著者
菱川師宣 画
出版者

菱川師宣の職人尽歌合絵本。初板と考えられるのは、貞享2年(1685)2月刊。大本上下2巻合1冊。上巻はさらに二分され、それぞれの区切りに山水画の口絵を配する。中世以来、職人絵の題材として盛んに描かれた『七十一番職人歌合』の本文に基づいたもので、序には、『四十三番職人歌合』に従ったとするが、不審。各丁は、上欄に、『七十一番職人歌合』の歌、判詞を載せ、下段に師宣の職人絵を配する。また、絵にも会話文の詞書がある。師宣の職人絵は32丁(1丁欠)で、計64種。職人は、「ばんざう(番匠)」「かぢ師」「かべぬり」「ひわだふき」以下、さまざまな職人、商賈から成る。はじめの「ばんぞう」「かぢ師」は烏帽子から中世風と判断されるが、あとは当世風にやつしている。(鈴木淳)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

和国諸職絵つくし https://t.co/vEXKpFPRGG https://t.co/DfG18IzEQX
1 1 https://t.co/fqnFaZpvsw https://t.co/tvhFiPuHZV
あとでみる。 和国諸職絵つくし https://t.co/JLY8GCG7AB

収集済み URL リスト