著者
井手 広康 奥田 隆史
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.59, no.11, pp.2044-2053, 2018-11-15

全自動麻雀卓とは「すべての牌を裏向きにしてかき混ぜ,それらを牌山に積み上げる」という作業を,プレイヤの代わりに自動で行う麻雀卓のことを指す.しかし全自動麻雀卓における牌の撹拌手法(牌のかき混ぜ方)には一定の規則性があるため,牌に偏りが生じている可能性があると従来より指摘されている.そこで本研究では,マルチエージェントシミュレーションを用いて全自動麻雀卓をマルチエージェントモデルとして表現し,シミュレーション結果から牌の撹拌率(牌の撹拌の度合い)について分析した.さらに実機による実験結果との比較を行い,マルチエージェントモデルの妥当性について検証した.An automatic mahjong table is a table which has two functions of agitating all tiles and stacking them up automatically. However, it is pointed out for a long time that there is a possibility that tiles are biased because of certain rules to agitate tiles on automatic mahjong tables. Therefore, in this study, we modeled an automatic mahjong table using multi-agent simulation, and analyzed the degree of bias of tiles in the automatic mahjong table. Furthermore, we veried the validity of the model by comparing two results of an actual machine and a multi-agent simulation.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

面白そうな論文見つけてわろてるhttps://t.co/wGUN1wKSPV

収集済み URL リスト