著者
清明朝臣 撰
巻号頁・発行日
vol.巻1-2, 1600

『簠簋内伝』とも称される。日時、方位等の吉凶や禁忌等を解説した書。平安時代の陰陽家安倍晴明(921-1005)著と伝えるが、鎌倉時代末期から室町時代に成立した偽書と考えられる。簠、簋はともに古代中国の祭祀器、また金烏は太陽、玉兎は月で陰陽を表わす。掲出本は巻一、二のみ存する。巻尾題は「三国相伝宣明暦経注」。朱引き、合点、墨書の訓点、送り仮名がある。天文学者新城新蔵(1873-1938)旧蔵書。『増補古活字版之研究』によれば古活字版に6種あるが、掲出本と同種は寛永5年(1628)刊の旧安田文庫所蔵本(巻三~六。あるいはもと掲出本と一具か)が知られるのみ。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

すげぇ。見えるけど読めない。「三国相傳陰陽輨轄簠簋内傳金烏玉兎集 」(打てない) https://t.co/VohYRemMZI
国立国会図書館デジタルコレクション - 三国相傳陰陽輨轄簠簋内傳金烏玉兎集. 巻1-2 https://t.co/5gyZa7xnbD

収集済み URL リスト