著者
岩崎英重 編
出版者
日本史籍協会
巻号頁・発行日
vol.第二, 1926

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

薩長同盟について、西郷と交渉したのは桂(このときの名前は木戸準一郎)ですが、京都には一人で出向いたわけではありません。 慶応元年(1868)年の11月中旬、まず薩摩藩の黒田了介(のちの黒田清隆)と土佐浪士の池内蔵太(海援隊メンバー)が、桂を迎えに長州に行きました。 そして12月28日、長州藩領の三田尻港から京都に向けて出発しています。 桂の他の顔ぶれは、品川弥二郎(長州)、 ...

Twitter (11 users, 13 posts, 14 favorites)

@yayako19 ややこさん今日はほんまお疲れ様でした! 今日言ってた例のあの龍馬のやつ、これね( https://t.co/9M9sBuQb8V)
坂本氏関係文書(https://t.co/EH29hSfkoj)は大正15年、当時の国関係者が作ったぽくて 暗殺の話の引用元が「田中光顕談話」、当時の近江屋に駆けつけた陸援隊の田中光顕が中岡さんから聞き取った話の調書が割とそのまま… https://t.co/sRFTmrx0JC
大正5年の50年祭典後に10年かけて作り上げたのが「坂本龍馬関係文書」なんだっけ。なら1926年発行のが初版ってことでええんか。①http://t.co/FLLk44KLoj ②http://t.co/bhiIrUpcOL

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト