5 1 1 0 OA 木戸孝允文書

著者
木戸公伝記編纂所 編
出版者
日本史籍協会
巻号頁・発行日
vol.第3, 1931

言及状況

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

小原鉄心が明治2年以前に詠んだ詩に、「明月蘆花秋一般」という語を含む詩はあるか。

Twitter (4 users, 6 posts, 8 favorites)

明治元年閏四月四日 木戸→広沢宛 https://t.co/ucnpci0PwF 宇都宮邊賊徒掃撃の後は慶喜先鋒論江東新平より岩卿へ可申上候儀可有之候に付(中略)爰元にては三人之ものは同論に御座候 これ後藤さんと小松さんも一緒に話し合ってたのね #メモ
さっきの木戸孝允から都知事(大木喬任)への手紙 https://t.co/FAOZ4Ok1jq
http://t.co/pOoYmk5Xdz 何度も言ってる気がするけどこの民部・佐々木宛の手紙の >尚々弟等余儀情実諸事不悪様奉願候。且また「聞多」義も短急の性質に付、 総て御存分に無御隔意御叱正被為遣候様於弟も奉願候。敬白。 が貯まらなく好き。準一郎お母さん…!
あと、某サイトさまで紹介されてた手紙で出てました。 http://t.co/Q0r5Ur4ox7 慶応四年年四月八日 お母さん「聞多は短急な性質ですので、存分に叱ってください ><」

収集済み URL リスト