3 2 0 0 OA 迷彩と偽装

著者
宮下孝雄 著
出版者
成武堂
巻号頁・発行日
1943

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 3 favorites)

@has_k80 こんにちは。これ、おそらく装備に使われた塗装に対して軍服や国民服に使われた「国防色」の範囲が広すぎたのが原因だと思います。昭和18年発行の『迷彩と偽装』という本には、そもそも生地の色調がバラバラで「ほとんど鶯色と… https://t.co/f1viX0AmZ9
FMさん向けの文を書いてて思い出したのがこの「迷彩と偽装」(昭和18年)。流石に自国の迷彩塗装については全く書かれてないが、迷彩の起源から理論、技法に至るまでを詳しく記載している他、国防色についても一章を割いている。 https://t.co/9I3UmJqLUN
@madpilla 衣服における国防色の色味のバラバラさに関しては「迷彩と偽装」でも取り上げられてますね。 https://t.co/fJFCc000wM

収集済み URL リスト