著者
上間 篤
出版者
名桜大学
雑誌
名桜大学紀要 (ISSN:18824412)
巻号頁・発行日
no.14, pp.1-10, 2008

千代金丸と称される琉球王朝ゆかりの貴重な刀剣が今に伝世する。史書を参照すれば、この刀の本来の所有者は、三山時代の終焉期に今帰仁勢力を率いた攀安知であったことが判る。ところが、攀安知とその勢力の氏素性の観点から、千代金丸の来歴に言及した論考はいまだ皆無に等しい。興味深いことに、近年今帰仁城跡及びその周辺域から出土した考古学史料には、元朝に仕えて江南地方の経営と治安維持に奔走した西域出自の騎馬軍団との繋がりを反映する文物が数多く含まれている。本稿では、騎馬文化との関わりを傍証するこれらの考古学史料を拠り所にして、片手持ちの拵えを特徴とする千代金丸の来歴の真相に迫る。There exists an outstanding sword named Chiyokanemaru, which is well known for its intimate connection with the first and second royal families of the unified kingdom of the Ryukyus. However, as history tells us, the sword was originally in the possession of Han Anchi, who once led the medieval militant force of Nakijin prior to the advent of a unified kingdom in Okinawa. Some features of Chiyokanemaru, especially its single-handed hilt and its thin and gracefully curved blade, suggest strongly that the sword has no connection whatsoever with the Japanese art of sword -smithing. Interestingly, the archeological record featuring some major characteristics of the medieval force of Nakijin reveals that the realm of predecessors of Han Anchi in Nakijin retained a certain ethnic and cultural heritage from the Alan Christian cavalry unit serving the Mongolian government in southern China in the Yuan Era. This paper intends to reconstruct a clearer image of the origins of Chiyokanemaru by examining its features from the viewpoint of the archeological finds mentioned above.

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 -  千代金丸の来歴を探る https://t.co/CYegflZdbs #CiNii あとで読む
こんな論文どうですか? 千代金丸の来歴を探る(上間 篤),2008 https://t.co/2YA5ZzVUb5 千代金丸と称される琉球王朝ゆかりの貴重な刀剣が今に伝世する。史書を参照すれば、この刀の本来の所有者は、三山時代の終…
こんな論文どうですか? 千代金丸の来歴を探る(上間 篤),2008 https://t.co/2YA5ZzVUb5 千代金丸と称される琉球王朝ゆかりの貴重な刀剣が今に伝世する。史書を参照すれば、この刀の本来の所有者は、三山時代の終…

収集済み URL リスト