著者
伊藤 嘉浩 佐藤 洸志
出版者
日本消費者行動研究学会
雑誌
消費者行動研究 (ISSN:13469851)
巻号頁・発行日
vol.20, no.2, pp.2_95-2_120, 2014

<p>本稿では、日本の映画料金に関して、映画館関係者へのインタビューおよび、顧客側へのアンケート調査による、価格反応性分析、PSM法による価格受容意識分析、料金に関するイメージ分析の3つの分析を行い、割引制度などの価格戦略の考えや効果、および顧客の考える価格意識などを明らかにした。これらの結果から、映画料金を透明化して、600円程度まで引き下げることを提言し、飲食物の売上げへの貢献により、利益が増加する可能性を提示した。学術的には、ものの商品にはあまり見られない、アート消費である映画特有の価格反応性や価格受容意識が見られ、特に、映画経験が豊富で、非常に高関与なユーザー層が存在することが明らかになった。</p>

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 14 posts, 22 favorites)

こんな論文どうですか? 日本の映画料金に関する調査分析:─映画館関係者へのインタビューと地方でのユーザーアンケート(伊藤 嘉浩ほか),2014 https://t.co/s8xlmpoDSa
こんな論文どうですか? 日本の映画料金に関する調査分析:─映画館関係者へのインタビューと地方でのユーザーアンケート(伊藤 嘉浩ほか),2014 https://t.co/s8xlmpoDSa

収集済み URL リスト