著者
明李時珍撰
出版者
野田彌次右衞門刊
巻号頁・発行日
1637

『本草綱目』和刻本には次の3系統14種がある:( )内は同じ版木を用いた種類数―1.寛永14年本(6種)、2.万治2年本(3種)、3.寛文12年本(5種)。本資料は1.に属し、しかも刊記に「寛永十四年初春吉日/魚屋町通信濃町/野田弥次右衛門開板」とあるので、京都の書肆野田弥次右衛門が日本で最初に翻刻した寛永14年(1637)の初刊本と思われる。当館は、1.系統の稲生若水校訂本(特1-970:和刻本のなかで最良という)、2.系統の松下見林訓点本(特1-894)、3.系統の『[校正]本草綱目』(499.9-R45h-s)および『[和名入]本草綱目』(157-42)なども所蔵する。3.の系統は貝原益軒著の附録1冊(『本草綱目品目』と『本草名物附録』から成る)を有するので、本文も貝原益軒が訓点を付したとされるが、同一漢名に対する和名が本文と附録で異なる場合が多い、本文と附録の枠の大きさが違い、附録は後からの追加と思われることなどを考え併せると、本文の校訂に貝原益軒は関与していないようである。(磯野直秀)

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

@inoinowanko @onoyuji_daye 掲載しています。私としては、図はともかくも、宮下三郎先生の解説がありがたかったです。 なお図に関しては国会図書館のデジタルコレクションで次のものが閲覧できます。 ・寛永14年野… https://t.co/KoAiU4pBV6

収集済み URL リスト