言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (1127 users, 1285 posts, 750 favorites)

@deguchi_yukio @feedback515 @yosinagakoyuri 警視庁『大正大震火災誌』(1925)より https://t.co/yzAPCDdESK https://t.co/X0wt42ShK6
φ(.. ) 大正大震火災誌 https://t.co/xG3zusAwrj
@suteneko0709 @kissaka 下記アドレスが大正大震火災誌のアドレスとなります。国会図書館蔵かつ、当時の警視庁が記し、巻頭に陛下の詔を戴いた書であるので、信憑性は充分かと思われます。 https://t.co/NLxhudePf7
@syamrockitoh @unspiritualized @W6irlJaF7TPrPhm @capricen24 @lOOzNOTKKrHY0KX 横からですが置いてきますね https://t.co/RvRSiFWfV7
@cAq1bqhNKtqTu0C @thesupercager @Medicis1917 @tsuda こちらご覧になれますか?1925年出版の警視庁の大震災報告書です。件の事が「流言」であったと記載されています。https://t.co/M0CWcP5NPC
国立国会図書館デジタルコレクション - 大正大震火災誌 #SmartNews https://t.co/l7sZIjYTFM
@ecoyukko アーミテージソロスの傀儡やめなさい;在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言 https://t.co/KOiV9BMM8R … 慰霊の実質的妨害すら許可する小池都知事の行為は言語道断
関東大震災の際に在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言しています。 https://t.co/bnybdHJyPz その事実を否定するばかりか慰霊の実質… https://t.co/GXpRkcHYyW
猫さん宛て(=猫目にゃーにゃーさん宛て)。付け足し。    さん、簡略なの何かごめん、コマ番号802( https://t.co/5N0wPS251J )の左側のページも面白いです、朝鮮人を保護するのを見て、警察は暴徒に味方してるといって、署長を暗殺すべきだと称する者がいたとか。
@mamoru_shiori3 https://t.co/XDCk7D4mOP https://t.co/RJkdIvS5lo
@mamoru_shiori3 https://t.co/gbandUn9VK https://t.co/Y9a9Nb8fKo
@mamoru_shiori3 そして淀橋警察署の「9月2日午前10時頃『今回の火災は鮮人と主義者との放火に起因するものなり』との流言あり」、 https://t.co/yJn06YvByI … https://t.co/QcroYYSjFi
@mamoru_shiori3 これに次ぐのが小石川富久警察署の「2日午前7~8時頃に至りて、鮮人放火の説 漸く管内に喧伝せられ、大塚火薬庫襲撃の計画を為すものありとさへ称するに至る」、… https://t.co/q3Zkz0NK3a
@mamoru_shiori3 「鮮人の放火」デマに関する記述で一番早いものは、ざっと見たところ、淀橋警察署戸塚分署の「2日未明に至りて鮮人放火の流言 始めて起る」だろう。 https://t.co/6ilZcsLdso https://t.co/27Vw92K8Ef
@mamoru_shiori3 警視庁本庁の記述では、すでに9月1日午後3時ごろから「社会主義者および鮮人の放火 多し」というデマが流れたことになっているが、このデマについてはどこの警察署の活動報告にも記述がないのである。 https://t.co/zuCOSOwJdS
警視庁本庁の記述では、すでに9月1日午後3時ごろから「社会主義者および鮮人の放火 多し」というデマが流れたことになっているが、このデマについてはどこの警察署の活動報告にも記述がないのである。 https://t.co/zuCOSOwJdS
@mamoru_shiori3 https://t.co/U4Xabiioqb https://t.co/e5A8X9qKeY
@mamoru_shiori3 https://t.co/vOThRFfaOf https://t.co/iauulxTWjN
@mamoru_shiori3 https://t.co/4qJuPu9uNs https://t.co/GSrY6mcRmv
@mamoru_shiori3 https://t.co/zuCOSOwJdS https://t.co/rEjKrsn35A
@mamoru_shiori3 「単に警察力のみにて安寧秩序を維持することの困難なるをさとり、ついに近衛師団長に出兵を要請するとともに臨時警戒本部の組織を定め、官房各部をして常務のほか非常任務の遂行に努力せしめたり。臨時警戒本部の… https://t.co/STlSoLcaJO
麹町麹町警察署 デマの内容・日時については記述なし。 「9月3日、管内自警警戒中の一青年は不逞鮮人と誤認して通行の同胞を殺害せしが、犯人は直ちに之を逮捕せり。」 https://t.co/IZleW0MOQf https://t.co/1AmQ2Z56am
警視庁本庁の記述では、すでに9月1日午後3時ごろから「社会主義者および鮮人の放火 多し」というデマが流れたことになっているのですが、 https://t.co/zuCOSOwJdS https://t.co/j1YPky9nV7
「官房各部をして常務のほか非常任務の遂行に努力せしめたり。臨時警戒本部の組織を挙ぐれば左のごとし。」 https://t.co/CWQEGlJHeY https://t.co/j55VFWFoL0
https://t.co/CWQEGlJHeY https://t.co/iTAm7EoAJ1
@mamoru_shiori3 「不逞の徒のこれに乗じて不穏宣伝を試みるの余地なからしむる等、苦心おおかたならず。」 https://t.co/UdWSn3o0Vw
@mamoru_shiori3 警視庁『大正大震火災誌』(1925年)より https://t.co/UdWSn3o0Vw https://t.co/YiUPDDkpAT
炊き出しの配給ならびに給水のことを開始せしが、この日の夕 赤池総監は東宮御所に伺候して管下の形勢を言上せり。」 https://t.co/CWQEGlJHeY https://t.co/XmV6LE2XCL
消失前の警視庁 https://t.co/Hkr0dMNhGm https://t.co/dJxH88bESw
「震災当時の幹部 警視総監 赤池 濃 警務部長 馬場 一衛 刑事部長 木下 信 官房主事 正力 松太郎 衛生部長 小栗 一雄 消防部長 緒方 雄一郎 保安部長 笹井 幸一郎 https://t.co/Hkr0dMNhGm https://t.co/Y5MhJCrrEi
官房各部をして常務のほか非常任務の遂行に努力せしめたり。臨時警戒本部の組織を挙ぐれば左のごとし。 https://t.co/CWQEGlJHeY https://t.co/gZQt1xqTL1
https://t.co/6ilZcsLdso https://t.co/zsT2xHRkfO
いやいや、なんのことはない。警視庁編『大正大震火災誌』のもっと先のところに、はっきりとこんなことが書かれていた。 https://t.co/CWQEGlJHeY https://t.co/qi40YKjcnH
下の画像のように、デマは9月1日の発災直後から広がったと警視庁は同書に記しているから(この点については疑問もあり、それは後述するが)、 https://t.co/zuCOSOwJdS https://t.co/hNRHUJxNQO
「不逞の徒のこれに乗じて不穏宣伝を試みるの余地なからしむる等、苦心おおかたならず。」 https://t.co/UdWSn3o0Vw https://t.co/5dHN4KBcfv
警視庁『大正大震火災誌』(1925年)より https://t.co/UdWSn3o0Vw https://t.co/5dHN4KBcfv
戒厳発令の言いだしっぺである赤池警視総監のもとで、正力松太郎は総監官房主事を務めていた。 警視庁 編『大正大震火災誌』(1925年) https://t.co/Hkr0dMNhGm https://t.co/88G1wHfl3f
@3150takumi 人々は「不逞鮮人が放火している」「不逞鮮人が爆弾を投げている」「鮮人を捕まえて警察に突き出せ」という意味に受け取っても不思議はありません。 https://t.co/cBeRzcbpjf https://t.co/15eAOFi3Tk
@3150takumi 「二、火災警戒を周到ならしむること。 三、盗難警戒を周到ならしむること。 四、不穏計画およびその他不逞者の諸計画を厳密 取り締まること。 五、救護を敏速に遂行し、市役所および軍隊との連絡を密接ならしむること… https://t.co/8ijm6gs74B
@3150takumi 「第六、警戒救護に関する応急命令 この時にあたり本庁・各署間の通信機関たる電信・電話 すでに普通となれるがゆえに、馬場警務部長は応急の手段として田邊・泊 両監察官を各署に派遣し、臨機の指揮に当らしむるととも… https://t.co/ZSsNvRLWeg
@3150takumi 警務部長 馬場一衛 https://t.co/rnShAOy1mL 41/871コマより https://t.co/88G1wHfl3f
@3150takumi 警視庁編『大正大震火災誌』では発災直後の警視庁の対応をこのように記しています。 https://t.co/rnShAOy1mL 199~120/871
@3150takumi 「9月5日、正力主事・馬場警務部長の連名をもって各所に指示」とか「同11日さらに正力官房主事より通牒を発し」とかは、9月1日の発災直後から広がったデマよりも後の話ですが、… https://t.co/UidR4SWhLE
@3150takumi 「不逞の徒のこれに乗じて不穏宣伝を試みるの余地なからしむる等、苦心おおかたならず。」 https://t.co/rnShAOy1mL 386/871コマ https://t.co/5dHN4KBcfv
@3150takumi 警視庁『大正大震火災誌』(1925年)より https://t.co/rnShAOy1mL 386/871コマ https://t.co/5dHN4KBcfv
@3150takumi 戒厳発令の言いだしっぺである赤池警視総監のもとで、正力松太郎は総監官房主事をしていました。 警視庁 編『大正大震火災誌』(1925年) https://t.co/rnShAOy1mL 41/871コマより https://t.co/88G1wHfl3f
同書 https://t.co/rnShAOy1mL 第790~792画面 https://t.co/ZJ55mnBySu
他の多数収容者に波及せんと至りしかば、軍隊は最後の手段として兵器を使用するの必要を感じ、ついに彼らをして死に致らしめたり。 https://t.co/rnShAOy1mL 387/871コマ 警視庁編『大正大震火災誌』(1925年) https://t.co/6UCcUT7uFS
情勢ますます険悪を加え、たまたま同四日の夜、鮮人中、鮮語をもって何事か呶号するものあるや、川合義虎ら数名これに和して革命歌を謳い、煽動的言辞を弄し、 https://t.co/rnShAOy1mL 387/871コマ https://t.co/6UCcUT7uFS
https://t.co/rnShAOy1mL 89/871コマ https://t.co/Odc984VbAM
この種の「暴動符号」に関する怪情報については、既に九月六日の時点で警察もデマであることを突き止めて宣伝文を出していることが、警視庁編『大正大震火災誌』から確認できる。 https://t.co/rnShAOy1mL … 356/… https://t.co/8nyCL2YCsb
同書 https://t.co/rnShAOy1mL 第790~792画面 https://t.co/ZJ55mnBySu
他の多数収容者に波及せんと至りしかば、軍隊は最後の手段として兵器を使用するの必要を感じ、ついに彼らをして死に致らしめたり。 https://t.co/rnShAOy1mL 387/871コマ 警視庁編『大正大震火災誌』(1925年) https://t.co/6UCcUT7uFS
情勢ますます険悪を加え、たまたま同四日の夜、鮮人中、鮮語をもって何事か呶号するものあるや、川合義虎ら数名これに和して革命歌を謳い、煽動的言辞を弄し、 https://t.co/rnShAOy1mL 387/871コマ https://t.co/6UCcUT7uFS
同書より https://t.co/rnShAOy1mL 88/871コマ https://t.co/E0d1a8yFpn
かかる折りしも、南葛労働会員 川合義虎ほか九名は、…人心を撹乱すること甚だしきをもって、同月三日夜十時ころ、数名の警察官を派遣して同人らを亀戸警察署に検束せり。 https://t.co/rnShAOy1mL 387/871コマ https://t.co/6UCcUT7uFS
https://t.co/rnShAOy1mL 387/871コマ https://t.co/6UCcUT7uFS
南葛労働会員 川合義虎ほか九名は、…人心を撹乱すること甚だしきをもって、同月三日夜十時ころ、数名の警察官を派遣して同人らを亀戸警察署に検束せり。 https://t.co/rnShAOy1mL … 387/871コマ https://t.co/6UCcUT7uFS
警視庁 編『大正大震火災誌』(1925年) https://t.co/rnShAOy1mL 41/871コマより https://t.co/88G1wHfl3f
不逞の徒のこれに乗じて不穏宣伝を試みるの余地なからしむる等、苦心おおかたならず。 https://t.co/rnShAOy1mL … 386/871コマ https://t.co/5dHN4KBcfv
警視庁『大正大震火災誌』(1925年)より https://t.co/rnShAOy1mL 386/871コマ https://t.co/5dHN4KBcfv
警視庁 編『大正大震火災誌』(1925年) https://t.co/rnShAOy1mL 41/871コマより https://t.co/88G1wHfl3f
不逞の徒のこれに乗じて不穏宣伝を試みるの余地なからしむる等、苦心おおかたならず。 https://t.co/rnShAOy1mL 386/871コマ https://t.co/5dHN4KBcfv
警視庁『大正大震火災誌』(1925年)より https://t.co/rnShAOy1mL 386/871コマ https://t.co/5dHN4KBcfv
@shiikazuo @koike_akira @tamutomojcp 同書 https://t.co/rnShAOy1mL 第790~792画面 https://t.co/ZJ55mnBySu
◎急告 不逞鮮人の噂 盛んなるも 右は多くは事実相違し 訛伝に過ぎず 鮮人の大部分は順良なる者に付き 濫りに之を迫害し暴行を加ふる等 之無き様 注意せられたし 九月三日 警視庁 https://t.co/rnShAOy1mL 第8… https://t.co/xY06HUbOZd
@shiikazuo @koike_akira @tamutomojcp 警視庁『大正大震火災誌』(1925年)より https://t.co/rnShAOy1mL 387~390/871コマ https://t.co/5dHN4KBcfv
@AmyakaHELLCAT 国会図書館所蔵の警視庁編『大正大震火災誌』(1925年)の写真に鉛筆で丸印を付けたのは私ではありません。 https://t.co/Hkr0dMNhGm 41/871コマ 48/871コマ… https://t.co/H440SkO8Y1
国会図書館所蔵の『大正大震火災誌』の「警視総監 赤池濃」と「官房主事 正力松太郎」の名前に鉛筆で丸印付けたのだれ? これ「流言蜚語」の発信源の印かな。 https://t.co/Hkr0dMNhGm 41/871コマ https://t.co/0ctf6hT9VL
@lp_announce 警視庁『大正大震火災誌』(1925)より https://t.co/rnShAOy1mL https://t.co/B6al1VqNEh
@katjesphile https://t.co/M2hJQMfzu5 https://t.co/XYshTbaxIf
@katjesphile https://t.co/M2hJQMfzu5 https://t.co/XYshTbaxIf
国会図書館所蔵の『大正大震火災誌』の「警視総監 赤池濃」と「官房主事 正力松太郎」の名前に鉛筆で丸印付けたのだれ? これ「流言蜚語」の発信源の印かな。 https://t.co/Hkr0dMNhGm … 41/871コマ https://t.co/y1aBMTI3cS
@ResistBigBroAbe これでしょうか。 https://t.co/Ap0uUEWzpb 震災当時の幹部 官房主事 正力松太郎 https://t.co/2r4E5anIpF 震災後に発生した虎ノ門事件の警護責任を問… https://t.co/IIcpCNYTH0
@yamanekofuku @CanUCem 『掠奪ヲ行イ、婦女ヲ辱シメ、残存建物ヲ焼毀セントスルナド、暴虐甚ダシキヲ以テ、全市ノ青年団、在京軍人団等ハ、県警察部ト協力シテ、之ガ防止に努力セリ」(横浜方面ヨリノ避難者ノ流言)』 https://t.co/jnuCjAIo3M
巻頭には(恐れ多くも)詔書を引用し、各署の活動や人員配置、殉職者名、写真や地図もある詳細な記録。当時の警視庁が虚偽報告したとは考えにくいです。 流言発生に対する警戒措置、朝鮮人の保護収容、自警団の取締りなどはp124以降… https://t.co/d4mwl0B0M2
「署長 警視 古森繁高」の名による以下のような総括文書が掲載されている。 https://t.co/rnShAOy1mL 第790~792画面 https://t.co/ZJ55mnBySu
「第五十七章 亀戸警察署」として https://t.co/rnShAOy1mL 第38画面 https://t.co/vrBRy9rJdQ
同書の p.1340~p.1345 には、「第二編 警察署の活動」の https://t.co/rnShAOy1mL 第36画面 https://t.co/4xMnncQmiv
この古森繁高の写真は1925年に出版された警視庁編『大正震災誌』に載っているものだが、 https://t.co/rnShAOy1mL 第48画面 https://t.co/GklUTzCRJF
警視庁編『大正大震火災誌』は、関東大震災時における東京都内の記録。 画面左上の「目次・巻号」をクリック。「第二編 警察署ノ活動」で警察署ごとの記録がまとめられ、その各章に「流言及び自警団の取締」という項目が立てられている。 https://t.co/ZXlAn1nIye
@shikifuu @kaminoishi  全て罹災による死者ではないようですよ。殺害人数に関しては、https://t.co/mZTZcEnP9yを 自警団の経緯は警視庁の報告書がありますので、こちらをご覧下さい。 https://t.co/cN46xmbDke
【資料】 警視庁『大正大震火災誌』 http://t.co/FLrRHak7IU 「国立国会図書館デジタルコレクション」所収

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

収集済み URL リスト