岡島昭浩 (@okjma)

投稿一覧(最新100件)

3 1 1 1 OA 七死刑囚物語

鴎外が後に見つけたロシアのレオニド・アンドレーエフの作品の相馬御風による訳「七死刑囚物語」(大正2年) https://t.co/dUg0noVRJX 「鼻をほじくっていた」ヤンソンは「殆んどロシヤ語は知らなかった」"エッソニア"… https://t.co/EjejElkYQ4

1 1 0 0 OA 音韻啓蒙 : 2巻

見返しには敷田年治とあるものの、刊記にも内題の下に「敷田耕造」 国会本も https://t.co/PmFoEWXpa9 早稲田本も https://t.co/5UlV5PsfQO 「敷田年治」になっています。 https://t.co/K2jN62KLsK
@tmogi_nichibun 『日本語大事典』『日本語学大辞典』でも載ってないですね。 文献は、1995年には、 https://t.co/1devZbmzKm これもありましたが、私も入手に手間取りましたし、日本語学界では、あ… https://t.co/0O57KJtq4m
悉曇三密抄 https://t.co/L0W8WDV2rI 「さんみつ」で変換すると、「身密・口密・意密」「身口意」が出ることに気づいた。昔、なにかの辞書を一括登録した時に付いてきたものかな。「身語心」は出ないみたい。

2 1 0 0 OA 謡注甲集

題簽も内題も無いけれど、「謡抄」の中本刊本であるようだ。 「蟻通」の「清少納言枕草子」に「マクラザウシ」の振り仮名がある。ノが入らぬのが古形と聞くが濁点つき。 古活字本に振り仮名はないけど、その書き込みとか写本とかで、振り仮名があ… https://t.co/r6TvRo9uf2
@NIJL_collectors ありがとうございます。 「劑」、なるほど。 https://t.co/9KDGwUgH3D 「齊」

8 1 0 0 OA 魁本大字類苑

『魁本大字類苑』へのリンクを貼り忘れていました。 国会デジタルコレクションにあります。 https://t.co/6d65mgRRcj 雄山閣の「江戸時代を読むあて字大辞典」が、知られているでしょうが、… https://t.co/zBEaWePbP2
@toueiriusui @JUMANJIKYO 仰しゃる通り宋完植です。 上記のCiNiiBooksと https://t.co/hM4XKE51ev こちらの誤りをコピペで継承してしまってました。 御指摘ありがとうございます。
菊池三渓「訳準綺語」八犬伝とか。 https://t.co/bFF6EeAtpY https://t.co/mzlokJ37lB
@nonomaru116 韓国の玉篇に日本の字音を取り入れたものも、この本に始まるとは限らないわけですし、日本の字典だけではなく、この手のを見る必要がありますね。 https://t.co/sbHdv2DMJG 韓国歴代字典叢書というのがあるのを、先程知りました。
宗完植編『最新/日鮮大字典』東洋大学堂(京城) 甲戌は1934年。 https://t.co/qW9c2CjnxD 1935年1月と。 「慣用音を採用」という、日本の漢字音、何に拠ったのだろう。一 イツ イチ 丁 テイ チャウ な… https://t.co/aab4doyOE9

2 1 0 0 OA 広文庫

@nonomaru116 ローマ字の筆記体もそうですが、示差的特徴を知らずに写すと、形が崩れますね。 億の扱いは、よく知らないのですが、万*万を示さずに万*十を示すというのは、珍しいような気がしますね。 広文庫… https://t.co/Rn1LRjM8QG
@nonomaru116 ローマ字の筆記体もそうですが、示差的特徴を知らずに写すと、形が崩れますね。 億の扱いは、よく知らないのですが、万*万を示さずに万*十を示すというのは、珍しいような気がしますね。 広文庫… https://t.co/Rn1LRjM8QG
神田伯山と言っても、大正15年だから三代目『清水次郎長/森の石松』改善社(大阪) 口絵の「信方」というのは、こちらでしょうか。 https://t.co/QpGO4Pkyck 改善社の伯山 次郎長… https://t.co/uKwUE9OozH

1 1 0 0 OA 清水次郎長

神田伯山と言っても、大正15年だから三代目『清水次郎長/森の石松』改善社(大阪) 口絵の「信方」というのは、こちらでしょうか。 https://t.co/QpGO4Pkyck 改善社の伯山 次郎長… https://t.co/uKwUE9OozH
「なに」平仮名書きです。「動物にとって社会とはなにか」 https://t.co/JUmGZTB36d What is "society" for animals? https://t.co/0g1jymbSVV
「なに」平仮名書きです。「動物にとって社会とはなにか」 https://t.co/JUmGZTB36d What is "society" for animals? https://t.co/0g1jymbSVV
欧文社通信添削会以前の「通信添削」は、ありそうで、なかなか無いな。 https://t.co/LjWUWwGdBG 「通信教授」「通信学会」 「通信英語添削会」はあり。「添削者の優秀和臭絶対になき英文」 https://t.co/fLzRbXPlVE
「模擬、試験」に「擬試験問題」があって、『日本国語大辞典』では1937年の用例だけど、この1922年には「模擬試験」あったのだろうな、と思ったら、やはり、ある。 https://t.co/sBU4Q5CfI7 https://t.co/qClS1ewiOI

2 1 0 0 OA 明治奇聞

@yhkondo @sakinotk @noricoco 「明治初期は四字漢語の時代である」と宮武外骨は言っていますが(明治奇聞)、今の目で見ると、初期に限らない感じで、辞書に拾おうとしたら、多くなりすぎてしまうのでしょうね。 https://t.co/g6bOZdZNNH

2 1 0 0 OA 富の活動

@yusuke_suzumura @noricoco @yhkondo 「不急不要」で探せば、安田善次郎述『富の活動』1911にまで遡ります。 https://t.co/ioHSXuibSN 「不急不要な事に金を費すな」
@yusuke_suzumura @noricoco @yhkondo 『改正国家総動員法の解説』(1941)に見える(目次で「不要不急」、本文で「不急不要」)ものなど、まさにそうですね。 第十六条の二について「不急不要方面に流れ… https://t.co/BUg4ebLkd7

4 3 0 0 OA 冬の華

雪の華、 https://t.co/hMsXSRT0jh 古河藩主 土井利位の「雪華図説」への言及が欲しいところでした。 https://t.co/s82dXVyYVa 画像出典 雪の研究者として知られる中谷宇吉郎の『冬の華』も。… https://t.co/j1EDlheQ4y

1201 7 0 0 OA 雪華図説

雪の華、 https://t.co/hMsXSRT0jh 古河藩主 土井利位の「雪華図説」への言及が欲しいところでした。 https://t.co/s82dXVyYVa 画像出典 雪の研究者として知られる中谷宇吉郎の『冬の華』も。… https://t.co/j1EDlheQ4y

1 1 0 0 OA 国体の本義

ちなみに、同名の書、山田孝雄『国体の本義』(1933)の、「言語」「国語」に関するところは、このあたり。 https://t.co/uWoIujXsaX
『国体の本義』(1937)には「国語と国民性」あり。 https://t.co/ESVrByEaD7 (下段が本文 上段は解説) >没我帰一の精神は、国語にもよく現れてゐる。国語は主語が屡々表面に現れず、敬語がよく発達してゐるとい… https://t.co/n1xzaub3Eo
塚本哲三『陸海軍の国文』 https://t.co/kKuyiwX1HH 名古屋市鶴舞 『陸海軍の漢文』 https://t.co/GgHb3PcGYD 福岡県 https://t.co/n102lBdsyt 天津図書館! ともに未見。
サイゴクは明治にあるとは言っても、「西国立志編」の頃は、サイコクが規範なので、サイコクリッシヘンと読んで(読み仮名をつけて)欲しいものです。 https://t.co/vkZj7FvxNS 明治21年の銀花堂版の絵入りの表紙には、… https://t.co/TCS3tML23M
翫右衛門や芝翫が、がん(ぐわん)でなく、かん(くわん)なのは、どういう経緯があってのことなのかも気になります。 「芝翫節用百戯通」文化12年 https://t.co/8CuhFOSPpt
山本禾太郎「窓」(1926年発表) 「小島医学士が手を洗って、手指消毒の終るのを待って」 https://t.co/UoglQ1UUKn

1 0 0 0 OA 陸軍衛生教程

森林太郎による「陸軍衞生教程」(明治22)の、"消毒シタル手指ニテ消毒綿ヲ創面ニ敷キ"は、「手の指」なのでしょうね。 https://t.co/avQgAaNuNQ "手指ヲ咽頭ニ插入シ"もあります。 https://t.co/7u6rDkcL44

1 0 0 0 OA 陸軍衛生教程

森林太郎による「陸軍衞生教程」(明治22)の、"消毒シタル手指ニテ消毒綿ヲ創面ニ敷キ"は、「手の指」なのでしょうね。 https://t.co/avQgAaNuNQ "手指ヲ咽頭ニ插入シ"もあります。 https://t.co/7u6rDkcL44

1 0 0 0

「しゃびしゃび」について、活字の用例が複数あった、と思ったが、ともに戸塚文子氏のものであった。一つは『旅と味』https://t.co/9A8Nilw13Z もうひとつは、『解釈と鑑賞』1962.2〈方言とお国ぶり〉の同氏「お国は… https://t.co/jqoGto1WSR
@tmogi_nichibun @ysandesuka 馬場元志『方言歌集/変骨爺の独り言』1992 佐世保方言によるものですが、「高齢《とし》けん再会は望めんばい」「神しゃんの御さしずけん」「生れ付きけん」「変骨けんが」など、「… https://t.co/fNbAeRbEE9
デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。 https://t.co/3xY2Gpxhuv
@JUMANJIKYO 『当て字当て読み/漢字表現辞典』は、古例を求めたものではありませんしね。 『遊字典』を見たら、島崎藤村「破戒」・石川淳「佳人」・三島由紀夫「仮面の告白」が挙がっていました。 https://t.co/0HjgfEsr1Y

3 0 0 0 OA はやり唄

@JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を… https://t.co/Jm8sPuvlkg
@IIMA_Hiroaki 「冥途の飛脚」ですかね、さかのぼれば。 「今日も今日とて島屋にて、理屈をつめて ねだれごと」 https://t.co/ygmf5LDHfP 1行目 (大近松全集)
@uger_san https://t.co/yMfVWmerUg 佐賀県方言辞典 つんなむ ツレナフ
詩経の小雅の北山之什の「上天同雲 雨雪雰雰 益之以霢霂」のあたりについて、中村惕斎の『詩經示蒙句解』で、「こさめふる時は、土脉うるほひて、よく物を生す」と注があるのを見つけましたが、もう、これは、この元を探したりはしません。… https://t.co/mQLaGecKMJ

1 0 0 0 OA 日用便覧

明治24年の『日用便覧』では、 https://t.co/XPiV2N0ilT 「つちうるほひおこる」と読んでいますが、これなどは、「土脉」を「つち」と読んだのでしょうか。
「獺祭魚」が「土脉潤起」に変わったことは、深沢眞二「獺の祭見て来よ:七十二候と俳諧」https://t.co/k81ZwCvFcM で纏めてくださっていて、「渋川春海は貞享暦の構築にあたって、日本の風物や気候に適った新たな「七十二… https://t.co/qRtMBLHDBY
七十二候の「土脉潤起」を「ツチのショウ ウルオイ オコル」と読む習慣があるのを知って、脉(脈)をショウと読むとはどういうわけだ、と思いました。 まず、明治11年の懐中要便七十二候略暦に「ツチノシヤウ 」とあることが見え、… https://t.co/byLOCSRquV
山口仲美『日本語の古典』岩波新書 2011 いいタイトルだと、改めて思います。 https://t.co/GtMnDvBisg
@syaberinsky2020 古典文法についての理解(あるいは吟味)が不足している古典文学研究は、小田勝氏が指摘するように実在しますが。 https://t.co/WByKMPv2rO
『和漢遊女容気』(享保2年刊)巻3に、 https://t.co/XAf8oTilE9 https://t.co/7vJlwOhrIR "驪山宮の温泉を爰にうつし手廻りの女共を裸になして見るべしと俄に二間にあまる湯舟をこしらへさせ… https://t.co/fb1KmhVsZt
『和漢遊女容気』(享保2年刊)巻3に、 https://t.co/XAf8oTilE9 https://t.co/7vJlwOhrIR "驪山宮の温泉を爰にうつし手廻りの女共を裸になして見るべしと俄に二間にあまる湯舟をこしらへさせ… https://t.co/fb1KmhVsZt

18 0 0 0 OA 箋注倭名類聚抄

「箋注倭名類聚抄」巻六 浴斛 楊氏漢語抄云、浴斛【由布禰、下、胡谷反。】(ここまでが倭名類聚抄の本文で、以下が狩谷棭斎による注) 「浴斛」は『朝野僉載』の「北齊南陽王入朝」の條、『北夢瑣言』、及び「唐濟瀆廟北海壇祭器碑」に見え、 https://t.co/EsteSXuGkT

5 0 0 0 OA 骨董集

山東京伝・骨董集・上・〔十五〕行水船、居風呂船 https://t.co/nTNmevpVK0 https://t.co/2vqClY00og "行水船よりおもひつきて居風呂船〈すゑふろぶね〉をこしらへ、居風呂船より今の湯船〈ゆぶね〉といふものいできしなるべし。"
按槽与舟其訓同、故古書或借v舟爲v槽、古事記酒船、皇極紀盛v水舟、霊異記楠船、皆是也 https://t.co/VK15QHh8tD
https://t.co/LeabM6we0d 酒槽 文選酒徳頌注云、槽、【音曹、佐加不禰、○神代紀槽同訓、按槽其形似v船、故名、古事記作2酒船1、】 今之酒槽也、【○李善注引2劉煕孟子注1曰、槽者齊俗名v之、如2酒槽1與2此所1… https://t.co/aVYFjgXcHu

18 0 0 0 OA 箋注倭名類聚抄

@JUMANJIKYO 狩谷棭斎の箋注倭名類聚抄の「浴斛」「由布禰」で「尼證摂状云2湯舩1即是」と言っているのが《東南院文書3-41ー101》ですね。平安遺文「尼證摂施入状」 https://t.co/EsteSXuGkT

13 0 0 0 OA チビ君物語

@yhkondo 少し後のものですが、由利聖子『チビ君物語』1939 「お腹んとこにおっぱいがついていたじゃないの」というのは、猫の話ですが、乳房というよりも乳首の方でしょうかね。 https://t.co/iKy2RBtOck
『東京電車改良論』大正3年に、「半賃の回数券を発行すべし」というのがありますね。「早朝賃銭半減車にのみ通用すべき回数券」 https://t.co/LTQJ6SRs6b

1 0 0 0 OA 雪達摩

@19cBungakuKen 半井桃水『雪達摩』ですね。明治26年。 同DBで、饗庭篁村『雪達摩』明治25年もヒットします。 こちらは、表紙絵が薄いですが、国会デジコレの方が白黒ながらはっきり見えますね。… https://t.co/cP133o959g

2 0 0 0 OA 教授応用画集

https://t.co/lk5zZODYI3 国会デジコレの、明治44年の、雪ダルマの絵の書き方。単純な玉ふたつではないよ、と。

3 0 0 0 OA 雪達磨

国会のデジコレで村上浪六『雪達磨』の表紙を見て、 https://t.co/WZjafJ6N47 それを検索したら、 https://t.co/TDXNOVu3oG こちらが、国.. https://t.co/04tYYCrHev… https://t.co/vo3yvpQI7i
「こともある」というのは、GoogleBooksに対する環境によるようです。 平山昇『鉄道が変えた社寺参詣』の、このあたりの記述の基になっているらしい、平山昇「明治・大正期の西宮神社十日戎」が、公開されていますね。 https://t.co/yEY1bhsHBn

3 0 0 0 OA 朗読法精説

日下部重太郎の『朗読法精説』1932から持ってきているようだ。 https://t.co/uSTpBozHsL https://t.co/UQ3CDhty7v

4 0 0 0 OA 諺語大辞典

「韻鏡十三年」を無理矢理に圧縮した形だと思っていた「韻鏡十年」ですが、藤井乙男『諺語大辞典』(1910)に、載っているのですね。 https://t.co/QvmzPo9C1j
ありました。 https://t.co/OliwV6Cang こちらは書籍だけでしたね。
司馬遼太郎「翔ぶが如く」にも出て来る、真偽不明の資料、西郷の三条実美に対する薩摩弁混じりの演説記録(もどき)の出所は、石井蘇山『大西郷の心の奥底』(大正6年)であろう、ということも書きました。肥後弁も混じっているようなのです。… https://t.co/Ssp2CUcvdV

4 0 0 0 OA 現代新語辞典

@schrift_sprache @IIMA_Hiroaki 「のろける」で説明するのは、何処で見たのか分らないのですが、これは、「惚い」と書いて「のろい」と読むことに慣れないことによる、後付けの解釈なのだろうと思われます。… https://t.co/ZamGVztqTY
RT @schrift_sprache: @okjma @IIMA_Hiroaki 208頁にありました。 → https://t.co/KiXKAWs7r9 https://t.co/R6Y5lHgkvk
@IIMA_Hiroaki 米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂 2003 によれば、 >『社会ユーモア・モダン語辞典』(1932年)〈社会ユーモア研究会〉「スコドン 少しく鈍感な人」 とあるのですが、これはみつけられずにいます。(分… https://t.co/sB7CnLFqeV

5 1 0 0 OA 東京語辞典

@IIMA_Hiroaki 「すこ〜」には、「すこし〜」の「すこあま」「すこじれ」などと、「すこぶる〜」の「すこいき」「すこおそ」などがあって、面白い。どちらも、江戸時代からあるようで。 すこあま(少甘)は、『日本国語大辞典』に… https://t.co/dmF2AkPwTh
@nonomaru116 ありがとうございます。現行歌舞伎では「つきるとも」なのですね。 近松の「傾城吉岡染」でも、「つくるとも」です。末句は「つきせじ」。 https://t.co/PCdWjlXmoF https://t.co/IYyqDxmrzG
@nonomaru116 ありがとうございます。現行歌舞伎では「つきるとも」なのですね。 近松の「傾城吉岡染」でも、「つくるとも」です。末句は「つきせじ」。 https://t.co/PCdWjlXmoF https://t.co/IYyqDxmrzG
@yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いていま… https://t.co/IvwuHPxSrf
RT @livresque2: @okjma 宇野田尚哉「書を読むは書を看るに如かず――荻生徂徠と近世儒家言語論」岩波書店『思想』1991年11月號「近世思想史再考」 相原耕作「助字と古文辞学 : 荻生徂徠政治論序説」『東京都立大学法学会雑誌』(「《本論三》「読書不如看書」論と…

4 0 0 0 OA 先民伝 : 2巻

「地名箋」よりも後のものになりますが「(長崎)先民伝」の本文(漢文)では、長崎を「崎」一字で表すのが普通で、「来崎」「遊崎」などが見えます。 https://t.co/4N49jLqXza 返り点が付いているので、ここでは、ライキ・ユウキではなく「崎に来る」「崎に遊ぶ」ですが。

2 0 0 0 OA 太政官日誌

@zoenshiueh_lieu ですね。 明治元年十月九日 太政官日誌 https://t.co/yVYBPptT7D https://t.co/jLU3HrMl5X 自今其儀に及ばず(明治5.2) https://t.co/Z1nkDj00DF
@zoenshiueh_lieu ですね。 明治元年十月九日 太政官日誌 https://t.co/yVYBPptT7D https://t.co/jLU3HrMl5X 自今其儀に及ばず(明治5.2) https://t.co/Z1nkDj00DF

4 0 0 0 OA 単語解

橋本小六『単語解』 https://t.co/k8aeh9dTaF 国会本と刊記は同じだが、だいぶ違う。 付録は、歴代帝号のあと、年号、苗字略。 https://t.co/GB2Dr0ZXqy
@nishinerima @yhkondo 国会デジタルコレクション(の目次データ)は流石です。 「糸電話器」が1921年に。 『私の理化実験室と工場』 井田静夫 著 敬文館 1921 少年理科叢書… https://t.co/abAli46O7i
@kotobamichiura どういう文脈での話題かは存じませんが、西国立志編におけるザビエルの記事は、こちらですね。 https://t.co/H9eTkJAuNg

3 0 0 0 OA 新訳徒然草

『新譯徒然草』、漢訳である。 国会デジコレには正誤表みえず。 https://t.co/Q35eezZP5E https://t.co/Gw8PXQzB9C
https://t.co/umRz5xzeC8 竪義 リウギ (4行目)
明朝体は「脊椎」で、ゴチックは「背椎」? https://t.co/QxiQrY0RY9 https://t.co/0s7pRVE7AH
@MasamichiMoz @choubunsha 新・日本語講座を出していたところですね。 セキブンシャだと思っていました。 https://t.co/Y6Y7qLw862
https://t.co/kjv9ojNoOJ 気が向いたら比べてみるか。

2 0 0 0 OA 言論叢

西村茂樹「文章論」所収 pp.1-15 国会デジタルコレクションに自筆のものがありますが。 https://t.co/CJeaUyGHBO https://t.co/nRhrwpImGD
浅尾芳之助『国文単語のあたま』昭和十五年 有精堂 国会デジタルコレクションでは、「はしがき」の2頁と、目次の1頁が抜けている。 https://t.co/x9oNRL0IPr https://t.co/8Y5DDVBtB5

1 0 0 0 嶽水會雜誌

昭和15年創刊、ということは、三高の『嶽水會雜誌』の後継誌ということになるのでしょうか。報国会というのが、2600年的ですね。 https://t.co/oZYp2zcpE8 嶽水会雑誌が昭和15年の134号まで入ってる、京大の図… https://t.co/wd76z1UPS5
桜井児山は、近藤朔風の父なのだな。 https://t.co/bVfnMH2fPb https://t.co/tBDjX7kORn
豹山田中壤も、桜井児山も、無名の人ではないようだ。 https://t.co/MEHQvxmAzA https://t.co/SC3hGUTJ88

1 0 0 0 鏡灣漁唱

「上木に供す」、確かに。 https://t.co/ChrCJTLpkZ https://t.co/TWg4NeP35h https://t.co/O7mothplMc

1 0 0 0 外来語辞典

カバーとかにもあったのかな。 https://t.co/F4JppPEWpQ 「タイトル別名」、どこから取ったか、書いてなくて残念。

3 0 0 0 OA 東西南北

『東西南北』の国会デジコレ本は、批評集なし。 https://t.co/xRAi7T7q3N

1 0 0 0 OA 天地玄黄

国会デジコレの『天地玄黄』は、刊記では明治30年初版のようだが、刊記前に批評集がある。 https://t.co/JEnfF41rQw
「盛花の断定法」というのを見て、島田昌彦氏の「生花型構造」というのを思い出したからでもある。 https://t.co/CviQ00rAYz https://t.co/MlRWC7UPxD
「女ボーイ」は給仕を女性がやっているもの。 https://t.co/eoTVdowTpe 「少女ボーイ」も同様のはず。
@JUMANJIKYO 『別冊新評 星新一の世界』(1976)pp.167-172の「星偏文字大集成」は収集済みでしょうか。80字あります。 https://t.co/jShsEKv6Xp https://t.co/6TeYi1pTQP
@NIJL_collectors 裁定による公開なのですね。 https://t.co/NjrOwaAQjd こちらの単著『小学校に於ける競技と其の指導法』でも。 https://t.co/uSW8m0sx9b 1983年歿と把握してて。

1 0 0 0 OA 勤王文庫

松下見林の「前王廟陵記」に、 https://t.co/rXocVVjJ99 「俗云|大山《ダイセン》陵」とあるのですね。 https://t.co/moQ4lNVlsi

5 0 0 0 OA 山陵志 2巻

ちなみに「前方後圓」 https://t.co/u6qxHkHe6L

6 0 0 0 OA 延喜式 : 校訂

延喜式・巻二十一・諸陵 https://t.co/APqAqHoR9T 百舌鳥耳原中陵

5 0 0 0 OA 山陵志 2巻

蒲生君平「山陵志」 https://t.co/yRBDahSjRq 勤王文庫・山陵記集) https://t.co/SIsmphU0ek 版本

お気に入り一覧(最新100件)

2 1 0 0 OA 左翼小児病

【1】カードスタンドを今度はこういうふうに置くと、 【2】版面を見せるときにも使える。 ちなみに【2】は白ページではなく、検閲によって削除されたもの。 NDLデジコレで、レーニン著・和田哲二訳『左翼小児病』(希望閣、大正15)の… https://t.co/cULCY73vh2
銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京… https://t.co/EqTp4FEDCj
銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京… https://t.co/EqTp4FEDCj
@okjma @IIMA_Hiroaki 208頁にありました。 → https://t.co/KiXKAWs7r9 https://t.co/R6Y5lHgkvk
@okjma 宇野田尚哉「書を読むは書を看るに如かず――荻生徂徠と近世儒家言語論」岩波書店『思想』1991年11月號「近世思想史再考」 相原耕作「助字と古文辞学 : 荻生徂徠政治論序説」『東京都立大学法学会雑誌』(「《本論三》「読… https://t.co/GeohQjhbfN

30 0 0 0 OA 偏類六書通 7巻

「辞書にない文字」で「秀吉への想い」との解説が入る。 気になって『偏類六書通』https://t.co/Vuk3mN5Uzr を見ると、「豊」の「古文奇字」として同じ字があった。 https://t.co/p3VJCUQouE
鈴木 広光 -  複製時代の書物のアイデンティティ:末広鉄腸『二十三年未来記』の場合(中) https://t.co/AwoQfd84MD

61 0 0 0 OA ランニング

>RT 明石和衛, 金栗四三 共著『ランニング』(大正5年、菊屋出版部) 国会デジテルで読めるとは~ https://t.co/pztn9lkbcJ 加納先生の題字「鍛錬」 冷水浴にも言及があるとはw… https://t.co/n95CFHduSO

61 0 0 0 OA ランニング

>RT 明石和衛, 金栗四三 共著『ランニング』(大正5年、菊屋出版部) 国会デジテルで読めるとは~ https://t.co/pztn9lkbcJ 加納先生の題字「鍛錬」 冷水浴にも言及があるとはw… https://t.co/n95CFHduSO

12 0 0 0 OA 春秋左氏伝

何度かツイートしているけど、博文館『左伝』訳は良い。巻ごとに扱う時代の概要が巻頭に記されていて、大部である『左伝』のあらすじを掴みやすい。昭和16年の出版なので現物は入手困難だが、国会図書館のデジタルコレクションで読める https://t.co/zFZbriyyiV
NDLラボ「次世代デジタルライブラリー」https://t.co/ln38PMe5SV じんもんこん2018「資料画像中の挿絵領域の自動抽出及び画像検索システムの実装」https://t.co/iqgh5sHFGA で「平成30… https://t.co/yisbaoUvm5

88 0 0 0 OA 明治事物起原

リサーチ・ナビの目次採録がスゴい… 石井研堂著『明治事物起源』 上巻 https://t.co/Sz93xJNC1u 下巻 https://t.co/Btil748J8t 本文は、デジコレで… https://t.co/adjN8RIcUt
索引史についてこんな論文を発見。 梅田 径「宮内庁書陵部蔵 『類標』 をめぐって -近世後期における索引の登場 とその思想-」 『早稲田大学総合人文科学研究センター研究誌』4, 2016-10-21… https://t.co/siXKqpt6L2
今年度、新規採択された挑戦的研究(開拓)が、KAKEN DBに収録されていました。 研究課題名「蔵書印データベースの高次利用に向けた情報拡充と篆字学習インターフェイスの開発」https://t.co/AioH6xOoKQ 4年間で… https://t.co/17iB8Yc8jJ

49 0 0 0 OA 西鶴置土産

国会デジコレの新規追加資料に、「尾崎紅葉, 幸田露伴各自筆書入あり」の『西鶴置土産』https://t.co/tECmsC5dAq があった。 https://t.co/1lRK4Lrfyl

フォロー(1396ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1467ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @the_kawagucci: 【新作】 日本における学術研究団体(学会)の現状 埴淵 知哉・川口 慎介 学術研究団体(学会)における会員数の減少が懸念されている.本稿では,日本学術会議が指定する協力学術研究団体を対象として,日本の学会組織の現状および変化を定量的に俯瞰…
RT @manjimal_sakaki: 西村一之「閩南系漢民族の漁民社会における「鬼」に関する予備的考察:「好兄弟」になる動物」『日本女子大学紀要 人間社会学部』28、2017年。https://t.co/04hILRNCQv
RT @manjimal_sakaki: 三尾裕子『王爺信仰の歴史民族誌:台湾漢人の民間信仰の動態』東京大学、博士 (学術)、2004年10月28日。https://t.co/hYCSG3LhHl
RT @manjimal_sakaki: 三尾 裕子「<鬼>から<神>へ : 台湾漢人の王爺信仰について」『民族學研究』55(3)、1990年。https://t.co/1FYGzEH1SL
RT @geo_hoshi: 学生向けの小文「野外実習レポートをどう書くか」がオンライン出版されました。1/4 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @livresque2: ざっさくプラスで「「自粛」が出現したのは1930年代」https://t.co/Vwrh3NDWQk。うち二番目の戸坂潤「文化統制と文化の「自粛」」1937.1→『世界の一環としての日本』https://t.co/wXTJ9hpNBDが既にこの語…

43 34 34 6 OA 論文の書き方

RT @ki1tos: 論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題…
RT @negadaikon: めちゃめちゃ語尾が「であるんである」になってるんであるhttps://t.co/95hi3g5yG6
RT @livresque2: ざっさくプラスで「「自粛」が出現したのは1930年代」https://t.co/Vwrh3NDWQk。うち二番目の戸坂潤「文化統制と文化の「自粛」」1937.1→『世界の一環としての日本』https://t.co/wXTJ9hpNBDが既にこの語…
鷹巣農林植物同好会『秋田の植物方言』https://t.co/KO7U37BE37 秋田県学務部学務課『秋田方言』https://t.co/aCTbqr5n8C 土肥健之助『大分方言類集』https://t.co/IuUgic0fNY
鷹巣農林植物同好会『秋田の植物方言』https://t.co/KO7U37BE37 秋田県学務部学務課『秋田方言』https://t.co/aCTbqr5n8C 土肥健之助『大分方言類集』https://t.co/IuUgic0fNY

2 2 1 1 OA 秋田方言

鷹巣農林植物同好会『秋田の植物方言』https://t.co/KO7U37BE37 秋田県学務部学務課『秋田方言』https://t.co/aCTbqr5n8C 土肥健之助『大分方言類集』https://t.co/IuUgic0fNY
ざっさくプラスで「「自粛」が出現したのは1930年代」https://t.co/Vwrh3NDWQk。うち二番目の戸坂潤「文化統制と文化の「自粛」」1937.1→『世界の一環としての日本』… https://t.co/GD949weJFJ

2 2 2 1 OA 荘内方言考

郷土研究班『山形県植物方言集』https://t.co/AAZldHosQd 山形県師範学校編『山形県方言集』https://t.co/8Zbog1pVKu 黒川友恭『荘内方言考』https://t.co/45rdDsos9s
郷土研究班『山形県植物方言集』https://t.co/AAZldHosQd 山形県師範学校編『山形県方言集』https://t.co/8Zbog1pVKu 黒川友恭『荘内方言考』https://t.co/45rdDsos9s

4 2 2 1 OA 山形県方言集

郷土研究班『山形県植物方言集』https://t.co/AAZldHosQd 山形県師範学校編『山形県方言集』https://t.co/8Zbog1pVKu 黒川友恭『荘内方言考』https://t.co/45rdDsos9s

1 1 1 1 OA 若越方言集

田中勇吉編『越佐方言集』https://t.co/v8ouQAnQVM 福田太郎『若越方言集』https://t.co/C7RlPJ0PPj 小樽市奥沢尋常小学校『北海道西海岸地方方言』https://t.co/CqP1FJg2VY
田中勇吉編『越佐方言集』https://t.co/v8ouQAnQVM 福田太郎『若越方言集』https://t.co/C7RlPJ0PPj 小樽市奥沢尋常小学校『北海道西海岸地方方言』https://t.co/CqP1FJg2VY

2 2 1 1 OA 越佐方言集

田中勇吉編『越佐方言集』https://t.co/v8ouQAnQVM 福田太郎『若越方言集』https://t.co/C7RlPJ0PPj 小樽市奥沢尋常小学校『北海道西海岸地方方言』https://t.co/CqP1FJg2VY

3 1 1 1 OA 郷土研究叢書

富山県教育会『富山県方言』https://t.co/jLoCVL31TI 広島県師範学校郷土研究室『広島県方言の研究』https://t.co/J0QYbR3uOi 和歌山県女子師範学校, 和歌山県立日方高等女学校郷土研究室 編『… https://t.co/O8UokkqH22

3 1 1 1 OA 富山県方言

富山県教育会『富山県方言』https://t.co/jLoCVL31TI 広島県師範学校郷土研究室『広島県方言の研究』https://t.co/J0QYbR3uOi 和歌山県女子師範学校, 和歌山県立日方高等女学校郷土研究室 編『… https://t.co/O8UokkqH22

1 1 1 1 OA 郷土研究

富山県教育会『富山県方言』https://t.co/jLoCVL31TI 広島県師範学校郷土研究室『広島県方言の研究』https://t.co/J0QYbR3uOi 和歌山県女子師範学校, 和歌山県立日方高等女学校郷土研究室 編『… https://t.co/O8UokkqH22
下倉渉「ある女性の告発をめぐって : 岳麓書院蔵秦簡「識劫婉案」に現れたる奴隷および「舎人」「里単」」 (2016) https://t.co/apPV6Ihrn6 https://t.co/klnCP4bL1D
下倉渉「ある女性の告発をめぐって : 岳麓書院蔵秦簡「識劫婉案」に現れたる奴隷および「舎人」「里単」」 (2016) https://t.co/apPV6Ihrn6 https://t.co/klnCP4bL1D
小塩慶「古代日本における唐風化政策と祥瑞思想の受容」(2016) https://t.co/424ZZ1wDiG https://t.co/yrqEg78Mqo
小塩慶「古代日本における唐風化政策と祥瑞思想の受容」(2016) https://t.co/424ZZ1wDiG https://t.co/yrqEg78Mqo

1 1 1 1 OA 佐渡方言集

佐賀県教育会編『佐賀県方言辞典』https://t.co/VqyPzdiY7p 清水平一郎『佐賀県方言辞典一班』https://t.co/eTm2F9lmA7 矢田求『佐渡方言集』https://t.co/xFexZYRXs6
佐賀県教育会編『佐賀県方言辞典』https://t.co/VqyPzdiY7p 清水平一郎『佐賀県方言辞典一班』https://t.co/eTm2F9lmA7 矢田求『佐渡方言集』https://t.co/xFexZYRXs6
佐賀県教育会編『佐賀県方言辞典』https://t.co/VqyPzdiY7p 清水平一郎『佐賀県方言辞典一班』https://t.co/eTm2F9lmA7 矢田求『佐渡方言集』https://t.co/xFexZYRXs6
岡山民俗叢書9『岡山縣邑久郡方言』https://t.co/DIVSLzDa1L 福田安吉『河內郡方言集』https://t.co/SdBNVOuIdY 三松庵主人『熊本県方言音韻語法』https://t.co/ViqHrynsDs

1 1 1 1 OA 河内郡方言集

岡山民俗叢書9『岡山縣邑久郡方言』https://t.co/DIVSLzDa1L 福田安吉『河內郡方言集』https://t.co/SdBNVOuIdY 三松庵主人『熊本県方言音韻語法』https://t.co/ViqHrynsDs

1 1 1 1 OA 岡山民俗叢書

岡山民俗叢書9『岡山縣邑久郡方言』https://t.co/DIVSLzDa1L 福田安吉『河內郡方言集』https://t.co/SdBNVOuIdY 三松庵主人『熊本県方言音韻語法』https://t.co/ViqHrynsDs
木村尚『金沢方言集 : 普通語対照』https://t.co/aJeAstX5nG / https://t.co/VkJkaZEdsj
木村尚『金沢方言集 : 普通語対照』https://t.co/aJeAstX5nG / https://t.co/VkJkaZEdsj
橘正一『方言學概論』https://t.co/TDWN26MQXI 小倉進平『仙台方言音韻考』https://t.co/WrZbwRvakV

3 1 1 1 OA 方言学概論

橘正一『方言學概論』https://t.co/TDWN26MQXI 小倉進平『仙台方言音韻考』https://t.co/WrZbwRvakV

1 1 1 1 OA 茨城方言集覧

高知県女子師範学校郷土室編『土佐方言の研究』https://t.co/lthcplDuiJ 茨城教育協会『茨城方言集覧』https://t.co/z6S45oPcMo

23 2 1 1 OA 土佐方言の研究

高知県女子師範学校郷土室編『土佐方言の研究』https://t.co/lthcplDuiJ 茨城教育協会『茨城方言集覧』https://t.co/z6S45oPcMo
RT @zasetsushirazu: 1990年代以後の幕末維新史の実証研究に寄与した史料集の1つとして、小野正雄・稲垣敏子解読『杉浦梅潭 目付日記』と『杉浦梅潭 箱館奉行日記』を挙げることができる。どちらも1991年刊行。下記は、『史学雑誌』101-3(1992年)に掲載さ…
RT @take_tortoise: 某番組を続けることには全く反対しないけど、一石を投じておく。 J-STAGE Articles - ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出(2018) https://t.co/fimkWalrX6
【『南部方言集:教育適用』】 簗瀬栄著。 https://t.co/4aIpSfPCe9
【『大日本方言地図』】 東條操著。https://t.co/dKReNqc7AO
斎藤大衛・神正民編[他]『津軽方言集 : 語根解釈正語対照』https://t.co/xFSOTvZGm6 鹿児島県教育会編『鹿児島方言集』https://t.co/ry13k0bujl 柳田国男『伊豆大島方言集』https://t.co/l9XQk1msxA

2 1 1 1 OA 鹿児島方言集

斎藤大衛・神正民編[他]『津軽方言集 : 語根解釈正語対照』https://t.co/xFSOTvZGm6 鹿児島県教育会編『鹿児島方言集』https://t.co/ry13k0bujl 柳田国男『伊豆大島方言集』https://t.co/l9XQk1msxA
斎藤大衛・神正民編[他]『津軽方言集 : 語根解釈正語対照』https://t.co/xFSOTvZGm6 鹿児島県教育会編『鹿児島方言集』https://t.co/ry13k0bujl 柳田国男『伊豆大島方言集』https://t.co/l9XQk1msxA

14 1 1 1 OA 憲法講話

【著書紹介】『憲法講話』有斐閣、明治45、3。https://t.co/3EYUgCG5wk東京帝國大学法学部教授だったころに書かれたものです。古文ですが、そこまで難しくはないです。
小林好日『東北の方言』https://t.co/TGNOFCeDrW 後藤蔵四郎『出雲方言』https://t.co/jWhVrQrc26 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編『静岡県方言辞典』https://t.co/g8KbtbgvU3

7 3 3 1 OA 東北の方言

小林好日『東北の方言』https://t.co/TGNOFCeDrW 後藤蔵四郎『出雲方言』https://t.co/jWhVrQrc26 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編『静岡県方言辞典』https://t.co/g8KbtbgvU3

4 3 3 1 OA 出雲方言

小林好日『東北の方言』https://t.co/TGNOFCeDrW 後藤蔵四郎『出雲方言』https://t.co/jWhVrQrc26 静岡県師範学校, 静岡県女子師範学校共編『静岡県方言辞典』https://t.co/g8KbtbgvU3

2 1 1 0 OA 那覇方言概説

【『那覇方言概説』】 金城朝永著。https://t.co/smwtIC4EcZ
https://t.co/PQ2yNRa9yw 近世初期の京都・大坂・伏見の関係からみた首都の多元性 研究課題 研究代表者 谷徹也 「本研究では、京都・伏見・大坂(さらには淀・名護屋、江戸・駿府)を複数の首都として捉え、それぞれの… https://t.co/wgRkrqxCwE

1 1 1 0 OA 琉球文学研究

【『琉球文學硏究』】 田島利三郎 著[他]https://t.co/TQSrkZkjoj
RT @Minemori_H: 今日公開された木場貴俊センセイの「<研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察」をほくほくしながら見ています。知らない妖怪がぞろぞろ出てくる!! https://t.co/6n…
RT @zasetsushirazu: 元治元年2月28日(1864年4月4日)、多田海庵(多田弥太郎)が死去。但馬出石藩出身の儒学者で、生野の変に参加した。横山俊一郎「多田海庵の海防意識」(『東アジア文化交渉研究』7、2014年)があり、同氏の著書『泊園書院の明治維新』(清文…
【『琉球聖典おもろさうし選釈 : オモロに現はれたる古琉球の文化』】 伊波普猷著。https://t.co/WMtcKVrGNR

3 1 1 0 OA 南島方言史攷

【『南島方言史攷』】 伊波普猷著。https://t.co/H5QJg6vmsF

4 2 2 0 OA 古琉球

【『古琉球』】 伊波普猷著。https://t.co/Z3QFesgxww
RT @BungakuReport: CiNii 博士論文 - 王占一 - 雑誌『満蒙』における文芸とその時代 : 在満日本人の満洲観を視座にして https://t.co/URvdbzIJht
RT @RappaTei: 友人の医師がFBで紹介していたが、やはりガーゼマスクは効果が少なそう...。 https://t.co/hsGNTVtV4y
【『古代國語の音韻に就いて』】 橋本進吉著。https://t.co/1DDR56ylTR
アーロン フィットレル -  <研究論文>掛詞の外国語訳の方法について : 複数の掛詞・縁語を使用した二重文脈歌を中心に https://t.co/ruOrltH7Ey
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 王占一 - 雑誌『満蒙』における文芸とその時代 : 在満日本人の満洲観を視座にして https://t.co/6gacWu1Kq3
CiNii 博士論文 - 王占一 - 雑誌『満蒙』における文芸とその時代 : 在満日本人の満洲観を視座にして https://t.co/URvdbzIJht
RT @s_locarno: 犬塚先生って https://t.co/zz5E8XWuko みたいな専門家ですから、こんな人に推薦文書かせるのが失礼だと思うのよ…。 そして、推薦者を見て国語の界隈の人が読むのをやめるのはまずいですよ!
RT @Tei393421: 私はこの本を「国語解体新書」と呼びたい(新井紀子) AIに負けない本当の読解力(?) テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 研究代表者 新井 紀子 国立情報学研究所 研究分担者 犬塚 美輪 東京学芸…
浜田 泰彦・河戸 愛実 -  『人相小鑑大全』(下)巻三―巻四 https://t.co/bp38ell9xN
CiNii 論文 -  信州大学の人文学部今昔 https://t.co/oiAWrv9bAz
<三宅晶子教授退職記念講演会シンポジウム>これからの古典教育 三宅 晶子 鈴木 彰 青山 浩之 横浜国立大学学術情報リポジトリ https://t.co/fJh97DO1xF
RT @livresque2: 雜誌『成功』に關する文獻について最も詳細なのは、神繁司『移民ビブリオグラフィー』https://t.co/jyoy2hB2ks:pp.241-243=初出https://t.co/yb0ypNhbuK:pp.94-96。こんな主題の文獻目録の註で…
雜誌『成功』に關する文獻について最も詳細なのは、神繁司『移民ビブリオグラフィー』https://t.co/jyoy2hB2ks:pp.241-243=初出https://t.co/yb0ypNhbuK:pp.94-96。こんな主題… https://t.co/90MGFNtvsL
RT @manjimal_sakaki: ●吉村浩一「実写映画とアニメーションの動きの違い : 「不気味の谷」を枠組みに」『法政大学文学部紀要』77、2018年。https://t.co/Nq2VXvsBUS
RT @manjimal_sakaki: ●岡部望・吉村浩一「アニメーション制作現場での「動き」に関する経験則」『基礎心理学研究』26(1)、2007年。https://t.co/BHSvOfFhyx ●吉村浩一・佐藤壮平「映画やアニメーションに動きを見る仕組み : 仮現運動説…
RT @manjimal_sakaki: ●岡部望・吉村浩一「アニメーション制作現場での「動き」に関する経験則」『基礎心理学研究』26(1)、2007年。https://t.co/BHSvOfFhyx ●吉村浩一・佐藤壮平「映画やアニメーションに動きを見る仕組み : 仮現運動説…
RT @manjimal_sakaki: 桑原圭裕『日本アニメーションにおける動きの研究』関西学院大学、博士論文、2012年。https://t.co/ipS61tkzzG
@zoeai (その筋ではない)自分が知ってる範囲だと,萩原裕子先生がそのような仮定の元で失文法を分析した論文はあります https://t.co/QcEKsqWueE 当該リンクで引用されている文献からするに彼女が最初の提案者ではないでしょうか
@legphrat これによると、無声化が全くない地域はないですが、「無声化が目立たない」という地域は結構多いみたいです。 https://t.co/6zQ4CfF5DN
"不正指令電磁的記録概念と条約適合的解釈 : いわゆるコインハイブ事件を契機として" 岡部, 天俊 https://t.co/4FAxE86RIC
RT @zasetsushirazu: 1865年4月2日、リチャード・コブデンが死去。英国の政治家で、熊谷次郎「『書簡集』にみるコブデンの急進的自由主義(上)」(『桃山学院大学経済経営論集』60-4、2019年)曰く、薩英戦争で鹿児島の市街を砲撃した点について「恐ろしい残虐行…
こんなのも載ってた。山中 智省, 田島 悠来, 中川 裕美「『おそ松さん』現象にみるアニメと雑誌の関係」2016 年 47 巻 p. 41-64 https://t.co/0O5GKvT7rD https://t.co/y1WVLSGJwB
鷹巣農林植物同好会『秋田の植物方言』https://t.co/KO7U37BE37 秋田県学務部学務課『秋田方言』https://t.co/aCTbqr5n8C 土肥健之助『大分方言類集』https://t.co/IuUgic0fNY
鷹巣農林植物同好会『秋田の植物方言』https://t.co/KO7U37BE37 秋田県学務部学務課『秋田方言』https://t.co/aCTbqr5n8C 土肥健之助『大分方言類集』https://t.co/IuUgic0fNY

2 2 1 1 OA 秋田方言

鷹巣農林植物同好会『秋田の植物方言』https://t.co/KO7U37BE37 秋田県学務部学務課『秋田方言』https://t.co/aCTbqr5n8C 土肥健之助『大分方言類集』https://t.co/IuUgic0fNY

2 2 2 1 OA 荘内方言考

郷土研究班『山形県植物方言集』https://t.co/AAZldHosQd 山形県師範学校編『山形県方言集』https://t.co/8Zbog1pVKu 黒川友恭『荘内方言考』https://t.co/45rdDsos9s
郷土研究班『山形県植物方言集』https://t.co/AAZldHosQd 山形県師範学校編『山形県方言集』https://t.co/8Zbog1pVKu 黒川友恭『荘内方言考』https://t.co/45rdDsos9s

4 2 2 1 OA 山形県方言集

郷土研究班『山形県植物方言集』https://t.co/AAZldHosQd 山形県師範学校編『山形県方言集』https://t.co/8Zbog1pVKu 黒川友恭『荘内方言考』https://t.co/45rdDsos9s

1 1 1 1 OA 若越方言集

田中勇吉編『越佐方言集』https://t.co/v8ouQAnQVM 福田太郎『若越方言集』https://t.co/C7RlPJ0PPj 小樽市奥沢尋常小学校『北海道西海岸地方方言』https://t.co/CqP1FJg2VY
田中勇吉編『越佐方言集』https://t.co/v8ouQAnQVM 福田太郎『若越方言集』https://t.co/C7RlPJ0PPj 小樽市奥沢尋常小学校『北海道西海岸地方方言』https://t.co/CqP1FJg2VY

2 2 1 1 OA 越佐方言集

田中勇吉編『越佐方言集』https://t.co/v8ouQAnQVM 福田太郎『若越方言集』https://t.co/C7RlPJ0PPj 小樽市奥沢尋常小学校『北海道西海岸地方方言』https://t.co/CqP1FJg2VY

3 1 1 1 OA 郷土研究叢書

富山県教育会『富山県方言』https://t.co/jLoCVL31TI 広島県師範学校郷土研究室『広島県方言の研究』https://t.co/J0QYbR3uOi 和歌山県女子師範学校, 和歌山県立日方高等女学校郷土研究室 編『… https://t.co/ZunCwzG0Vv

3 1 1 1 OA 富山県方言

富山県教育会『富山県方言』https://t.co/jLoCVL31TI 広島県師範学校郷土研究室『広島県方言の研究』https://t.co/J0QYbR3uOi 和歌山県女子師範学校, 和歌山県立日方高等女学校郷土研究室 編『… https://t.co/ZunCwzG0Vv

1 1 1 1 OA 郷土研究

富山県教育会『富山県方言』https://t.co/jLoCVL31TI 広島県師範学校郷土研究室『広島県方言の研究』https://t.co/J0QYbR3uOi 和歌山県女子師範学校, 和歌山県立日方高等女学校郷土研究室 編『… https://t.co/ZunCwzG0Vv

1 1 1 1 OA 佐渡方言集

佐賀県教育会編『佐賀県方言辞典』https://t.co/VqyPzdiY7p 清水平一郎『佐賀県方言辞典一班』https://t.co/eTm2F9lmA7 矢田求『佐渡方言集』https://t.co/xFexZYRXs6
佐賀県教育会編『佐賀県方言辞典』https://t.co/VqyPzdiY7p 清水平一郎『佐賀県方言辞典一班』https://t.co/eTm2F9lmA7 矢田求『佐渡方言集』https://t.co/xFexZYRXs6
佐賀県教育会編『佐賀県方言辞典』https://t.co/VqyPzdiY7p 清水平一郎『佐賀県方言辞典一班』https://t.co/eTm2F9lmA7 矢田求『佐渡方言集』https://t.co/xFexZYRXs6
岡山民俗叢書9『岡山縣邑久郡方言』https://t.co/DIVSLzDa1L 福田安吉『河內郡方言集』https://t.co/SdBNVOuIdY 三松庵主人『熊本県方言音韻語法』https://t.co/ViqHrynsDs

1 1 1 1 OA 河内郡方言集

岡山民俗叢書9『岡山縣邑久郡方言』https://t.co/DIVSLzDa1L 福田安吉『河內郡方言集』https://t.co/SdBNVOuIdY 三松庵主人『熊本県方言音韻語法』https://t.co/ViqHrynsDs

1 1 1 1 OA 岡山民俗叢書

岡山民俗叢書9『岡山縣邑久郡方言』https://t.co/DIVSLzDa1L 福田安吉『河內郡方言集』https://t.co/SdBNVOuIdY 三松庵主人『熊本県方言音韻語法』https://t.co/ViqHrynsDs
木村尚『金沢方言集 : 普通語対照』https://t.co/aJeAstX5nG / https://t.co/VkJkaZEdsj
木村尚『金沢方言集 : 普通語対照』https://t.co/aJeAstX5nG / https://t.co/VkJkaZEdsj