3 1 0 0 OA 荷風随筆

著者
永井荷風 著
出版者
中央公論社
巻号頁・発行日
1933

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 1 favorites)

「妙」と書いたつもりです。 https://t.co/X4anyAhw6Z
「書を読みて古人の言行おのれに似たるものあるを知るや、会心の喜びおのずから禁ずべからざるものあるを覚ゆるなり。読書の興趣の到底他に比すべきものあらざるは、けだしこの会心の喜びあるがためならずや。」(永井荷風「葷齋漫筆」) https://t.co/JipNcsQvZn
「読書に二様あり。一は学ばんがために読み、一は娯しまんがために読む。一は蛍雪の苦しみをいとわず。一は置炬燵のあたたかきを欲す。苦学の勧めは古文真宝を見て知るべく、遊戯の読書は柳樽を開いて顔に一冊屋根を葺きのごとき妙句に興ずれば足るべし。」(永井荷風) https://t.co/X4anyAhw6Z
「先考の冢墳は北豊島郡雑司ヶ谷の墓地に在り。…石には永阪石埭書するところ禾原先生墓の四字を刻み、傍らに紫薇蝋梅各一株を植えたり。これ先考のかつて清国江蘇より携え来られし遺愛の花木たり」(永井荷風「葷齋漫筆」)。 https://t.co/tu3ccGP6xI
のである。」と記されていますが、大正の頃にはもう霞網が主になっていました。 徳田秋聲『鶫の羮』(国立国会図書館デジタルコレクション): https://t.co/kQelmc1mPi 永井荷風「巷の声」(同上): https://t.co/Bb8CA0Xiid

収集済み URL リスト