著者
勝安芳 述
出版者
鉄華書院
巻号頁・発行日
vol.続編145p, 1898

言及状況

Yahoo!知恵袋 (2 users, 2 posts)

斯学=養心。この語は引用のしばらく後にあります。 「斯学に功を用う(ふ)る」=心を涵養するための学問において有効なのは。という程度の意味です。 「入る」=入る。己の内に「天機霊活」が入ってくる。「翁曰く」の内容は抽象的ですが、全体として理解すべきです。「己の心を鏡のようにしておけば何にでも対応できる。たとえどんなに複雑困難な状況に直面しようと、天来のインスピレーションを得ないことはない」という ...
ご指摘の『海舟先生氷川清話 続』を国会図書館の近代デジタルライブラリーでブラウズしてみると、以下の文献が見つかりました。 [1] 『海舟先生氷川清話 続』、[勝安芳 述] ; 吉本襄 撰、鉄華書院, 1899 6版、附録8頁 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918324/83 この史料によると、確かにご指摘の文言が見つかりました。 そこで、国 ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

http://t.co/4SDcJIR8WW 「今の処で一流の人物といったら、まづ伊藤、井上、山縣だらうよ」 勝先生の伊藤・井上・山縣評がなんとなく意外だった。でも聞多がなます切りにされたとき俊輔逃げてないです。在長州です。

収集済み URL リスト