言及状況

教えて!goo (1 users, 1 posts)

日本でも実に多くの当て字が創られたようですが、この2種類については、初期はオランダ経由での中国ではその外見から「玉偏」で、その後まとまった量が輸入されて服用が始まってからは当地では「口偏」へと移行されたとの見方もあるのではないでしょうか。 ちなみに日本においては、オランダ人がもたらした天明年間の記載文献『紅毛本草』では「コッヒ・イ」の当て字であり、その後も「コッヒイ」「カウヒイ」「カッヘイ」「 ...

OKWave (1 users, 1 posts)

日本でも実に多くの当て字が創られたようですが、この2種類については、初期はオランダ経由での中国ではその外見から「玉偏」で、その後まとまった量が輸入されて服用が始まってからは当地では「口偏」へと移行されたとの見方もあるのではないでしょうか。 ちなみに日本においては、オランダ人がもたらした天明年間の記載文献『紅毛本草』では「コッヒ・イ」の当て字であり、その後も「コッヒイ」「カウヒイ」「カッヘイ」「カ ...

Twitter (5 users, 14 posts, 3 favorites)

初出刊本であろう、春陽堂版『文学評論』の当該箇所 https://t.co/xs0mKA73lB 及びその周辺には、「嘗」字も、〈「嘗」の〈己〉を削って天地を縮めたような文字〉も、出現していないように見える。 https://t.co/UY5M7gN3xJ
同じくWeb版夏目漱石デジタル文学館 https://t.co/rsHBMh3SKM の『文学評論』原稿、これも初出が春陽堂の単行本でよいのだとすると、漱石山房原稿用紙の右下隅に見られる「松原」「佐藤」等の墨書は(築地活版の… https://t.co/hdeUxX33Sp
夏目漱石で #珈琲咖啡探索隊 といえば築地活版が明42に刷った『文学評論』、目次の五号ゴチックと六号明朝 http://t.co/7kWfbfWMJU 及び本文頁 http://t.co/Pf8GuaJhH2 の四号明朝が「咖啡」なのに本文五号活字が「珈琲」。
夏目漱石で #珈琲咖啡探索隊 といえば築地活版が明42に刷った『文学評論』、目次の五号ゴチックと六号明朝 http://t.co/7kWfbfWMJU 及び本文頁 http://t.co/Pf8GuaJhH2 の四号明朝が「咖啡」なのに本文五号活字が「珈琲」。

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト