言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 15 posts, 12 favorites)

「堀川国広とその弟子」に掲載されてる山姥切国広の写真、あの時期の刀剣写真としてはめちゃ綺麗なんですよ… (他の本に載ってるのも多分同じ写真だけど、この本はでかいのでわかりやすい) デジタルコレクションはあんまり解像度高くないですけども、実物見る機会があれば… https://t.co/CMzx1rCZgZ
@ao62157985 まずは、国広について、今有効な説のベースになっていて内容が読みやすいのが「堀川国広とその弟子」です。ndlに入っていて、各県の特定の図書館で閲覧できます (これの前の国広大鑑は、情報量は多いものの読みづらいので、一冊目には不向きです。そちらもndlにあり) https://t.co/CMzx1rCZgZ
なお、素人のまとめじゃ心配だわという方、とうらぶ二次に使いやすい資料なら『堀川国広とその弟子』を。 各県の図書館(国会図書館からの資料送信館)で読んだり複写したりできます。 https://t.co/CMzx1rCZgZ
この本写真がすごいのよ。フィルムの時代によくここまで。 そして貴重書の域だから、「いずれ不要になったら古書店か刀剣店に回すだけの余力をもってる人」のところにおさまるといいなーと思う… なお、テキストを読みたいだけの方は図書館をおすすめします。 https://t.co/5UXmPNmC34
【堀川国広とその弟子】 https://t.co/LIu2CSdgKg 「国広大鑑」の補講が掲載されているため合わせて読むことを推奨する。当時の山姥切国広の主が出版に携わっており、山姥切国広の現存が判明の経緯も掲載。閲覧方法は前述の通りに。 なお、類似書に「堀川国広とその一門」があるが別物なので注意。
概要を読みたいだけなら、「堀川国広とその弟子」のほうが読みやすいけどね。 詳しい話は、大鑑に、その弟子の記述加えたらだいぶゲットできるはず。 https://t.co/bfKsGI9j9U
https://t.co/XD0un6r85n めっちゃ読みてえええ!!
はっ でも国立には…あるんだ… http://t.co/kdUjqI9g3U

収集済み URL リスト