著者
紅玉堂編輯部 編
出版者
紅玉堂書店
巻号頁・発行日
1924

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 2 favorites)

これを見ると、意味の核となる部分は同じ様なカンジ。いや「実態があるのかないのか分からない」ぐらいかな。 多分、これよりも前に、そういう物に「幽霊」を付ける例があるハズ。 本は国立国会図書館デジタルコレクション… https://t.co/ByMIGmgKEZ
@nikkei_kotoba 何を指して「一般的」と呼ぶのかは難しいですね。 https://t.co/9qVYtIPSSY 『活用現代新語辞典』1924 https://t.co/QUbqTfiIcx

収集済み URL リスト