2 0 0 0 OA 絵本倭比事

著者
西川祐信 画
出版者
梅村弥右衛門[ほか5名]
巻号頁・発行日
vol.附巻画法彩色法巻, 1742

西川祐信著の画法書。9巻附1巻のうち附巻のみ存。寛保2年(1742)正月、京都・梅村弥右衛門ほか5軒刊、半紙本1冊。後印本。巻首「絵本和故事附巻画法彩色法巻」とあるように、画法と彩色法から成る。奥書、元文3年(1739)春京師文花堂右京誌。「画図稽古之事」に「何流にても我思ひ入たる画工を師としてつら/\心をとめ、まづ筆勢と水墨とを第一に学び、次に図を書習ふべし」と、画法の手ほどきを簡易に説き起こす。「和画之事」では「鳥羽僧正覚融、土佐光信、及浮世又兵衛等尤名手をふるへり、是等の趣を以て書べし」とあり、その拠るべき手本とされた存在が知られる。その他、和画を以て鳴った祐信の面目を伺うべき条々が多い。(鈴木淳)(2016.2)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 6 favorites)

凡絵を学ばんとせば、自己の了簡のみにしては成がたかるべし。…初心の内より図形を好み、細密なる絵をのみ思にかくれば、画体すくみたる様になりて縦ひ能画たるとも、玄妙の境に至る事難かるべし。 西川祐信 「画法彩色法」https://t.co/MQjjfEfms1

収集済み URL リスト