教育のあいだ ―』 https://t.co/RxL0CWs5px
@tapioca077 この論文無料で読めるのできっかけとしてはいいですよ。 辻浩和さん 第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』 https://t.co/zzlnvuJxIZ
この論文題名がおもしろい。鉄道オタクみたい。 『福沢諭吉の鉄道論』 https://t.co/bdI1d9YVFH
@KaN_BookWalker この論文は福沢さんの国権主義的な側面が感じられる論文です。 https://t.co/3Qs92G8MQb
RT @Theopotamos: 下記論文ですが、福沢諭吉の日清戦争に対する今みると過激な文章が多数引用されています。福沢さんもこんな過激な文章も書いてたのかという驚き。ちなみに無料で読めます。 https://t.co/3Qs92G8MQb
<ツイキャス告知> 4/24(水)21:30~下記の論文を読みます。 お時間がある方はぜひご視聴下さい! 『女子英学塾における教育実践の成果に関する一考察--津田梅子のねらいと初期卒業生の進路』 https://t.co/mUYYZEMQzK

お気に入り一覧(最新100件)

奈良交通社内誌『大和路』1965年2月号掲載、社内文庫「日野文庫の利用状況」によれば、1964年6月〜11月の貸し出しトップ5は、 (1)島田一男『終着駅』(9回) https://t.co/u6HgbNixYW (2)左右田謙『県立S高校事件』(9回) https://t.co/vwWiFVZPjX →

1 1 1 0 終着駅

奈良交通社内誌『大和路』1965年2月号掲載、社内文庫「日野文庫の利用状況」によれば、1964年6月〜11月の貸し出しトップ5は、 (1)島田一男『終着駅』(9回) https://t.co/u6HgbNixYW (2)左右田謙『県立S高校事件』(9回) https://t.co/vwWiFVZPjX →

4 3 3 0 OA 苦悶の象徴

【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください。 https://t.co/cE2TOyoRxf
『今古大番附 : 七十余類』大正12年 東京番附調査会 編 NDLデジタルコレクション デジコレに痕跡本みつけると嬉しい。 「女流の部」の下の数字は掲載の女流浪曲師総数とチェック数(聞いた人数?)かな? 元の持ち主、大正ドルオタ疑惑。 https://t.co/TzJLUESDhI https://t.co/z9gFs2kT56
コロナの影響で成人式の中止が相次いでいます。私はもともと自治体が主催する官製成人式は意義がないという立場で、以前その廃止を提言したこともあります。私の考え方は下記の論文にまとめましたので、ご関心の向きはご一読ください。 https://t.co/DsZz73rAcj
成人式ってそもそもなんだっけ。と思ったらこんなのがあった。 >CiNii 論文 -  現代民俗の形成と批判 : 「成人式」問題をめぐる一考察 (宇都榮子教授 退職記念号) https://t.co/7dl4cvfyC0 #CiNii
松澤 俊二 - 与謝野晶子はどのように「記憶」されたか : 戦後の堺市における顕彰活動に注目して https://t.co/lQOYqJYIQS
【訂正】 澤田四郎作と石川道雄の出会いは、東京時代よりも前の、第六高等学校時代でした。 大正11・12年『第六高等学校一覧』によれば、石川は第20回卒業生(大正11.3卒)、澤田は第19回卒業生(大正10.3卒)です。→ https://t.co/pkqEgicp9F https://t.co/i0D1gJp6O5
戦前ベストセラー読書会、次回は1月に開催予定。 課題書は、大正8年のベストセラー、奥野他見男『学士様なら娘をやろか』です。 もしもご興味があればご連絡ください。 課題書国会図書館のデジタルコレクションで読めます。https://t.co/UFCc90rXwG

15 0 0 0 OA 大阪市産業叢書

昭和初期の大阪の小売業分布を示した地図。色づかいがおしゃれ。 大阪市産業叢書. 第9輯 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/7T0kyZUsAa https://t.co/AXG25CIWp4
ありがとう!!!国会デジコレ! 『京都帝国大学卒業生名簿』昭11 https://t.co/QY1GJbem8A このコロナ禍で、ネットと資料デジタル化の恩恵にあずかり、どうにかこうにか原稿がすすむくんです…(嬉涙

2 0 0 0 OA 日本新聞年鑑

大阪毎日の高原慶三が澤田四郎作邸に遊びにきてたなと思って『日本新聞年鑑』「職別全社員表」を見てみる。はたして高原は「学芸部長心得」として掲出されているのだけれど、客員、柳宗悦ですやん。写真部長が北尾鐐之助とか、知った名前があちこちに。 これは飽きないなあ。 https://t.co/AE8qcKkw4u
#こんな論文がありました pdf公開。西田は欧州留学で映像記録に目覚め、丹波などで田楽を撮影したらしい。 斉藤 利彦「丹波地域の史蹟調査と西田直二郎」 佛教大学宗教文化ミュージアム研究紀要 (15), 37-49, 2019 https://t.co/ALrd0mvPdZ

11 0 0 0 OA 古本年鑑

国会デジコレ『古本年鑑』第1年版(古典社、昭和8)https://t.co/516lOnLyFC 書誌タイトルには採録されてないけど、表紙には 「おゝ役に立つ 古本年鑑」であり、発行元には 「読書家の 古典社」と心の声が添えられている。 https://t.co/GewcRV4JP5

6 0 0 0 OA 科学概論

メモ 田辺元の『科学概論』(1918年)は科学哲学の教科書としての役割はもう果たせないだろうが、新カント派の科学哲学を日本語で解説した文献としての役割はまだ果たせるのではないか。 https://t.co/xzGcjV0S8O
三淵藤英の動画。こちらの制作では金子拓先生の論文に助けられました。 藤英の立ち位置について知りたいという方にはオススメです。 (動画は4/3に投稿します) https://t.co/EmdVp1614y https://t.co/YqEB2oxkNN
柳田は古い神事の供膳に粢が見られるのは、古代人が米を加熱せず粢にして食べていたからなのでは、と書いているが、生粢を献膳する神社は東北と九州に偏って分布しているらしい。 三陸沿岸の神楽をはじめ、青森にも秋田にも、確かに粢の食文化は濃いように思う。 https://t.co/GR5BtFWKty https://t.co/eEsA1HwkaX
大塚英志「 <特集 日本研究の道しるべ : 必読の一〇〇冊>ポピュラーカルチャー」『日本研究』第57集 https://t.co/6g8ihiZ5BR 考えてたことが書かれててとても勉強になった 在野研究、民俗学、サブカルあたりがキーワード 古本好きにもいいかも
長谷川栄子「岩倉使節団成立過程の再検討-『岩倉具視関係史料』所収の新出書簡を用いて-」(熊本学園大学論集『総合科学』19巻2号 2013年) https://t.co/Fp7Dw3y0TB 2013年に刊行された『岩倉具視関係史料』所収の岩倉使節団編成に関わる数点の新出書簡を分析し使節団成立過程の問題を検討した論稿。
読んだ。 CiNii 論文 -  ビザンツ皇帝レオン六世の対アルメニア人有力者政策 https://t.co/1wZLBOcD0r 辺境域の間接"的"統治関連の話は非常に好き。 帝国統治論読みたいなと、軽く調べると三年前だが邦訳準備中とある。期待である。 https://t.co/41taoieFkJ
読んだ。 CiNii 論文 -  ビザンツ皇帝レオン六世の対アルメニア人有力者政策 https://t.co/1wZLBOcD0r 辺境域の間接"的"統治関連の話は非常に好き。 帝国統治論読みたいなと、軽く調べると三年前だが邦訳準備中とある。期待である。 https://t.co/41taoieFkJ
桜田勝徳の調査ノートを対象とした科研費の研究成果が存在すると、フォロワーさんからご教示いただく。リンク先から成果報告書もDLできる。地道な基礎研究に敬意! フィールドノート・アーカイブズの基礎的研究 25370932 基盤研究(C) 研究代表者/中野泰(筑波大学 准教授) https://t.co/XF2OQFOrr9 https://t.co/RL2z2ULAE6
CiNii 論文 -  戦後日本における米国の広報文化活動とジャズ--大阪CIE図書館/アメリカ文化センターの事例を中心に https://t.co/hhRw1Rskt4 #CiNii
『科学哲学』51-2号の電子版が公開されたので、拙稿「ケンブリッジ分析学派の興亡:「言語論的転回」はいつ起こったのか?」もDLできるようになりました。忘れられた分析哲学の歴史的起源を追求した論文です。https://t.co/HVWpTRvkmE
三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
面白そう。DL可。 CiNii 論文 -  政治理論における〈有効性〉 : 高畠通敏と戦後日本 https://t.co/vakoX25z5H #CiNii
筑波大のウェブにこんな論文があった!「婚姻神秘主義と本質神秘主義」。めっちゃそそられるんですが…w https://t.co/yX5FNai6ro
ポスト漱石としての芥川については、以下の論文が勉強になりました。やや難解です。 CiNii 論文 -  「鼻」を《傍観》する : 夏目漱石『文学論』を視座にして https://t.co/ZK1z41PnS9 #CiNii
野澤秀樹「エリゼ・ルクリュの地理学とアナーキズムの思想」、『空間・社会・地理思想』、大阪市立大学大学院文学研究科地理学専修、2006。これはウェブで読めるよ。https://t.co/wGOY0UrVuv
筒井 大祐「石清水八幡宮本『八幡宮寺巡拝記』考」 仏教大学総合研究所紀要 (25), 1-13, 2018-03 https://t.co/Xblyr9ZI8o 燃えちゃった!と思われてた『八幡宮寺巡拝記』(13c成立?)の一本が、実は燃えてなかった!見つけた!という話。最善本らしいです。
尾西康充「有島武郎と内村鑑三――「リビングストン伝」第四版序言の根底にあるもの」、『キリスト教文学研究』、日本キリスト教文学会、2011。https://t.co/9E7tZY4Ujl
今日ツイキャス中に「哲学と神学の関係について」という質問があったのですが、この論文が面白いと思います。。 話を簡単にしすぎている部分がありますが、ギリシア哲学からヘレニズム・ローマの哲学、そしてキリスト教へ。哲学から神学へという時代の流れが解説されてます。 https://t.co/451omPvStZ
中村勝範「森戸事件と吉野作造の「クロポトキン論」」、『法学研究:法律・政治・社会』、慶応義塾大学法学研究会、1994。これはウェブで読めるよ。https://t.co/xN4v8op07A
昭和9年5月30日、東郷平八郎が死去。幕末の薩摩藩出身で、薩英戦争や戊辰戦争に参加。妻は海江田信義の娘。宮永孝「イギリスにおける東郷平八郎」(『社会志林』46-3・4、2000年)は、明治初期の英国留学で海軍技術のみならず、英国流の敬虔主義をも併せて学んだと推測。 https://t.co/WwRFvx1MBw
三谷 太一郎「「文明化」・「西洋化」・「近代化」をめぐって: 福沢諭吉と丸山眞男─日本近代の先導者と批判者─」 https://t.co/bgkkSJeVYZ

フォロー(1620ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tapa46: @houki38 脊椎動物は尾索動物のネオテニーであるという仮説ですが、あれは古い時代の仮説になります。 尾索動物内の分子系統についてはすでにある程度ゲノム解析の結果があり、 https://t.co/3R4USzHqWs 西野准教授の大学HPに掲載する…
@shomotsubugyo >原語では同じワードなのに、たまたま新漢語で翻訳された際、違う表記形に では同じ語形を保てば良いかと言ふと、却って誤解・混同も生む。綜合に對する「分析」は、哲學上カント以降はhttps://t.co/EvCt1L6nnf演繹deductionの意味で、數學上の解析と違ふ。Cf.岡部英男1998=https://t.co/Zrg2e0Xe2N。
RT @mtnonoonly: 『諏方大明神画詞』について私が昨年書いた論文がpdfで無料公開中です。 明神と洩矢の神話はどう読むのが正確なのか?中世の〈諏訪大戦〉には色々なバリエーションがあった?洩矢は「魔王」……? 外出自粛の今、諏訪信仰に興味のある方々のちょっとした暇潰…
CiNii 論文 -  南北朝・室町期における五山派禅院の修造財源: 将軍権力と関連して https://t.co/ytcaOl6dWy #CiNii
上山安敏/著 「宗教と科学 ユダヤ教とキリスト教の間」 https://t.co/QEu009abgX 「ニーチェのキリスト教・ユダヤ教観」 思想 (919), 122-145, 2000-12 岩波書店 https://t.co/VAfxMAeUzU
CiNii 論文 -  マイケェル・オークショット著「政治における合理主義,その他論集」1962 https://t.co/XeEUGxG6NR #CiNii CiNiiで読める「政治における合理主義」の論文はこれだけか
CiNii 論文 -  平安・鎌倉時代貴族住宅の末尾語「殿」の意味変化について:日中における建築用語の比較と変遷に関する研究 https://t.co/DISga2kydA #CiNii
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染拡大のエンタテインメント分野への影響と支援 https://t.co/viEBQqwayG
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染症と日本経済―家計及び企業部門への影響と政策対応― (PDF: 1133KB) https://t.co/tYRKPVNtbc
RT @zasetsushirazu: 平成18年(2006年)1月22日、高橋秀直が死去。大著『日清戦争への道』(東京創元社)の著者。井上勝生氏は、高橋氏の幕末研究をまとめた遺稿集『幕末維新の政治と天皇』(吉川弘文館)の書評(『史林』91-2)で、「比肩することができない、大…
@yumiharizuki12 @boreford 私の専門とかなり遠いので存じ上げなかったのですが、学振DC1とってますね。 https://t.co/PMCtFMDgXo
RT @mtnonoonly: 拙稿「『諏方大明神画詞』諏方社祭絵第四、六月晦日条考―「藤嶋ノ明神」をめぐるテクストの諸相―」が、北大の機関リポジトリHUSCAPで読めるようになりました。 風神録製品版からちょうど12年というタイミングの昨年8月に出た、所謂「諏訪大戦」につい…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…

27 20 20 0 OA 名流情話

RT @rekishiclub: モルガンはお雪と結婚する前に、婚約破棄された経験があるようです。 その際、今でいうところの慰安旅行に出たところ、日本でお雪と恋に落ちたみたいですね。 真偽はさておき、泉斜汀『名流情話』(蜻蛉館、1917)にモルガンとお雪のエピソードが載っていま…
RT @zasetsushirazu: 昭和47年(1972年)1月21日、『帰ってきたウルトラマン』第41話「バルタン星人Jrの復讐」が放送。花岡敬太郎「「帰ってきたウルトラマン」制作過程から読み解く1970年代の変容の兆し」(『明治大学大学院文学研究論集』49)は、郷秀樹と…

3 1 1 0 OA 西成郡史

@Daiosakaclub ありがとうございます!というと、ここか!(NDL西成郡史より) https://t.co/YSttkS2XW1 大阪市域編入まだ先なので、昼休みの間にさくっと確認できる地図がみつからないや。 https://t.co/lm79WbifBg
RT @rei_akao: 国会図書館デジタルコレクションで読める 稲垣甚兵衛『蒐書雑感 : 昭和十一年図書館週間紀念放送』 哈爾濱鉄路局の要職にありながら荒木伊兵衛書店の「古本屋」等にも投稿しているガチの蒐書家。ガリ版で読みにくいけど外地の古本コレクターが気になる人は必見。…
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F
RT @soichiro_sumida: 2年前に執筆した書評が公開されました。 「 壊れゆく資本主義をどう生きるか:人種・国民・階級2.0,植村邦彦・若森章孝著[唯学書房,2017年] 」 季刊 経済理論 55(4) 所収 https://t.co/F2rIg3ggCx
ナマハゲと子供のトラウマの研究。おもしろい。ナマハゲは地域社会の中の文脈に支えられた恐怖体験であるため、トラウマ化しないということらしい。 https://t.co/wtfq386qDv
RT @tadano0406: その遺伝子がその子どもの人生を困難にする可能性があるとしても,その遺伝子をもった子どもの存在自体を認めることができた時に初めて,自分が存在する「意味」を問いかける条件が整ったのではないだろうか。 「女性にとって遺伝的特質を引き継ぐことの意味」…
RT @zasetsushirazu: 明治43年1月20日、清水卯三郎が死去。慶応3年のパリ万博に、唯一の日本人商人として出品。薩英戦争後に五代友厚と寺島宗則を匿った。白山映子「清水卯三郎の政治観」(『東京大学大学院教育学研究科紀要』49)は、「海外からの啓蒙思想を移入した人…
RT @kawakami_99: たまたまCiNiiを覗いてみたら、藤井先生が森昭の道徳教育論を論じていらっしゃった。勉強になります。https://t.co/sxYETkJo9X
RT @QmHSxpgqThzrxfk: 家康が直接織田家に人質に送られたかどうか、というのが話題になっているので、とりあえず出典論文置いておくなどします ネットで読めるものなので、とりあえず読んだ方が早い 村岡幹生「織田信秀岡崎攻落考証」(『中京大学文学会論叢』1号 201…
家康が直接織田家に人質に送られたかどうか、というのが話題になっているので、とりあえず出典論文置いておくなどします ネットで読めるものなので、とりあえず読んだ方が早い 村岡幹生「織田信秀岡崎攻落考証」(『中京大学文学会論叢』1号 2015年) https://t.co/fGkkftd1vV
RT @mujo_kun: @WgCU1XSQ7Getoyz 研究ノート 『陳十四夫人伝』と『西遊記』の類似について https://t.co/LzT7Y4FbyO この研究ノートを読めば色々わかりそうです!なかなか奥深い芸能なのかもしれません
RT @chyokokushi: @kimi_aya_ @gelcyz 横から失礼します。下記の論文に、大正12年10月に被服廠跡へ大仏を建立する案(発起人総代:渡辺長男)が、渋沢栄一(後に東京震災記念事業協会顧問)の元へ送付されたとあります。ただ実現はしなかったかと。 高野…
RT @ryusukematsuo: 趙星銀「戦後日本の世代論――1950年代を中心に」明治学院大学『国際学研究』57号,49-68頁,2020年10月 https://t.co/QI3lQXgbwy
@akar_ui おもしろい研究がありました。 「なまはげ」風習の臨床心理学的研究 https://t.co/wtfq386qDv

1 1 1 0 北向海流

巡回文庫は、 (1)前出『紅いレース』(14回) (2)島田一男『北向海流』(10回) https://t.co/Zquk8rKidS (3)源氏鶏太集(9回) (4)前出『終着駅』(9回) (5)前出『隠密社員』(9回) →

1 1 1 0 隠密社員

(3)藤木靖子『危ない恋人』(7回) https://t.co/3o0ATY0OxT (4)童門冬二 『隠密社員』(7回) https://t.co/CU2EdhdfDk (5)樹下太郎『紅いレース』(7回) https://t.co/ekNXqUpzbH →

1 1 1 0 紅いレース

(3)藤木靖子『危ない恋人』(7回) https://t.co/3o0ATY0OxT (4)童門冬二 『隠密社員』(7回) https://t.co/CU2EdhdfDk (5)樹下太郎『紅いレース』(7回) https://t.co/ekNXqUpzbH →

1 1 1 0 危ない恋人

(3)藤木靖子『危ない恋人』(7回) https://t.co/3o0ATY0OxT (4)童門冬二 『隠密社員』(7回) https://t.co/CU2EdhdfDk (5)樹下太郎『紅いレース』(7回) https://t.co/ekNXqUpzbH →
奈良交通社内誌『大和路』1965年2月号掲載、社内文庫「日野文庫の利用状況」によれば、1964年6月〜11月の貸し出しトップ5は、 (1)島田一男『終着駅』(9回) https://t.co/u6HgbNixYW (2)左右田謙『県立S高校事件』(9回) https://t.co/vwWiFVZPjX →

1 1 1 0 終着駅

奈良交通社内誌『大和路』1965年2月号掲載、社内文庫「日野文庫の利用状況」によれば、1964年6月〜11月の貸し出しトップ5は、 (1)島田一男『終着駅』(9回) https://t.co/u6HgbNixYW (2)左右田謙『県立S高校事件』(9回) https://t.co/vwWiFVZPjX →

4 3 3 0 OA 苦悶の象徴

RT @kan_ysd: 【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください…

4 3 3 0 OA 苦悶の象徴

RT @kan_ysd: 【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください…

4 3 3 0 OA 苦悶の象徴

【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください。 https://t.co/cE2TOyoRxf
参考文献 薔薇十字とユートピア : 作者としてのJ. V. アンドレーエ 著者: シュルーター, 智子 誌名: 基督教学 https://t.co/4L4u3kMTxU 抄録の要約 ヨハン・ヴァレンティン・アンドレーエ 『化学の結婚』と『クリスティアノポリス』という二つの作品によってその名を後世に残している。
RT @masakazu_kaigo: のぶさん@NISloyola から勧められた論文を読んでいます。僕が高校生の頃に影響を受けた『武士道』の新渡戸稲造の教え子が、神谷美恵子さんの父親だったと。『武士道』を読んで空手してました。 内村鑑三は札幌農学校で新渡戸稲造と同級生。この…
のぶさん@NISloyola から勧められた論文を読んでいます。僕が高校生の頃に影響を受けた『武士道』の新渡戸稲造の教え子が、神谷美恵子さんの父親だったと。『武士道』を読んで空手してました。 内村鑑三は札幌農学校で新渡戸稲造と同級生。この時代のこともっと学びたいな。 https://t.co/Izegulh2dI
近年「再出現」した写本の伝来、法史料をめぐる隣接学問の協力、都市法の成立など興味深い問題が、門外漢にも分かりやすく語られている。面白かったです。 /「講演 リューベック法の体系化 : バルデヴィク写本(1294年)をめぐって」https://t.co/5PvqYZZYEP
RT @okapia_feb01: 「息子」による「母親」への虐待が最も多い(父親への虐待の3倍ぐらいある)、という17年前の調査もありますね。 #今日の論文 #つらい 『虐待者である「息子」の特徴と高齢者虐待防止への視点』 https://t.co/cCr4Yvm5xH ht…
中村雄二郎(1967)「制度と社会についての基礎理論・序説」 『哲学』第17号, 115-139頁 https://t.co/IsoVC0h3kT
RT @kanayVc: 今日誕生日の坂田昌一(1911―70)の無限階層論は、彼なりのマルクス主義理解に基づいてのものでもありました。どういうこと? と思われた方は是非以下の拙稿をご覧ください。 https://t.co/oDt7UaiCNm  >RT
RT @Theopotamos: 奥野他見男という作家の評伝的な文章ですが、少し調べた限りこれくらいしかないですね。。。 CiNii 論文 -  評伝奥野他見男--家庭人「他見男さん」を中心に[含 附 奥野他見男年譜・兼著作目録,奥野他見男とその著作に関する先行研究または記述…
RT @satoyamanagain: 一度は絶版となった良書『野生動物管理のためのフィールド調査法』がPDF化されて山形大学リポジトリでダウンロードできる件, 超ありがたい https://t.co/X4dLeTCxOK でもどうしても手元に現物が欲しいので製本しました!!…

フォロワー(1710ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tapa46: @houki38 脊椎動物は尾索動物のネオテニーであるという仮説ですが、あれは古い時代の仮説になります。 尾索動物内の分子系統についてはすでにある程度ゲノム解析の結果があり、 https://t.co/3R4USzHqWs 西野准教授の大学HPに掲載する…
上山安敏/著 「宗教と科学 ユダヤ教とキリスト教の間」 https://t.co/QEu009abgX 「ニーチェのキリスト教・ユダヤ教観」 思想 (919), 122-145, 2000-12 岩波書店 https://t.co/VAfxMAeUzU
CiNii 論文 -  マイケェル・オークショット著「政治における合理主義,その他論集」1962 https://t.co/XeEUGxG6NR #CiNii CiNiiで読める「政治における合理主義」の論文はこれだけか
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染拡大のエンタテインメント分野への影響と支援 https://t.co/viEBQqwayG
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染症と日本経済―家計及び企業部門への影響と政策対応― (PDF: 1133KB) https://t.co/tYRKPVNtbc
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…

27 20 20 0 OA 名流情話

RT @rekishiclub: モルガンはお雪と結婚する前に、婚約破棄された経験があるようです。 その際、今でいうところの慰安旅行に出たところ、日本でお雪と恋に落ちたみたいですね。 真偽はさておき、泉斜汀『名流情話』(蜻蛉館、1917)にモルガンとお雪のエピソードが載っていま…

3 1 1 0 OA 西成郡史

@Daiosakaclub ありがとうございます!というと、ここか!(NDL西成郡史より) https://t.co/YSttkS2XW1 大阪市域編入まだ先なので、昼休みの間にさくっと確認できる地図がみつからないや。 https://t.co/lm79WbifBg
RT @genkuroki: AIC (an information criterion(笑))については赤池さん本人により解説が名調子でわかり易いです。数学抜きで理解不可能な話になっていることにも注意。 https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの…
RT @rei_akao: 国会図書館デジタルコレクションで読める 稲垣甚兵衛『蒐書雑感 : 昭和十一年図書館週間紀念放送』 哈爾濱鉄路局の要職にありながら荒木伊兵衛書店の「古本屋」等にも投稿しているガチの蒐書家。ガリ版で読みにくいけど外地の古本コレクターが気になる人は必見。…
RT @soichiro_sumida: 2年前に執筆した書評が公開されました。 「 壊れゆく資本主義をどう生きるか:人種・国民・階級2.0,植村邦彦・若森章孝著[唯学書房,2017年] 」 季刊 経済理論 55(4) 所収 https://t.co/F2rIg3ggCx
ナマハゲと子供のトラウマの研究。おもしろい。ナマハゲは地域社会の中の文脈に支えられた恐怖体験であるため、トラウマ化しないということらしい。 https://t.co/wtfq386qDv
RT @tadano0406: その遺伝子がその子どもの人生を困難にする可能性があるとしても,その遺伝子をもった子どもの存在自体を認めることができた時に初めて,自分が存在する「意味」を問いかける条件が整ったのではないだろうか。 「女性にとって遺伝的特質を引き継ぐことの意味」…
RT @kawakami_99: たまたまCiNiiを覗いてみたら、藤井先生が森昭の道徳教育論を論じていらっしゃった。勉強になります。https://t.co/sxYETkJo9X
RT @QmHSxpgqThzrxfk: 家康が直接織田家に人質に送られたかどうか、というのが話題になっているので、とりあえず出典論文置いておくなどします ネットで読めるものなので、とりあえず読んだ方が早い 村岡幹生「織田信秀岡崎攻落考証」(『中京大学文学会論叢』1号 201…
家康が直接織田家に人質に送られたかどうか、というのが話題になっているので、とりあえず出典論文置いておくなどします ネットで読めるものなので、とりあえず読んだ方が早い 村岡幹生「織田信秀岡崎攻落考証」(『中京大学文学会論叢』1号 2015年) https://t.co/fGkkftd1vV
RT @mujo_kun: @WgCU1XSQ7Getoyz 研究ノート 『陳十四夫人伝』と『西遊記』の類似について https://t.co/LzT7Y4FbyO この研究ノートを読めば色々わかりそうです!なかなか奥深い芸能なのかもしれません
@akar_ui おもしろい研究がありました。 「なまはげ」風習の臨床心理学的研究 https://t.co/wtfq386qDv

1 1 1 0 北向海流

巡回文庫は、 (1)前出『紅いレース』(14回) (2)島田一男『北向海流』(10回) https://t.co/Zquk8rKidS (3)源氏鶏太集(9回) (4)前出『終着駅』(9回) (5)前出『隠密社員』(9回) →

1 1 1 0 隠密社員

(3)藤木靖子『危ない恋人』(7回) https://t.co/3o0ATY0OxT (4)童門冬二 『隠密社員』(7回) https://t.co/CU2EdhdfDk (5)樹下太郎『紅いレース』(7回) https://t.co/ekNXqUpzbH →

1 1 1 0 紅いレース

(3)藤木靖子『危ない恋人』(7回) https://t.co/3o0ATY0OxT (4)童門冬二 『隠密社員』(7回) https://t.co/CU2EdhdfDk (5)樹下太郎『紅いレース』(7回) https://t.co/ekNXqUpzbH →

1 1 1 0 危ない恋人

(3)藤木靖子『危ない恋人』(7回) https://t.co/3o0ATY0OxT (4)童門冬二 『隠密社員』(7回) https://t.co/CU2EdhdfDk (5)樹下太郎『紅いレース』(7回) https://t.co/ekNXqUpzbH →
奈良交通社内誌『大和路』1965年2月号掲載、社内文庫「日野文庫の利用状況」によれば、1964年6月〜11月の貸し出しトップ5は、 (1)島田一男『終着駅』(9回) https://t.co/u6HgbNixYW (2)左右田謙『県立S高校事件』(9回) https://t.co/vwWiFVZPjX →

1 1 1 0 終着駅

奈良交通社内誌『大和路』1965年2月号掲載、社内文庫「日野文庫の利用状況」によれば、1964年6月〜11月の貸し出しトップ5は、 (1)島田一男『終着駅』(9回) https://t.co/u6HgbNixYW (2)左右田謙『県立S高校事件』(9回) https://t.co/vwWiFVZPjX →

4 3 3 0 OA 苦悶の象徴

RT @kan_ysd: 【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください…

4 3 3 0 OA 苦悶の象徴

RT @kan_ysd: 【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください…

4 3 3 0 OA 苦悶の象徴

【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください。 https://t.co/cE2TOyoRxf
参考文献 薔薇十字とユートピア : 作者としてのJ. V. アンドレーエ 著者: シュルーター, 智子 誌名: 基督教学 https://t.co/4L4u3kMTxU 抄録の要約 ヨハン・ヴァレンティン・アンドレーエ 『化学の結婚』と『クリスティアノポリス』という二つの作品によってその名を後世に残している。
RT @masakazu_kaigo: のぶさん@NISloyola から勧められた論文を読んでいます。僕が高校生の頃に影響を受けた『武士道』の新渡戸稲造の教え子が、神谷美恵子さんの父親だったと。『武士道』を読んで空手してました。 内村鑑三は札幌農学校で新渡戸稲造と同級生。この…
のぶさん@NISloyola から勧められた論文を読んでいます。僕が高校生の頃に影響を受けた『武士道』の新渡戸稲造の教え子が、神谷美恵子さんの父親だったと。『武士道』を読んで空手してました。 内村鑑三は札幌農学校で新渡戸稲造と同級生。この時代のこともっと学びたいな。 https://t.co/Izegulh2dI
近年「再出現」した写本の伝来、法史料をめぐる隣接学問の協力、都市法の成立など興味深い問題が、門外漢にも分かりやすく語られている。面白かったです。 /「講演 リューベック法の体系化 : バルデヴィク写本(1294年)をめぐって」https://t.co/5PvqYZZYEP
中村雄二郎(1967)「制度と社会についての基礎理論・序説」 『哲学』第17号, 115-139頁 https://t.co/IsoVC0h3kT
RT @Theopotamos: 奥野他見男という作家の評伝的な文章ですが、少し調べた限りこれくらいしかないですね。。。 CiNii 論文 -  評伝奥野他見男--家庭人「他見男さん」を中心に[含 附 奥野他見男年譜・兼著作目録,奥野他見男とその著作に関する先行研究または記述…
RT @satoyamanagain: 一度は絶版となった良書『野生動物管理のためのフィールド調査法』がPDF化されて山形大学リポジトリでダウンロードできる件, 超ありがたい https://t.co/X4dLeTCxOK でもどうしても手元に現物が欲しいので製本しました!!…