著者
信夫淳平 著
出版者
丸善
巻号頁・発行日
vol.第2巻, 1941

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

事実がどうか、ではなく、戦時国際法に照らしてどうなのか、と言う話と理解します。 まず、いわゆる「南京大虐殺」の約6年前の第一次上海事変時点での日本の国際法学者信夫淳平の認識をご紹介します。(信夫淳平は外務省出身で、国立公文書館アジア歴史資料センターに彼の論文が保管されているように、政府内でもそれなりの権威だったと思われます。) 『上海戦と国際法』(信夫淳平著・昭和7年9月)からの引用 ...
ご質問は、中国で日本軍がやった事を「非戦闘員と戦闘員の区別がつかないから仕方なかった」と思っている人に対してのものではないか、と勝手に考えており(違っていたらスミマセン)、私自身は『そう思っている人』ではありませんし、戦時国際法にそれ程詳しい訳でもありませんが、回答させて頂きます。 ハーグ陸戦法規の考え方は、「命令系統が存在する事」、「遠くから兵士である事がわかるようにする事」、「兵器を ...

Twitter (7 users, 8 posts, 5 favorites)

@jupiterthunder_ @Ron82794189 @mgdagmpavmgd @__Koto__AI @fab4wings @Bo_San_2D @ZF_phantom @amphitrite1234… https://t.co/0LOjK5vKXP
@beruhaneko5 @DMF31S_370ps @yukon453 @jupiterthunder_ @kurokisi5121 @so_nice315 @tim123456789021 @Michael65721791… https://t.co/1fojnKOb8Y

収集済み URL リスト