6 3 0 0 OA 常在戦場

著者
米内光政 述
出版者
大新社
巻号頁・発行日
1943

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

真珠湾での体当たりについては他の回答者の皆様が言われる通りで自発的な体当たりでいわゆる『特攻』とは違うものです。 カネオヘ基地の格納庫(もしくはその近隣の路上)に零戦で体当たりした蒼龍所属の飯田大尉、水上機母艦カーティスに99式艦爆で体当たりした蒼龍艦爆隊の丸山三飛曹.桑原二飛曹はいずれも対空砲火により損傷し母艦への帰還が困難という判断の下の行動でした。 従って搭乗員の自由意志であり、そこ ...

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

山本五十六自身、「パイロットは、軍艦でいえば艦長みたいなもの。艦長が艦と運命を共にするのは当然。だからパイロットが機と運命を共にするのも何もおかしくない。体当たり戦術は絶対やる」と戦前から言っていた…ようではある。…この本は山本死… https://t.co/68CFsN3uKg

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 1 contributors)

編集者: こぐ
2016-12-15 22:33:19 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト