著者
松浦 隆志
出版者
湊川短期大学
雑誌
湊川短期大学紀要 (ISSN:13496743)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.75-78, 2008

In this paper, the author deals with the theme of masculinity/feminity. Firstly, feminism and men's studies are reviewed. Secondly, the author interviews GID(Gender Identity Disorders) people. One of them says, "Whoever we are, the point is humanity." Thirdly, the author interviews a woman who loves actresses acting as man in the TAKARAZUKA. She says, "Actresses are more attractive than real men." They have, so to speak, the androgynious beauty. In conclusion, the point lies not in masculinity/feminity, but in humanity. Humanity is soul's beauty.
著者
金 〓志 西条 寛平 瀬尾 充 松浦 隆志 一宮 仁 相島 慎一 松本 主之 飯田 三雄
出版者
Japan Gastroenterological Endoscopy Society
雑誌
日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy (ISSN:03871207)
巻号頁・発行日
vol.51, no.6, pp.1431-1436, 2009-06-20
参考文献数
23
被引用文献数
1 or 0

症例は50歳,男性.タール便を主訴に来院し,上部消化管内視鏡検査で十二指腸下行部傍乳頭部に長径約20mmの広基性ポリープがみられた.観察時にポリープ表面より出血したため,止血術を施行した.再出血の可能性とVater乳頭口側3mmの近傍に位置していたことから,開腹下の外科的粘膜切除術で治療した.家族歴,消化管外徴候,消化管の他病変がないこと,および切除標本の病理組織所見から,孤在性Peutz-Jeghers型ポリープ(以下PJ型ポリープ)と診断した.十二指腸のPJPは比較的少なく,本例は広基性を呈した点で稀と思われた.