7 0 0 0 OA 映画年鑑

著者
日本映画協会 編
出版者
日本映画協会
巻号頁・発行日
vol.昭和17, 1943

言及状況

Twitter (5 users, 13 posts, 5 favorites)

Wikipediaの記述の出典を見ると、日本映画協会発行の『映画年鑑 昭和17年版』 https://t.co/cB7Dh9JDTA (コマ番号272)の日比谷日活館の住所が「芝區田村町一ノ四」であることだけのようで...
戦争の始まった1942年の資料によれば、北海道の映画館は75館とある。10年前と比べて46館減っている。札幌市内の9館はこの10年間は変わらないが、1961年には50館になっている…大阪296京都71神戸83名古屋130には及ばぬが。 http://t.co/ytPuQ9rXed
1942渋谷 : 渋谷花月(上通4-9)、渋谷日活館(同3-5)、東横映劇(同3-23-1)、東横ニュース(同2-17)、渋谷松竹(神宮通1-1)、銀星座(同地下)、渋谷キネマ(円山町17)、聚楽座(同18)、道玄坂映劇(栄通1-5) http://t.co/NJ64eq4wWh
第二次世界大戦が始まったころの渋谷周辺の映画館は、上通り(宮益坂-道玄坂)の渋谷花月劇場、渋谷日活館、東横映画劇場、東横ニュース劇場、神宮通りの渋谷松竹と同地下の銀星座、円山町の渋谷キネマと聚楽座、栄通りの道玄坂映画劇場であった。 http://t.co/NJ64eq4wWh
1942年千葉県における千葉興行(臼井荘一)の覇権にも眼を見張る。千葉市の千葉演芸館、千葉新興館、現存する千葉劇場、船橋市の宮下館と船橋新興館、市川市の市川松竹館、銚子市の調子演芸館。臼井は当時千葉市議、戦後衆院議員、総理府総務長官。 http://t.co/L0oFADsXLl
1942年川崎市内の美須系以外の映画館は7館。堀之内の川崎遊楽館、南幸町の進興館、大島町の田島常設館、川崎国際の前身と思われる京浜映画劇場、松竹直営の川崎館と中原松竹映画劇場、都内にもかなりの数の映画館をもつ小林喜三郎の川崎帝国館。 http://t.co/y4ut8dpQNM
1942年川崎市内の映画館がすでに14館もあることを知る。そのうち半数の7館をすでに美須興行部(現在のチネチッタ)が経営している。川崎ニュース劇場、川崎映画劇場、川崎昭和館、銀星座、川崎東宝第一劇場、高津映画劇場、浜川崎ニュース劇場。 http://t.co/y4ut8dpQNM
『映画年鑑』昭17( http://t.co/T4wlcrtED2 )の275コマに意外なものを発見して頭を抱えている。従来、成子坂には1つしか映画館がなく、それが不二館(1920-30年代)⇒成子映画劇場(1950年代)と変遷したと思っていたが、隣接した2か所に映画館があった。
@kmrtwit 戦前の「新宿劇場」は歌舞伎町ではなく、角筈1-1にあったようです。映画年鑑 昭17(http://t.co/Anw6ieekqn)の275コマにあります。武蔵野館ほか6館も同じ住所ですが。参考地図 http://t.co/hC8quCOsTh
【国会図書館がウェブ公開する書籍2】 『日本映画年鑑 大正十三・四年度』(1925年) http://t.co/9wuT4TitBn 『映画年鑑 昭和十七年』 http://t.co/GE1miagv04 『映画年鑑 昭和十八年』 http://t.co/NPbBSYqtpo

Wikipedia (2 pages, 3 posts, 3 contributors)

編集者: Tamrono157
2015-08-18 00:50:48 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト