3 2 0 0 OA 書斎感興

著者
徳富猪一郎 著
出版者
民友社
巻号頁・発行日
1928

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

「予の書斎は、書冊狼藉たる、従前漢学私塾の寄宿舎を聯想せしむるもの。芸術的、審美的の趣味の発揮所たる、文士、学者の書斎とは、固より同一視す可きものではない。」 「然も予は其中に起伏し、其中に読書し、其中に」 蘇峰『書斎感興』(民友社、昭和3)自序 国会デジコレhttps://t.co/dHQ3IbDqqG https://t.co/vl02rPchGV
本人の辯明。「記者が笑止千萬の字を用ひたのは、古文書に屡ば此の文句に逢着し、特に之を弔問などの場合に用ひたる例を記憶し。且つ現在その通りに九州地方にては、使用しつゝあるを知りたるが爲めであつた。」https://t.co/2NRwO0WihL蘇峰徳富猪一郎『書齋感興』民友社1928「頼山陽と笑止千萬」p.122

収集済み URL リスト