6 4 0 0 OA 秘書類纂

著者
伊藤博文 編
出版者
秘書類纂刊行会
巻号頁・発行日
vol.〔第19巻〕, 1936

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 12 posts, 13 favorites)

@Tsumura_Keisuke ソースはこちらになります。 https://t.co/9yIVElgCLH コマ番号140  一行目 現代の男系論の困ったところは政治的配慮である男系縛りを、あたかも血統観念というドグマが存在し… https://t.co/t0G98jp1ej
@karayan13z @nomorepropagand @KadotaRyusho @k_yamak 横から失礼しますが明治時代に男系男子縛りする時の議論に、男系男子に限定する理由として傍点付きで強調され出てきます 「男を尊び… https://t.co/6d44Sw2zD9
@RyuichiYoneyama 明治の男系縛り議論では今でいう「男系だけが正しい血統」と言う男系皇統論なんてありませんでした。 https://t.co/9yIVElgCLH コマ番号140  一行目 「男系男子反対派は血統を… https://t.co/pDv0mC7T0y
https://t.co/9yIVElgCLH コマ番号140  一行目 「女系容認派は血統を重んじてるだけだ!」 >(男系男子)反対論者の口実とするところは女帝を立つるは血統を重んずるなりと云ふに過ぎず 明治の男系論… https://t.co/xvWKb3LjLu
明治の男系論 https://t.co/9yIVElgCLH コマ番号140 1行目 「女系派は血統を重んじてるだけだ」 (男系男子)反対論者の口実とするところは女帝を立つるは血統を重んずるなりと云ふに過ぎず) でも君主は男が… https://t.co/nzhrJ2Ifa1

収集済み URL リスト