UCHIDA Akira (@uakira2)

投稿一覧(最新100件)

2 2 0 0 印刷雑誌

@kobashonen 手書きの版下を木彫し、electrotype法で亜鉛版を鋳造、活字と共に印刷したのではないでしょうか。 https://t.co/2eCFTltc7x(明治24年5月『印刷雑誌』1巻4号末尾に掲載の製文堂「電気版広告」に曰く「新聞挿画ノ如キハ二十四時間内ニ出来仕候間迅速ヲ尚ブ版面ハ陸続御注文被仰付度」云々)
@kobashonen 昭和12年版の『長野県商工名鑑』に、松本市片端の活版印刷業「小林重人」氏の名が見えますね! https://t.co/QAlGYiCny5 https://t.co/HOYr6gFg5j
RT @SonohennoKuma: まず、たとえば次世代影響への不安は、利用するメディアと有意差があるとの論文があるわけですね。 https://t.co/5YN8EggBvC 報道が、風評や人々の偏見に影響を与えているエビデンスがある。 その上で、朝日新聞のこれまでの報…
RT @7XL03: https://t.co/579bmYiw2Q 国会図書館デジタルコレクションで公開されてる熟語本位英和中辭典、当時からページが抜けていたらしくて戦前の学生の叫びがそのままスキャンされている https://t.co/FknDyHDiAd
RT @hayakawa2600: 知らんかった(第一次)交通戦争=「1959年から1960年にかけての2年間の交通事故死亡者数が、日清戦争での日本の戦死者数(2年間で1万7,282人)を上回ったことに端を発し、この状況は一種の「戦争状態」であるとセンセーショナルに形容されたこ…

4 0 0 0 OA 印刷術

樹脂版とか亜鉛版とかを貼り付けて活字の高さと合わせる箱は金属製だと「メタルベース」って呼ばれてるけど、木製の場合は「ウッドベース」でいいの?とか、素材を問わず名指す場合は何て呼ぶの?とか思って矢野道也『印刷術』上巻を見たら、単に「台」と書いてあるのだった。https://t.co/lSLrLdYRy2 https://t.co/Hj5kDtV2yT

1 0 0 0 日本印刷界

@edition10 突然の亀レスすみません。右から順に①岩橋榮進堂(京都市四條新町西入上ル)https://t.co/v0x11SE07m、②と③青山進行堂活版製造所(大阪市南区長堀橋筋)、④浪速活版製造所(名古屋市東区鶴重町)https://t.co/A9SLh618DV は探し当てることができたのですが、⑤が判りません。

1 0 0 0 印刷時報

@edition10 突然の亀レスすみません。右から順に①岩橋榮進堂(京都市四條新町西入上ル)https://t.co/v0x11SE07m、②と③青山進行堂活版製造所(大阪市南区長堀橋筋)、④浪速活版製造所(名古屋市東区鶴重町)https://t.co/A9SLh618DV は探し当てることができたのですが、⑤が判りません。

2 0 0 0 OA 活版術楷梯

遅くとも明治24年には「新七号活字」を提唱していた大阪活版のピンマークが、初号・三号・四号・五号の「活字の形状」図に示されている梅渓生『活版術楷梯』(明治35 https://t.co/6jbUiltvbd)で七号活字が通常のルビ活字サイズなのは、やはり新七号がその時点で普及してなかったからなんだろうな… https://t.co/wt3AhPxwry

1 0 0 0 印刷雑誌

@kzhr …#ndldigital 個人送信にて再確認を繰り返したところ、既にお気づきかもしれませんが、1891・明治24年の大阪活版『印刷雑誌』1巻2号広告(https://t.co/toeeEjbHo0)で「当所は両三年以前より活字字母の改良に着手し漢字仮名共第一号より第七号(四号四分一即チ新七号)に至る迄悉皆之を整頓」と…

2 0 0 0 印刷雑誌

@kzhr 私は『書物学』15号34頁に記した通り、四号活字の4分の1サイズであるところの「新四号」活字の初出を、1905・明治38年の築地活版『印刷雑誌』15巻7号広告(https://t.co/XphG3OdQCY)だと思い込んでいたため「明治25-26年」という推測に驚いていたわけなのですが…
何度も目を通している筈の大正11年版『全国印刷業者名鑑』で新発見。 青柳活版所広告「活字角は築地角及秀英角の両種あり御望に応じ調整可致候間何卒多少に不拘御用命の程願上候」https://t.co/FJANlC277g。 各社「号数」活字の微妙なサイズ差を「築地角」「秀英角」と呼び、調整した上で鋳造・販売。 https://t.co/r6Y2waoqS9
RT @KONITASeiji: ↓RTで思い出した。 今、大学院の授業で、「江戸戯作の「連載」構想」という04年に書いた文章 https://t.co/WhZ1k8e0SL を解説しながら読んでるんだけど、この、雑載の器となる逐次刊行物が近世になかった(?)ことについては何か…
三谷幸吉『直ぐ役に立つ植字能率増進法』に掲載されているミタニ製作所の罫切機広告(https://t.co/NfalyGaP7l)
RT @yubais: 「味の素1瓶分のアミノ酸を得るにははやぶさ2が何機必要か」という記事を書くために論文を読んでみたが、残念ながらアミノ酸の濃度はまだ定量していないらしい https://t.co/J1Ka4i7aG5
RT @lysling: 『国立国会図書館月報』2022年6月号に載っている「松平慶民の蔵書」の中で、オラフ・ステーブルトンの蔵書がありますが、松平慶民はイギリス留学時代、カレッジでステーブルトンと友達だったんですね。松平の書き込みが面白い。https://t.co/L7Co2…
RT @machida_77: このエピソード、『新潟交通20年史』の座談会「競合時代の思い出」の冒頭(68コマ)に出てくる話で、国会図書館デジタルコレクションの個人送信で利用できます。この座談会が面白い内容なんですよ。 https://t.co/imlpo2flVX
RT @hayakawa2600: 加藤康司『校正おそるべし』(有紀書房、1959年)は、誤植を出すたびに「「校正おそるべし」と言いますからね」と嫌味を言われるので、書名はたいへん有名だと思うが、読んだことはなかった。NDLデジコレで公開されたので読んでみると、面白すぎ&怖すぎ…
やべぇ、そういえば国会図書館個人向けデジタル化資料送信サービスで大伴昌司[他]『カラー版 怪獣ウルトラ図鑑』(1968昭和43年、秋田書店)https://t.co/AgIphFyrgY も閲覧できるじゃん! 「宇宙からゾーフィにあやつられて地球へやってきた」(57コマ/109頁)
RT @2SC1815J: 国立国会図書館「個人向けデジタル化資料送信サービス」によって、中学時代のバイブルだった『アマチュア科学者 : 輪ゴムのエンジンから原子破砕器まで』https://t.co/ZIwzBTX5h2 が家で閲覧できるようになっている!
RT @2SC1815J: 10年前、長音符の最古の使用例を追っていたとき、これがそうではないかと思った資料、河口良庵「寛文十庚戌歳阿蘭陀語」(1670年)について紹介されている記事 https://t.co/JxP43USZ0E(河口良庵著(寛文十庚戌歳)『阿蘭陀語』本に就い…
RT @2SC1815J: 国立国会図書館「個人向けデジタル化資料送信サービス」が本日より開始! ついにここまで来たかと感慨深い。従来、家では調べられなかった『東京昭和十一年 : 桑原甲子雄写真集』https://t.co/XBTFZULfqe も閲覧できた。やはり歴博の「カフ…
RT @kzakza: NDLの個人送信が利用できるようになったら、今のご時世だとこれをおすすめしたくなる。 『戦時の嘘 : 大戦中の各国を翔け回つた嘘のとりどり』 https://t.co/CjN0NEHf53
…図書館送信サービスが提供されてる図書館に(開館時間帯に)出かけてトロい回線で閲覧させてもらうじゃないですか。それが「送信資料」だったら自宅で見られる!一瞬で確認完了!!やべぇ!!! https://t.co/UoxA9pfIcQ

3 0 0 0 OA 新撰讃美歌

RT @uakira2: @yhkondo #ndldigital の明治21年版新撰讃美歌(無楽譜版)には、精細カラー画像のもの(https://t.co/LWCjaUav6l)が追加になっていて、内容紹介にはこちらがお勧めです。ご参考まで。

3 0 0 0 OA 新撰讃美歌

@yhkondo #ndldigital の明治21年版新撰讃美歌(無楽譜版)には、精細カラー画像のもの(https://t.co/LWCjaUav6l)が追加になっていて、内容紹介にはこちらがお勧めです。ご参考まで。
RT @archivist_kyoto: やあ、これは読み手があるというか、絶対に読み切れないというか。しっかり分析したら修論ぐらい行けてしまうのではないか… / “国立国会図書館七十年記念館史 : デジタル時代の国立国会図書館 : 1998-2018. 資料編 - 国立国会図…
RT @yuki_history: 『史苑』82巻1号に「『明治が歴史になったとき』を読む」という特集が掲載されました。リポジトリでPDFをDLできます。 https://t.co/rj0Zhvowga
RT @TR_727: @hayakawa2600 マジで。 「米国議会図書館には戦前陸軍が所有していた兵法関係書が多数所蔵されており、その中には忍者・忍術に関する重要な史料も含まれ/これら写本類は他に見られない価値の高いものが多いが、これまで目録が作成されているだけで内容につ…
RT @washou3956: メモ。『関東地域天正~慶長期検地帳目録(稿):文部科学省科学研究費基盤研究(B)中近世移行期検地帳の史料学的研究とデータベースの構築:太閤検地研究の再検討』(谷口央編、2022年3月)https://t.co/4WF1kKyCpA #こんな論文が…
RT @NIJL_collectors: 4年前に刊行された紀要論文がリポジトリに上がっているのに気が付きました。 「蔵書印でたどる大阪府立大学図書館小史」 https://t.co/kG7ICSikxN 『百舌鳥国文』2018-03-25
RT @hhttuuyyuu: 西本願寺本万葉集がネットで見れるようになっている! 去年の7月からあったらしい。気付かなかった…… 万葉集 : 西本願寺本. 巻1 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/EUcCbzSkQI
@jyunku @tsysoba 地方の印刷所、ほんと手がかりが少なすぎて困るんですよね(https://t.co/fnm39X9QTl)。 大正末まで城崎郡で活動していた印刷所は(橋本活版所含めて)全国印刷業者名鑑(https://t.co/GpIrq7o6rM)に載ってるんですが、豊岡印刷所の名前は見ません…… https://t.co/sglBo81R1Z
…四号、五号、六号、七号、すべて築地の「ま」は下が長いです。びっくり。https://t.co/OXcsy78SOq(明治36年『活版見本』)#明朝体の教室 12 https://t.co/AXrQqw8x2e
RT @uakira2: 小秋元氏の「科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)報告書 朝鮮活字版研究の最前線」は、私家版として2018年に刊行された https://t.co/OcTdugbyuw というのだけれど、身近な図書館でアクセスできないものだろうか……。
RT @ariga_prdgmmkr: 一橋大学附属図書館が以前に取り組んでいた西洋貴重書の事業、総括的な記事が出ていたことに気づいた。/CiNii 論文 -  「西洋古典資料保存に関する拠点およびネットワーク形成事業」 : 報告と展望 https://t.co/431CQwN…
RT @iwsk_tky: 職場の注意書き、 車が来ます ご注意下さい。 で「来ます」に句点がないのがずっと気になっていたんですよ。 なんと、同じことに気づいて論文に書いている人がいてびっくりしました。 https://t.co/qiU2UdX92g https://t.c…
RT @kzhr: “キリシタン版の日本語と印刷術についての研究 [論文内容及び審査の要旨] : HUSCAP” https://t.co/1Kr15TPDMT

8 0 0 0 OA 平家物語図会

.@mashcosan これはおそらく駸々堂版『平家物語図会』の殿岡北海による序(https://t.co/Di3XauJSpY)についての指定だと思うのですが〈当方大妻女子大学日本文学関係貴重書展未確認〉。

1 0 0 0 コギト

@19cBungakuKen (とすると、「上が広告下が刊記」ではなく「上下とも広告類」だったとしても、大妻女子大学図書館と関西大学図書館の『コギト』https://t.co/iGXuWJS9sv を突き合せれば、「いつ」の紙型か判明する可能性があるのだな!)
RT @Vandagill: 「日本の「ゲームセンター」史 : 娯楽施設が社会に根付く過程を中心に」 https://t.co/rFeQFLbkpg 博論公開されましたので告知。書籍化が間に合わなかった結果…ではあるのですが、ともあれそちらの方は一般向けにわかりやすくするなど含…
RT @fmptsr34: TLで楷書の話を見たが、近世における楷書については私も書きました。ただ、今、読み返すと非常に分かりにくいなと反省しています・・・・・・https://t.co/kccmECu7Wz
RT @apj: 同一問題による小中学生と大学生の学力比較 https://t.co/j66Ua9lXIC 全文読める。「国語に代表される読解力は、能力を維持するか向上していることに対して、数学・理科・社会などの推論や知識の適用に関する能力は、低下している」
RT @nekonoizumi: PDFあり。 先行研究だと概算しかされていなかった、松尾芭蕉の歩行能力の詳細な検証。さすが江戸時代の歩行距離研究の谷釜先生。 ⇒谷釜尋徳 「松尾芭蕉の歩行能力の検証 ::『曾良旅日記』の分析を中心として」 『体育学研究』(2021) https…
RT @multnameko: 【論文出ました!】 淡水・汽水貝類標本の新しい洗浄方法を開発しました。これまでに使用されていた方法と比較して、標本の殻皮を傷付けないため、殻表面の付着物を除去しつつ、標本の色彩や微細な彫刻を保存することができる方法です。 https://t.co…
RT @kinoboriyagi: 水害にあった紙資料がカビにやられる前に素早く脱水するスクウェルチ・パッキング法、博物館関係者用の資料だけど、知っておいたら役に立つ場面がありそうな気がする。 元資料のダウンロードはこちら→https://t.co/6GxcZUuZXc htt…
RT @archivist_kyoto: 福島 幸宏. 地域の博物館や図書館などは「地方写真」の拠点たりえるか?. 国立民族学博物館研究報告. 2021, 46-1, p. 163–181. こちら、速攻でリポジトリ公開されてました。人生で一番長く持ってた課題に、一応の決着を…

1 0 0 0 OA 色変化

@sanadakobundo @kameiasami これは二分(平型)活字ではありませんが、フォーマットの考え方としては等価な、〈「廿」や「卅」を用いて解決〉の例です:https://t.co/LNLABZVr7y https://t.co/8upkrH2rWY

3 0 0 0 OA 海外苦学案内

RT @okjma: 秋廣秋郊という人、 https://t.co/RrLmpHLiP2 国会デジコレにある藤本西洲との共著『海外苦学案内』(明治37)以外に見つけられないが、 https://t.co/glGkLLgS5q 手許に、大正13年『別れのダンス』幼年圖書研究會(少…
RT @okjma: 『字林改正玉篇』明治九年 https://t.co/KDpp3IyYno 国会デジコレの本は、製本をほどき、丁を開いてあると見える。白黒2値だし、破損もある。 手許の本は、見返しにマーブル紙が使われているが、もともとなのでしょうか。表紙裏には、この本の目録…
RT @JeffreyKotyk: 新しい論文:「漢訳アビダルマにおける宇宙論と『宿曜経』」。仏教と占星術に興味がある方、ご覧ください。(New paper in Japanese, English version is forthcoming.) https://t.co/M…
RT @yegusa: 国立教育政策研究所 #教育図書館 貴重資料デジタルコレクションで、2021/5/28に、カラー画像を公開した教科書・学習書「小学入門」等90冊ですがCiNii Booksの検索結果からたどれるようになりました。 例:https://t.co/GOtTP…
藤本幸夫先生の、この方面のテキストでいまオンラインで閲覧可能なの、③<東洋文化講座「大陸から目白へ : 学習院の東アジア学資料」講演録>「朝鮮の出版文化」(2014)https://t.co/furJMwVKfk があった。
どこにメモしてたか判らなくなってた件、ここにメモ。 小秋元段「韓国書誌学の最新成果にもとづく日本古活字版誕生の研究」(科研2016-2018)https://t.co/ja8OFSaxuX

43 0 0 0 OA 猪飼勝三郎届書

RT @kokeshinookimon: 国会図書館憲政資料室所蔵「川村正平(恵十郎)関係文書」の「猪飼勝三郎届書」。 平岡円四郎が刺客に襲われたことを知らせる史料。 渡辺甲斐守の旅籠よりの帰路に襲われ、深手を負ったとある。 https://t.co/jPxUBSIutI #青…
@paperpuntas @sobsin @Hajime_Okuma 最初の『小学五年生』が大正であるように、大正期の図案文字では〈一画目を省いた「五」〉が許容される場合があったようなのですが…… (添付は姉崎正広編『実用図案文字と意匠』https://t.co/5XuvC1zB5n) https://t.co/E7RCofWO91
RT @kunatabure: 藤原定家の歯病に関する考察(日本歯科医史学会第22回(平成6年度)) 「60歳台以後、慢性辺縁性歯周炎に罹患」「歯肉あるいは顔面に蛭を吸着させて瀉血し、歯肉に膿腫を形成した場合は鍼により排膿」「蛭による瀉血は屡々行われたようで、定家自身・・・『…

2 0 0 0 OA 笑家用文庫

#ndldigital https://t.co/Nj1h44NL2o というか国会図書館書誌 https://t.co/oRXsq4vK5eは、「笑家用文章」であるべき表題が「笑家用文庫」で誤登録されているので、検索の便を考えて「文章」を別名で追加登録して欲しい。

122 0 0 0 OA 空の中隊

RT @nue213: 併せて下記も読むと新関の凄さがわかります。 ナカムラ・マンガ・ライブラリー『チビ連隊長』(1934)、『不思議な英雄』(1935) https://t.co/E5lJAv0r7p ナカムラ絵叢書『アフリカ探検』(1940) https://t.co/OH…
RT @Zhang_Mao: おー、これ面白い。当該書誌BN15519190の修正の歴史が、各大学のローカルに残ってるのか。現在のNACSIS-CATのデータ(利用者視点では、CiNii Booksのデータ)と合わせて、三つの時代の書誌がある。 https://t.co/lYC…

8 0 0 0 OA スエズ運河

RT @hakkutuNDLDC: 国会図書館デジタルコレクション スエズ運河 (海外文化資料 ; 第10輯) / 日本文化中央聯盟 編 (日本文化中央聯盟, 1941) https://t.co/H407kokP9E
RT @kokeshinookimon: 「太平洋・大西洋という概念っていつ頃登場するんだ?」という素朴な質問を仕事で受けて調べているなかで読んだ論文。目から鱗であった。 米地文夫「太平洋は当初「大平洋」であったー「大」間違いか「大」正解か」(『季刊地理学』61号、2009年)…
RT @DT_stylo: @pencilandnoteb1 ブルーブラックには(当時はブルーブラックと呼ばれてなかった)ブルーの顔料や染料による作為的な着色は無かったようです。保存性を求めて作られた没食子インクが結果的に筆記時には濃紺色をしていました。 こちらの論文に1400…

26 1 0 0 OA 本草綱目草稿

RT @89_archives: お休み中にお宝デジタル史料みつけて興奮しちゃったので、鍼灸書じゃないけどツイートしてもいいですか… 日本の本草学の集大成として知られる小野蘭山『本草綱目啓蒙』の草稿 兼 講義録、すごいですよ… 国会図書館所蔵https://t.co/MOOY…
RT @a24isobe: 十返舎一九『宝船桂帆柱』(岩戸屋喜三郎、文政10)- NDLデジコレ ▼版木師(上巻5オ) ——板木師画像といえば眼鏡がセット。「写本がくどいと骨が折れる」。 https://t.co/4v4oWyx4Yp ▼本屋(下巻20ウ) ——海上輸送用に…
RT @a24isobe: 十返舎一九『宝船桂帆柱』(岩戸屋喜三郎、文政10)- NDLデジコレ ▼版木師(上巻5オ) ——板木師画像といえば眼鏡がセット。「写本がくどいと骨が折れる」。 https://t.co/4v4oWyx4Yp ▼本屋(下巻20ウ) ——海上輸送用に…
RT @koyulic7: 「売られゆく女;公娼研究」とい1918年の本(娼妓になるときの身体検査を担当していたお医者さんが書いた)に出てくる言葉が1ページ目から現在でも全然古く感じないような内容で、こんなに同じなんだなって思ったんだ。 https://t.co/mgVMy9f…

2 0 0 0 OA 帝国商工名鑑

@poyan8 @Tosche_J 〈丸に「山」〉〈丸に「ひ」〉〈丸に「は」〉のように全国各地で見られそうなありふれたもの https://t.co/Jcx7rtWPIW だけでなく、021〈旗印〉や030〈マルハサクラ〉のように個別性が強そうなものが幾つか含まれているので、「いつごろ」「どの地域で」という手がかりが得られるかもしれません。
The typeface completed in this way was called "築地初号" and was used for more than 100 years without any change in appearance (1903 specimen book『活版見本』https://t.co/V9kiNzU62b). https://t.co/t4V37LWPLD

7 0 0 0 OA 座右之友

But it can be said that the whole developing process was not completed until the 1890s. We can see 1894 specimen『座右之友』https://t.co/8CPBjPZhBZ and 1895『座右之友 第二』https://t.co/vlc0hHkJMf . https://t.co/89BlQifnXi

5 0 0 0 OA 座右之友

But it can be said that the whole developing process was not completed until the 1890s. We can see 1894 specimen『座右之友』https://t.co/8CPBjPZhBZ and 1895『座右之友 第二』https://t.co/vlc0hHkJMf . https://t.co/89BlQifnXi

11 0 0 0 OA 活字紋様見本

The 初号活字 of 印刷局 is not listed in the 1877 specimen book, but appears in the 1885 specimen book 『活字紋様見本』 https://t.co/MuviNVUG1O . https://t.co/n1P3wUewwV
RT @KONITASeiji: 今、ふと思ったんですが、江戸時代のガイドブック類の「独案内」と言う書名は「お一人様用」という意味ではなくて、「これ一冊で足りる」ていう感じですかね。 なんか、由来が書いてあるような序文とか、無いですかね。 https://t.co/0jZlMw…
RT @zasetsushirazu: 昭和47年(1972年)1月21日、『帰ってきたウルトラマン』第41話「バルタン星人Jrの復讐」が放送。花岡敬太郎「「帰ってきたウルトラマン」制作過程から読み解く1970年代の変容の兆し」(『明治大学大学院文学研究論集』49)は、郷秀樹と…

52 1 0 0 OA 吾輩ハ猫デアル

内容的には漱石『吾輩ハ猫デアル』https://t.co/ezUGaVZdd9(大倉書店、上巻)なので、切りよく言うなら〈明治40年頃〉の方が良さげ。
明治39年に東京朝日が主催した「ろせった丸」満韓巡遊記念の写真帖に「ろせった朝日活版所/新聞掛」という写真があって https://t.co/Jq6ey0bICH なるほど5号の活字ケースが9枚あれば常用の文字種で小さな新聞は刷れるよねと納得するんだけど印刷機が不明なところが残念。 https://t.co/uD3MFINja8

61 0 0 0 OA 東京市土地宝典

RT @TWei1ye3: #国会図書館デジタルコレクション は、本当にありがたい史料群だが、100%表示しても、史料が読めないのは、ちょっとどうにかしてほしい。 もっと高画質画像を用意する、 史料頁に不具合報告のリンクを貼る、 などの対処を国立国会図書館 @NDLJP には…
16-17世紀の東アジア(含日本)の度量衡の実体って、どういう感じだったんだろう。特に知りたいのは度(長さ)のことなんだけれど…… と思いながら鶴園裕「李朝末期の度量衡」https://t.co/pZ6pLqRbBV を斜めに読み始め。
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa

1 0 0 0 OA 禅機世機

#ndldigital で東亜堂縮刷名著叢書を眺めてたら、高津柏樹『禅機世機』https://t.co/Oe3twfsJpN(大正7年、本文築地電胎9ポ)の奥付が面白いことになってた。 五号活字で組まれた氏名の字間調整に使われたクワタが印刷されてしまった模様。(図は込物として全角・二分・三分・四分を使用と推定。) https://t.co/CYDcoNgJWL

1 0 0 0 OA 扶桑教

原表記が「枎桑教」である資料の書誌登録が「扶桑教」に正規化されてて別タイトル記載もなく辞書の調教もされてないので「枎桑教」でhttps://t.co/a15WYEdj1P を検索できないNDLサーチ https://t.co/IP1WOA4yh0 弱すぎ。
昭和8年版『印刷美術年鑑』https://t.co/l8gjQmsPFf も #ndldigital での公開範囲が狭いので、『聚珍録』第二篇982頁から年鑑に出稿された森川龍文堂のカナモジカツジ広告を重引。 https://t.co/5oJcglXJKW
後に『漢字制限の基本的研究』https://t.co/jEsUYAifkS を著す岡崎常太郎の、昭和5年刊『テンネンショクシャシン コンチュー700シュ』は #ndldigital の公開範囲が「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」で、かつおそらくモノクロ低画質 https://t.co/EVOZlTUfy6 なので、…
後に『漢字制限の基本的研究』https://t.co/jEsUYAifkS を著す岡崎常太郎の、昭和5年刊『テンネンショクシャシン コンチュー700シュ』は #ndldigital の公開範囲が「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」で、かつおそらくモノクロ低画質 https://t.co/EVOZlTUfy6 なので、…

4 0 0 0 OA 印刷術

〈印刷局内で行って好評だった講和を本にまとめた〉と大正2年4月付の前書に矢野道也が記している『印刷術』https://t.co/sEUKEho4DJ 凡例冒頭が「本書は中学校卒業程度の学力ある人にして印刷術を組織的に研究せんとするもののために編みたるものとす」というのが、…
また大正2-3年版『東京美術学校一覧』の嘱託職員に矢野の名も色彩学・印刷術の科目も見えず https://t.co/FtZ1KIHQdp、大正3-4年版から色彩学と印刷術の担当として矢野が嘱託職員となっている https://t.co/9mYOcYEaBa という状況を、…
また大正2-3年版『東京美術学校一覧』の嘱託職員に矢野の名も色彩学・印刷術の科目も見えず https://t.co/FtZ1KIHQdp、大正3-4年版から色彩学と印刷術の担当として矢野が嘱託職員となっている https://t.co/9mYOcYEaBa という状況を、…
大正3-4年版『東京高等工業学校一覧』工業図案科の職員欄 https://t.co/7LMKQBTUT6 に「本科ハ現在生徒卒業迄存置シ其ノ教育ヲ東京美術学校ヘ委託セリ」とあって、前年まで色彩学の講師として招いていた https://t.co/1ahp3v83Bc 矢野道也の名が無くなっていること、…
大正3-4年版『東京高等工業学校一覧』工業図案科の職員欄 https://t.co/7LMKQBTUT6 に「本科ハ現在生徒卒業迄存置シ其ノ教育ヲ東京美術学校ヘ委託セリ」とあって、前年まで色彩学の講師として招いていた https://t.co/1ahp3v83Bc 矢野道也の名が無くなっていること、…

1 0 0 0 OA 官報

大正3(1914)年9月5日付の官報630号で告示された文部省令第25号 https://t.co/9lf0L2aciA について、東京高等工業学校が工業図案科の「一部」授業を東京美術学校に委託するものだと思っていた https://t.co/ePBDnhppW7 けど、おそらくこれは誤解で、その秋から始まる数学年については…
@yukiakari @mashcosan ちなみに宮崎榮太郎卒業後の進路が書かれているのは、さきほど記したリンクの次のページ: https://t.co/4HrfUA5QcD でした。
@yukiakari @mashcosan 川田の進路探しに使った資料に、この宮崎が築地活版の宮崎榮太郎だって、書かれてました。 https://t.co/wuktFkoo1V

2 0 0 0 OA 官報

@yukiakari @mashcosan わたくしの見立てでは、1914年6月に東京高等工業学校の工業図案科に入学し(https://t.co/Np1jNV6N8Z)、1917年7月に同科「製版特修」を卒業した(https://t.co/YiXDI9bBny)三重県平民・宮崎榮太郎が、築地活版の技師になる宮崎ではないかと思います。

3 0 0 0 OA 官報

@yukiakari @mashcosan わたくしの見立てでは、1914年6月に東京高等工業学校の工業図案科に入学し(https://t.co/Np1jNV6N8Z)、1917年7月に同科「製版特修」を卒業した(https://t.co/YiXDI9bBny)三重県平民・宮崎榮太郎が、築地活版の技師になる宮崎ではないかと思います。

3 0 0 0 OA 官報

@yukiakari @mashcosan ちょうど今井直一と宮崎榮太郎が高等専門学校に通っていた時期、東京美術学校と東京高等工業学校に一部授業の委託制度が設けられていました(1915)。今井は1916年4月に東京美術学校製版科(1915発足の学科)に入学していますが: https://t.co/si6aOopgJl
RT @ShinyaMatsuura: それでも関西はまだましで、これが北九州で電子音楽を作っていた今史郎とか、福岡拠点だった三村恵章となると、悲しいかなもうほんとわからない。 https://t.co/F2ZwLwYwpU https://t.co/bGMsQsvZHX
RT @NIJL_collectors: リンク変わっちゃってるので、再度オススメ [きょうのPDF]菅原 洋一「明治期商家銅版画資料に関する歴史情報学的研究」 https://t.co/Eqqjjw8kGN 成果公開から約6年とはいえ、7934 downloads はスゴい…
RT @uakira2: @CelPhineas 創業20周年の記念に『富多無可思』を刊行した青山進行堂の社主青山安吉について、1934年に発行された『本邦活版開拓者の苦心』が、「南海堂書体の継承篆書ゴヂックの創始者」という見出しで紹介しています。 https://t.co/K…
@CelPhineas 創業20周年の記念に『富多無可思』を刊行した青山進行堂の社主青山安吉について、1934年に発行された『本邦活版開拓者の苦心』が、「南海堂書体の継承篆書ゴヂックの創始者」という見出しで紹介しています。 https://t.co/KFy8t9Su4l

8 0 0 0 OA 平家物語図会

板本仮名序のマルジナリアに〈「明」を塗り潰し消した下から「菱湖\花枠四号系ナシ」(赤)と文字種と匡郭、活字の大きさ、罫の指定があり〉とあるのが駸々堂の活字本『平家物語圖會』高井蘭山編にて楷書活字で再現されている様が明かされるのもスゴイ。 https://t.co/Di3XauJSpY

お気に入り一覧(最新100件)

掲載されました。この研究は自閉スペクトラム症(ASD)のある幼児を持つ日本人の親に対して、家庭ベースの応用行動分析(ABA)を実施する上での利点と困難点に関して分析を行ったものです。https://t.co/gjvXcOnvzx
単純によく「カルト」がわかってないから「スピリチュアリティ」を「擁護」できるんだとよく言われるけど、私の博論: CiNii 博士論文 - 現代日本社会における宗教と暴力 : 「聖なるもの」と「私」の社会学的考察 https://t.co/3kVBGqnpAT #CiNii
これはすごい KAKEN — 研究課題をさがす | アメリカにおける「自己啓発本」出版史に関する文化論的研究 https://t.co/9X1qtpUvgJ https://t.co/t4GFigkFMu https://t.co/uDaOfQm8iT
ヘボン式しかなかった日本のローマ字に、日本式(訓令式の元祖)を、導入したのは、田中館愛橘である(明治18年・理学協会雑誌)。彼の論を取りまとめた小パンフレットが、日本のローマ字社から出ている。この方面の基本文献と言える。詳細な音声学的考察がなされている。https://t.co/8q0afuJc05
さらに、沖縄のシングルマザーが共同体に助けられている、という俗説を聞き取り調査から批判したのが平安名萌恵の論文「「沖縄の非婚シングルマザー」像を問い直す」(2020)です。 https://t.co/WV8Z5yniJV
↓RTで思い出した。 今、大学院の授業で、「江戸戯作の「連載」構想」という04年に書いた文章 https://t.co/WhZ1k8e0SL を解説しながら読んでるんだけど、この、雑載の器となる逐次刊行物が近世になかった(?)ことについては何か説明されてる物があるのか気になっている。 https://t.co/iYaYnJgSAJ
https://t.co/U97s6cZw1n この末尾のような立場は享受史にしか成り立たないわけで言語史はやりづらいな
(必読)おれのやってること(市電写真アーカイブ・古本市・Wikipediaブンガク)全部入り、って感じでびっくりして読んだ。 / “岡野裕行 三つの文学散歩:野田宇太郎からウィキペディアタウンへ” https://t.co/dlDWhPoSTe
アメリカの銃規制は日本で言う「国体」に近いものがある。 これは2008年の憲法訴訟に対して連邦最高裁が修正第二条の解釈を示したときの解説論文。 https://t.co/HXScrGObYu
日文研の学術誌『日本研究』に掲載の大塚英志氏のこの文章、単なる学会展望というより、氏の膨大な著作に根ざしたポピュラーカルチャー「研究」批判として骨太の論考になっている。刊行当時も読んで唸ったが、改めて読むと今回論争になった書評の内容にも直接繋がっている。 https://t.co/NxgSkDPvkm

1 0 0 0 郷土

@uakira2 @shomotsubugyo ありがとうございます! よめました! https://t.co/zjHzN9VKXw
「頁を繰る度にこうした誤りが散在していて、知らずに読んだ読者に無数の偽知識をせっせと植え付けていく」 https://t.co/IUgq2NHP7Z とまで ひょーされた ちょしゃが、おなじ ちょーしで ほんお だしつずけているのに、ほんと うんざりする。
大阪工業大学図書館枚方分館さん、ご購入ありがとうございました。 「中近世移行期の文化と古活字版」(勉誠出版刊)、ついに大台、101館目。 https://t.co/JTQq5WFOzg
ふむふむ:「常食と菓子とを区別しようとすれば、生産者と消費者の認識の違いに依拠しなければならない。したがって、和菓子の歴史を明らかにしようとする場合、菓子自体の展開よりも、菓子屋の変遷を明らかにしなければならない」:和菓子の変遷と菓子屋の展開 https://t.co/IRocXLF6A3 #CiNii
マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://t.co/syYj33sKnU https://t.co/aMr3zzhfmc
富山市立図書館の山田孝雄文庫に「刀剣書」で登録されている本は、新出の古活字版であった。巻首一丁を欠くが、昨年発見され、貴重書になった国会図書館の『和朝古今鍛冶之次第』と同版、慶長16年刊の『本朝古今銘尽』と同一の活字を用いている。 https://t.co/OsW5a9W4Tc
読んでいた本のおわりにに書いてあった論文。知らなかった。 https://t.co/AC0rPHdJes
https://t.co/eqNcirlysO 流行歌の歌詞の分類からは 1945.1965.1975辺りにそれぞれに変曲点があるらしいです。 https://t.co/JqzVRTgBaD https://t.co/06ctlj317U
アウシュビッツの人体焼却炉の件、最初に知ったのはこの論文だった。PDFでタダで読めます:フォルクハルト・クニッゲ編(柴嵜雅子訳)「「最終的解決」の技術者たち」:『国際研究論叢』(大阪国際大学紀要) 21(3), 149-164, 2008-03 https://t.co/CKM7VVNUcj
僕は論文が書けない - Life is Beautiful https://t.co/Mgaa6BgjT4 九大出身者はこれ系のタイトルをつける呪いにかかっている 例→https://t.co/iIyvIjxP1x
「近衛家の和歌添削資料の中に、「菖蒲」の「蒲」の文字を「艹」の下に「補」と書く異体字を記すことを称揚する例があり、その根拠を定家自筆本『拾遺愚草』の表記にあるとする例が報告されている」(ささき「テクスト、パラテクスト、秘儀伝授」『古典は遺産か?』52ペ)。 https://t.co/cXNFTUIF9n
ヨミダスはキーワード付与がされているのが強みだが、訴求入力は「あらゆる専門分野にわたる記者とOB記者たち延べ300人近くを動員し,13年を費やし」とのことで、OBも動員している。 J-STAGE Articles - 読売新聞のデータベース事業とヨミダス用語辞書 https://t.co/cNU3Mj5Vyy https://t.co/tsw2WJCn2G
これに関しては、こんな論文が出てたりしますね 丸島和洋「敢えて実名を記す ー「二字書」という書札礼」 (『古文書研究』88号 2019年) https://t.co/S55xpyZK8T https://t.co/uv1gWYMWzM
そういえば、こういう書評も書いていたのだった。統一教会の現在についてどうのこうの言うなら、こういうのや対象書ももちろん踏まえておいてほしいなあと。対象の問題点もおさえられるよ。 >「書評 櫻井義秀・中西尋子著『統一教会ー日本宣教の戦略と韓日祝福ー』」 https://t.co/dW7T034FN8
渋谷 綾子 -  料紙研究の最新手法と成果 https://t.co/x40KADpuEn
七五三の全国展開について、何か良い論文ないかなあ、と思って探してたら、べらぼうに面白い論文が。民俗学の論文だけど歴史学的でもあり。/ 岩本通弥 「可視化される習俗 : 民力涵養運動期における「国民儀礼」の創出」国立歴史民俗博物館研究報告 141(2008-03) p. 265 - 321 https://t.co/bzauXq7fSS
論文になってます。 「出版における言説構成過程の一事例分析―「江戸時代の識字率は高かった」という"常識"を例として」 https://t.co/cdtWpmaLPC https://t.co/XJ4mYiSvgP
私も公募の不採用通知今までの全部取ってあります。79通はさすがにまだないけど。。あとで読もう。 https://t.co/xkHnWRqDo1
ググったらまさにその逸話を出典付きで載せてる論文見つかったわ 金博男「清末における「日曜日」の受容」 https://t.co/E5qdOcgt2H 江庸『趨庭随筆』ですって https://t.co/MeIrSQAsWa
CiNii 論文 -  デジタルアーカイヴと研究プロジェクトの時代の影印本--国文学研究資料館編「リプリント日本近代文学」について https://t.co/SpKj1t6UqR #CiNii
@mokujiki2 おはようございます。添付資料14ページにはこういった記述もありますね。ご参考まで。 https://t.co/JMnDDDpuqn https://t.co/zXiRtdwN4Y
平川新さんは出羽国(現・山形県高畠町)の道場主、武田軍太の自伝をもとに「出羽国の庶民剣士―武田軍太「武元流剣術実録」の世界―」を発表した。まさに出羽の近藤勇という感じです。PDFで読めます。 https://t.co/fWOIK9lXqn
去年発表した論文「ポヱチカルな俗語 : 二葉亭四迷と民友社」が公開されました。ぜひ読んでみてください。https://t.co/ioFvnNFe2Z
[2020年度の成果その1] 「眞山青果文庫調査余録」(『調査研究報告』第41号、国文学研究資料館学術資料事業部、2021-03-31)が、リポジトリで公開されました。 https://t.co/nVOHMzQJO1 全64頁の共同執筆(青木 稔弥 , 青田 寿美 , 内田 宗一 , 高野 純子 , 寺田 詩麻 , 大貫 俊彦)です。 https://t.co/ypA1JU1zLp
第三十回大会記念シンポジウム報告 書学書道史研究の課題 https://t.co/kbug8d2nCA “二〇一九年の一月から二月にかけて、我々は特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」を開催した。五年あまりの歳月をかけて、顔真卿を中心とする選りすぐりの歴代の名品で構成したにもかかわらず、開幕の直前となって(続
@pencilandnoteb1 ブルーブラックには(当時はブルーブラックと呼ばれてなかった)ブルーの顔料や染料による作為的な着色は無かったようです。保存性を求めて作られた没食子インクが結果的に筆記時には濃紺色をしていました。 こちらの論文に1400年代のレシピで作ったインクが登場します→https://t.co/XJwN7HtOS8
「売られゆく女;公娼研究」とい1918年の本(娼妓になるときの身体検査を担当していたお医者さんが書いた)に出てくる言葉が1ページ目から現在でも全然古く感じないような内容で、こんなに同じなんだなって思ったんだ。 https://t.co/mgVMy9f85r
「セシウムは年々土壌に固定され稲に吸収されにくくなる」 ふくしま再生の会と東大農学部で地道に続けてきた研究の成果が論文公開されました。 https://t.co/m3UH5HY3X5
学術雑誌には普通の雑誌では考えられない酷評書評が載ることがあるが、一番すごかったのはこれ https://t.co/3Kj5QUNNiW
縦組み本文+横組み脚注。 エドワード・カアペンター著、川崎備寛訳『ワルト・ホイツトマン訪問記——並に彼れの生涯と作品に対する考案』(聚英閣、大正8) ▼NDLデジコレ https://t.co/pSZQrFCuFw
おもしろく拝読しましたが改正でもなく改制小学校令施行規則ですか……。改正でもこのばあいは合わないと思うわけですが / “専修大学学術機関リポジトリ:SI-Box” https://t.co/3jpeQ4P9hy
「室伏広治,科研費を取る」というパワーワード >申請者は、現役時代に腰や股関節などの負傷による困難を打開するため、「ハンマロビクスエクササイズ」を考案し, 負傷部位への過度な負担なくトレーニングの継続が可能となり、38歳でオリンピック銅メダルを獲得できた。 https://t.co/fqVYWXLiKG

61 0 0 0 OA 東京市土地宝典

NDLのデジタル化品質の話から転じて、マイクロからのデジタル化批判まで話が広がっているが、話題となった資料 https://t.co/7bR1bbhZRp のデジタル化日は2006-03-31 とあるので2005年度だろう。この時期にマイクロからデジタル化するより低コストで大量のデジタル化が可能な選択肢があったかどうか。

1 0 0 0 OA 法隆寺小志

『法隆寺小志』の印刷所、どういう選択だったのかな? 初版(T10.7)東京 内外印刷合資会社 3版(T15.4)京都 弘文社印刷所 4版(S4.10)京都 弘文社印刷所 6版(S9.9)三重 川辺活版所 7版(S14.6)大阪 大阪単式印刷株式会社 8版(S17.10)奈良 奈良共同印刷 NDLデジコレ https://t.co/kte3z6DZeO
和様活字使用印刷物の“オープン”な画像の例を探していたところ、わがためにあるかのごとき例が出てきた: https://t.co/rAaeUdGZLG
出ました / “日本平安期古辞書の符号化モデル: TEIをもとにした符号化” https://t.co/sr0QYrLWuh
ありがとう!!!国会デジコレ! 『京都帝国大学卒業生名簿』昭11 https://t.co/QY1GJbem8A このコロナ禍で、ネットと資料デジタル化の恩恵にあずかり、どうにかこうにか原稿がすすむくんです…(嬉涙
『学籍簿/教科・出缺席・家庭・志望/用語例集』 昭和15 年発行、昭和17年の53版。 https://t.co/muLkx5zFet の姉妹篇と序にあり。 学籍簿に記入すべき単語や文例を集めた書。 就職欄には、「当人は女学校を志望するも家庭の事情上女中奉公と決定」などの文例も。 https://t.co/CDftOsWvxk https://t.co/2zH7tHE3Ws
@dantyutei ご紹介,ご利用ありがとうございます。本書の制作経緯をこちらにまとめていますので,もしご参考になれば。 https://t.co/KOfEYJ0Tdt

12 0 0 0 文献継承

「文献継承」、欠号なしで所蔵している図書館が(CiNiiで検索する限り)皆無なことに驚いた。 https://t.co/0N0a8ert8f #CiNii 国文研に所蔵があるということは、論文目録DBにも採録中ということで、現時点で40件ヒットする。

3 0 0 0 白門国文

13号(1996)掲載、鈴木先生の「雑本翻刻 写本『男女かみゆひの名』」で、なんかよく分からんから注釈つけてきたら粗品謹呈、とあって、それ狙いで友人と文献調べをしていたな。レポートやらなにやらで遠ざかってしまったけれど、その後なにかもらった学生はいるのかな? https://t.co/obuoxeQAyT https://t.co/GpSiWDToU2

11 0 0 0 OA 解紛記 3巻

この字ずっと何だろうと思って読んでいたけど、文脈から見て「カタナ」と「ヤキハ」の合字っぽいな。違うかな。そして3枚目の字が文中に何度も出てくるのに読めない。 https://t.co/3OX6kLiIvb https://t.co/3tAg2fkd3C
@gamayauber01 横から失礼 空調システムの設計者が書いた論文によると、DP号のキャビンでは新鮮空気量は30%とのことで、つまり残りの70%は循環させています。理由は省エネ対策。ちなみに病院とギャレーは100%新鮮空気とのこと 日本船舶海洋工学会誌 17(0), 24-26, 2008 https://t.co/TfIzt7Yapg
銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるから、門人? https://t.co/CbtymGO64U 正文堂も初めて見たな。
銅版物の楽しみの一つは、彫師名を探すこと。 明治11.4『改正小学読本便蒙』は、末丁ノドほかに「佐々木刻」。 https://t.co/EzkcoQZVFn 名寄せと言えるほど彫師を集めてるわけではないが、初見。 前付ノドに「西京正文堂刻成」とあるから、門人? https://t.co/CbtymGO64U 正文堂も初めて見たな。
科研費基盤A(リーディングスキルテストの開発関連) テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発 https://t.co/3iw8J4IPXj 共同研究者 新井 紀子 影浦 峡 菅原 真悟 松崎 拓也 犬塚 美輪 尾崎 幸謙 登藤 直弥 藤田 彬 https://t.co/LUFGiUW8kF

8 0 0 0 OA 印篆貫珠 12巻

国会デジコレ、挟み込み紙片等がある場合は「あり」状態とそれを除けた「なし」状態で2カット撮影するのが通常だけど、見過ごされたのか、本文に被ってないからよしとされたのか、1カットの丁を発見。しかも、裏返った状態で撮影されているっぽい。 印篆貫珠 12巻https://t.co/sQwjTIMreY https://t.co/emkuXhf7n7

22 0 0 0 OA 英文法今昔

外国人(日本人)だからこそ抱く疑問から出発し、温故知新の精神で国内外の文献の渉猟を行う。「日本人のための英文法」の視点を意識し引き続き指導にあたりたいー『英文法解説』等の著者・江川泰一郎氏による講演(『日本英語教育史研究』(Vol. 11 (1996))で意を新たにした。 https://t.co/EiNNo2KPs0
今の状況では、それぞれの立場で都合の良いところだけつまみ食いする人が少なくないかもしれないけど、それでも、この程度は読んだ上で議論してほしい。/ 『レファレンス』No.822 慰安婦問題に関する韓国の動向―日韓合意前後の動きを中心に(2011~2018年)(資料) https://t.co/Sa5NFTOCA6

2 0 0 0 OA 東都茶会記

@uakira2 もし https://t.co/93DmruXbZt に見える「茶会記」が、高橋箒庵「東都茶会記」https://t.co/DIDaPXD4TT なのであれば、これは当該記事が連載されていた時事新報の紙型なのかもしれませんね。
【19cの本筺6】『傍訓英語韵礎』明治5(1872)個人蔵。明治期ボール表紙本の最初の物の一つ。この頃から明治20年代初めにかけて、西欧の初等教育書を模倣したボール表紙打ち抜き綴じの簡易な洋装本が流行した。本書については鈴木徳三が最初に言及。https://t.co/sIJEBnQCR1 https://t.co/x1BCX8Q4z5
CiNii 博士論文 銭谷, 真人 - 近代活版印刷における平仮名字体の研究 https://t.co/Qex8ZB1qKw
@uakira2 こちらです 漢和中辞典 : 熟語註解 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/fm8R9Nod5D
『経国美談』3版(M17.3)https://t.co/jliVpnoeDDと同4版(M17.10)https://t.co/PbbVyJZsiwの折記号は「いろは」を使用。
『経国美談』3版(M17.3)https://t.co/jliVpnoeDDと同4版(M17.10)https://t.co/PbbVyJZsiwの折記号は「いろは」を使用。
今年度、新規採択された挑戦的研究(開拓)が、KAKEN DBに収録されていました。 研究課題名「蔵書印データベースの高次利用に向けた情報拡充と篆字学習インターフェイスの開発」https://t.co/AioH6xOoKQ 4年間で直接経費2千万円。計画書に書いた満額をつけてもらえたこと、期待に応えるべく頑張ります
総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/0ZszXpZxYi

7 0 0 0 OA 熱化学

国立国会図書館デジタルコレクションで「国立図書館 昭和24.3.29 納本」の受入印を持つ資料があった https://t.co/v8XpoxlEA1 。昭和23年5月25日からは、国立国会図書館で納本受付が開始されているのに、国立図書館が閉庁する昭和24年3月31日の直前まで国立図書館にも納本があったということだろうか。 https://t.co/gk4NaI0kwL
[memo] 田嶋 一夫「日本語情報処理における文字セットコントロールシステム」(1983) https://t.co/TQ22sZhe2Z 管理者(コントロール)は要らんかったのだと思う(必要なのはプロトコル(人間間も含めた)とデータ(コーパス))。で、それを大規模に実証したのが GlyphWiki といえようか。
会誌「情報の科学と技術」2018年3月号 事例報告:デジタルアーカイブの「裾野のモデル」を求めて…冨澤かな,木村拓,成田健太郎,永井 正勝,中村覚,福島幸宏 https://t.co/6Za3yYmBuY
新居政七、愛媛県士族で出版を手掛け、新居活版所を営み印刷業も兼ねていたhttps://t.co/3PxoBay64s 2枚目、印刷所の記載はないが、新居の出版物で奥付に校閲者の記載あり。巻末に校閲者が正誤表を掲げ一文を寄すという体裁は珍しい。「活版の常として文字の誤脱多ければ…」 https://t.co/syLXt8QaUA https://t.co/1xhW0FQjMK
新居政七、愛媛県士族で出版を手掛け、新居活版所を営み印刷業も兼ねていたhttps://t.co/3PxoBay64s 2枚目、印刷所の記載はないが、新居の出版物で奥付に校閲者の記載あり。巻末に校閲者が正誤表を掲げ一文を寄すという体裁は珍しい。「活版の常として文字の誤脱多ければ…」 https://t.co/syLXt8QaUA https://t.co/1xhW0FQjMK
#国際日本研究 / “CiNii 論文 -  パックス・アメリカーナの終焉とひきこもりの国民主義 : 西川長夫の〈新〉植民地主義論をめぐって (「戦後」の超克 : 西川長夫への応答)” https://t.co/qbq5oBA7Lf
『NDL月報』2017年5月号には“海外日本研究司書研修特別講義より 「日本におけるマンガ研究」 ”として伊藤遊さんの特別講義が採録されていますが、最初の伊藤さんのツカミの部分が間違いなのでコメントしておきます。 https://t.co/xMuL0QVloi
ホラー・ジャパネスク文学史への覚え書き:東雅夫氏が書いている面白い https://t.co/N4JVBNjA69 #文学
@uakira2 元々の「準仮名記号」の話題から脱線し続けていけませんが、㉘様のものは、オーストリア帝国ウィーン王立印刷局の活字 https://t.co/CFYJuyoxeT にも「ツヾ tsudzu」としてありました。用例は https://t.co/OoPdlxX0BE のどこかにあるかも?
読み応えある山本順一先生の紀要論文。/CiNii 論文 -  公共図書館の現場で多くの職員が悩んでいる諸問題 https://t.co/GyS55zea9A #CiNii
勉強になった。社会状況とのリンクと、見失われた可能性と。CiNii 論文 -  民主化する文化財 : 第2次大戦後から高度経済成長期の文化財保護と市民 https://t.co/1QrmOw6Z3N #CiNii
「士農工商」がえらく話題になっていたので,大島真理夫「「士農工商」論ノート」(『経済史研究』(大阪経済大)2号,1998年)を読み直してみた。その中で大島氏は,早くは西川如見が「士農工商」という言葉を用いていることを指摘する。→ https://t.co/2O8wrJ1X8g
1999年に自分が書いた論文の中で1596 年中央構造線地震のことに触れていた。この頃はまだ愛媛県内のトレンチ調査がなかったと思う。次の論文の356ページ表1「1596年 地震一近畿地方を襲った巨大内陸地震の可能性」https://t.co/jaxQeYxudl
@FanTaiyo この背景にある高速道路の標識は、 https://t.co/ZZJnsMrUAV に掲載された名神高速道路標識デザイン案の現物と思われる。 https://t.co/0WtBtuE50L
綾屋さんの「うまく話せない当事者研究」(https://t.co/6R7rzUsVUZ)にインスパイアされた実験が論文に→  https://t.co/2SSLGQNCiZ
『情報の科学の技術』2014年4月号に発表した論文「マンガのメタデータ設計と所蔵データベースの構築プロジェクトについて」(共著:秋田孝宏)が、CiNiiで全文公開されました。  http://t.co/3hEaBoBioK
『情報の科学の技術』2014年4月号に発表した論文「マンガのメタデータ設計と所蔵データベースの構築プロジェクトについて」(共著:秋田孝宏)が、CiNiiで全文公開されました。  http://t.co/3hEaBoBioK
どうせなので、もう一つ紹介。放射性セシウムの比を使って、原子炉別の汚染評価をした論文を紹介。こちらもオープンなので、良ければどうぞ。 http://t.co/YkpKxmF3sX
行動の巨視的、微視的分析に関してはこの論文がベスト。「行動分析学における微視-巨視論争の整理 : 強化の原理、分析レベル、行動主義への分類」http://t.co/FsH4tLoPix
昨日探し当てた広島大・鎌田七男名誉教授の広島の被爆二世への遺伝的影響の論文(長崎医学会雑誌 87 (特集号), 247-250, 2012-09-00)http://t.co/D8FYLhheKF これは原報全体を見ないとだめ、報道だけ見てたら足もとをすくわれます。
ばるぼら氏(@bxjp)のツイートに二週間経って気がつく僕って…。言いたいことの四割程度しか追いかけられなかった苦難の16頁モノ紀要論文。本文がweb公開されたらお知らせします。。。劇場用アニメーション『銀河鉄道の夜』の組版技法 http://t.co/g1X86MIHKz
交通事故での急死という報道を一応受け止めたつもりで書き始めたのだが、これ以上どう言葉を継げば良いのか分からなくなってきたので、業績の1つをご紹介し、刑法学者・島田君を送ります。著作権の間接侵害論においても広く読まれるべき作品です。 http://t.co/Yn33zsT94E
交通事故での急死という報道を一応受け止めたつもりで書き始めたのだが、これ以上どう言葉を継げば良いのか分からなくなってきたので、業績の1つをご紹介し、刑法学者・島田君を送ります。著作権の間接侵害論においても広く読まれるべき作品です。 http://t.co/Yn33zsT94E
「近世節用集研究に重要な節用集で、公的機関での影印本や原本閲覧が困難であった元禄8年刊節用集・寛延元年刊蠡海節用集・宝暦10年刊増字百倍早引節用集の全画像をweb上に公開した」http://t.co/KEuwK0LlIU / “i…” http://t.co/HFmCtGHm96
明治時代における障碍や障害の表記史について,扱った論文を見つけたのでメモ: 田島優1998 http://t.co/CayDglNl 第5章第2節「音の交代と複数表記」。そ.. http://t.co/btt9GHrh

12 0 0 0 OA 浮世の迷惑

何回も「せ」の活字を「を」のつもりで使っている本があります(『浮世の迷惑』 http://t.co/QybQJ3Ow)。明治13年の物ですが、この頃そろそろこの「せ」が使われなくなってきたのか、この本が単発な例なのかまだわかりません。 http://t.co/zx01isl8
“CiNii 論文 -  活字情報バリアフリーにおける漢字の関わり” http://t.co/a2mr37UD

フォロー(564ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…
RT @hayakawa2600: 我妻栄『家の制度』(酣燈社、1948年)は、国立国会図書館デジコレ個人送信で、タダでよめるぞう https://t.co/b8tvSkCHnA 〈他人の奇説を勉強の機会に変えよう〉キャンペーン
我妻栄『家の制度』(酣燈社、1948年)は、国立国会図書館デジコレ個人送信で、タダでよめるぞう https://t.co/b8tvSkCHnA 〈他人の奇説を勉強の機会に変えよう〉キャンペーン https://t.co/NqPBYfmQPl
久しぶりに樗牛のことを調べてて 木村毅『樗牛・鴎外・漱石』(NDL送信資料)を読んだ。 https://t.co/fLjwOtTn7j 何これ、面白い。みんな知ってたのかな。 ウィキペディア https://t.co/g8rfFrM4AR だと「文学研究」の分類。 「『百合葉』のマダム」超お薦め。

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…
RT @nekonoizumi: …先ほどの紀要だと、論拠が(批判ではなく)、 竹田恒泰、有馬哲夫、西尾幹二、そして鬼塚英昭だったりするという中々大変なことになっている方。 https://t.co/nTQjtkyfYf https://t.co/TBk9ZbeioF
RT @nekonoizumi: …先ほどの紀要だと、論拠が(批判ではなく)、 竹田恒泰、有馬哲夫、西尾幹二、そして鬼塚英昭だったりするという中々大変なことになっている方。 https://t.co/nTQjtkyfYf https://t.co/TBk9ZbeioF
これは結構、海外出版事情の話が書いてある。 国会図書館にない本 森さんに拾ってもらった 海外文學散歩 / 春山行夫著. -- 東京 : 白桃書房 , 1947. -- 232p ; 19cm. -- (BA29904278) ; https://t.co/iojEKxpwqn
「あいだ」という一言だけが引用されていた北田暁大さんによる書評。この書評は伊奈さんと矢澤修次郎さんのやりとりに注意を促しているけれども、個人的には「あいだ」を様々に力説するミルズがデザイナーを「中間に位置する人々」として論じていたことは嬉しい発見だった。https://t.co/nf6hI4uiPA

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…

1 1 1 0 ぱぴるす

@dellganov 読んだのかなり前なので。 でもそれかもしれませんね。 事件に名前がついていたとは知りませんでした。 https://t.co/pyGDq1usCt

1 1 1 0 OA 自殺対策白書

若年層の自殺率は戦後から漸減傾向にあるので事実認識としては正しくないと思う。生存者バイアスで若者に負担を強いるというのはあると思うけど。 https://t.co/ljh5K6Pfkc / “あの佐々岡@10km/55日目
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1198「通信・放送分野の独立規制機関―海外主要国の例を参考に―」(PDF:572KB)を掲載しました https://t.co/CwIfLRgnp6
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1199「CPTPPへの新規加盟―英国、中国、台湾の加盟申請を中心に―」(PDF:602KB)を掲載しました https://t.co/osOva6Rh7n
豪雨に関する防災情報と住民避難『極端気象の予測と防災 科学技術に関する調査プロジェクト2018報告書』2019. https://t.co/9sSn5wAIwB #NDL調査局今月のトピック #気象と災害
極端気象と防災―自然とどう向き合うか―『極端気象の予測と防災 科学技術に関する調査プロジェクト2018報告書』2019. https://t.co/2xKcy1PVTT #NDL調査局今月のトピック #気象と災害
高規格堤防整備の現状と課題『 #レファレンス 』831号, 2020.4.20. https://t.co/zFfQt2vS8w #NDL調査局今月のトピック #気象と災害
ダム機能の活用の現状と課題『 #レファレンス 』836号, 2020.9.20. https://t.co/GVuRiXgc63 #NDL調査局今月のトピック #気象と災害
災害とソーシャルメディア―東日本大震災から10年を経過して―『 #レファレンス 』842号, 2021.3.18. https://t.co/NWoGjDCBIT #NDL調査局今月のトピック #気象と災害
気象予報による災害予測の現状と課題『 #レファレンス 』849号, 2021.9.20. https://t.co/mAoyNjC2WX #NDL調査局今月のトピック #気象と災害
【アメリカ】アメリカの2017年気象研究及び予報の革新法『 #外国の立法 』290号, 2021.12.10. https://t.co/OKnW8Ehx5B #NDL調査局今月のトピック #気象と災害
災害と土地利用規制『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF- 』1166号, 2022.1.18. https://t.co/ATnVoEMLuk #NDL調査局今月のトピック #気象と災害

78 33 33 1 OA 新しき朝鮮

RT @haramino1: これ。 https://t.co/FqAtdBONO4
RT @cnakayama1958: @sasakitoshinao 私の研究https://t.co/En44LSm7Eh では全国民放テレビが福島浜通りで「放射線被ばくの次世代影響不安」を煽っていた。正に中央マスコミが福島への風評加害の中核です。「マスコミ論」は多々あるが、…

11 10 3 0 OA 出版年鑑

RT @shomotsubugyo: 特に戦前分の『出版年鑑』は、国立国会図書館デジタルコレクションで、だれでもどこからでも見られるようになっているから、これが手元にあると、戦前の主要な学者、著者、出版人の人物情報は、家に居ながらにして、すぐに参照できるようになるのぢゃ 校正…
RT @Seisenudoku: @itsukoh0702 「風評被害」の社会心理 一 「風評被害」の実態 とその メカニズムー https://t.co/CHIFEQ5zmn この論文でしょうかね。 『「人々は安全か危険かの判断つかない」「人々の悪評」を政治家・事業関係者…
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1197「キャッシュレス決済の現状と課題 ―消費者保護を中心に―」(PDF:512KB)を掲載しました https://t.co/jhJ1ht1whs
RT @gelcyz: メモ:小暮修三「甦る戦前の〈海女〉 : 絵葉書に写る〈眼差し〉の社会的変遷」東京海洋大学研究報告 (10), 6-19, 2014-02-28 https://t.co/PcVg2suwv8

1 1 1 0 新世代詩人

4号に前登志晃(前登志夫)「影の葬列」掲載。要確認。 しかし近代文学館のみか〜。 CiNii 雑誌 - 新世代詩人 https://t.co/cKD4s7dU3j

9 4 3 0 OA 本朝食鑑

『日本国語大辞典』に出ている「トウモロコシ」最古の用例。「本朝食鑑〔1697〕一「南蛮黍 此即玉蜀黍也。今俗南蛮黍称唐毛呂古志」」 画像とリンクは、国立国会図書館デジタルコレクションの『本朝食鑑』(刊行年不明)から。 https://t.co/JkiBm53RVU https://t.co/5obfRc8bJs
RT @arabitom: オジキソウの運動メカニズムについては研究が進んできて、 機械刺激受容チャネル遺伝子→「個々の細胞の高速運動」 グルタミン酸受容体型チャネル→「細胞間の高速シグナル伝達」 この2つの遺伝子がおじぎ運動に重要な役割を果たすと分かったようだ。https:/…
RT @tokyopasserby: 「駅弁むかし物語」に展示されていた『鉄道から家庭へ』(鉄道院、大正8年)が、近デジに。 https://t.co/dTQwGWTSyQ 「窓から物を投げられぬやう」。 https://t.co/fFdZ9zrXuE
RT @fukudakz: 『情報の科学と技術』72(8)で論文が公開されました。エンバーゴは6ヶ月とのこと。 / 「コミュニティ生成データを典拠とした目録作成の試み:ビデオゲーム目録を事例として」 https://t.co/nK4F3uJOwq #Wikidata #igdb
RT @fukudakz: 『情報の科学と技術』72(8)で論文が公開されました。エンバーゴは6ヶ月とのこと。 / 「コミュニティ生成データを典拠とした目録作成の試み:ビデオゲーム目録を事例として」 https://t.co/nK4F3uJOwq #Wikidata #igdb
RT @TakaMuto_Kyoto: 関連資料です(無料DL可能)。 「事前に」お読みいただけますと幸いです。 大久保賢一 (2019). ポジティブ行動支援(PBS)とは何か? 行動分析学研究, 34, 166-177. https://t.co/XlFeAf2unk
RT @mamiananeko: @kingbiscuitSIU なにやら戦時中には翼賛方向ですでに出来上がっていた感が。   https://t.co/PINbDzGXTn   https://t.co/jnyYIXlKIa 方向は時節柄逆向きっぽいですが、レトリック構造は…

15 8 3 0 OA 文化政策論稿

RT @mamiananeko: @kingbiscuitSIU なにやら戦時中には翼賛方向ですでに出来上がっていた感が。   https://t.co/PINbDzGXTn   https://t.co/jnyYIXlKIa 方向は時節柄逆向きっぽいですが、レトリック構造は…

フォロワー(2661ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @aomicreate: 現行著作権法はかなり進んでいて、まさにそのケースを想定した上で「問題ない」という立て付けになっているらしい “情報解析を適法に行うことができれ ば,これを通じて獲得された抽象的な知見を発表・利用 することに著作権等は及ばない” 上野達弘. (2…

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…
@guitar_and_snow @yamtom ↑①望月善次『野口芳宏氏の「国語」授業研究 ⑴ : 「うとてとこ」(谷川俊太郎)の場合(その1)』1989(『教育工学研究』11号 1989/3 岩手大学教育学部附属教育工学センター https://t.co/5YYwtqvJme収録 紀要論文/CiNii:https://t.co/17wmBbgRdW) https://t.co/GpLL5wn7n7 https://t.co/tC3BAIeubE
我妻栄『家の制度』(酣燈社、1948年)は、国立国会図書館デジコレ個人送信で、タダでよめるぞう https://t.co/b8tvSkCHnA 〈他人の奇説を勉強の機会に変えよう〉キャンペーン https://t.co/NqPBYfmQPl
久しぶりに樗牛のことを調べてて 木村毅『樗牛・鴎外・漱石』(NDL送信資料)を読んだ。 https://t.co/fLjwOtTn7j 何これ、面白い。みんな知ってたのかな。 ウィキペディア https://t.co/g8rfFrM4AR だと「文学研究」の分類。 「『百合葉』のマダム」超お薦め。
RT @lalalamiyo: RTに出てきた論文  芳賀健治(1990)「スポーツ事象を用いた比喩表現に関する考察:スポーツと社会との類比関係を探る手掛かりとして」『体育・スポーツ哲学研究』12(1), 43-61. 日本体育・スポーツ哲学会 pdf https://t.co…
RT @apout1992: 『名人八段指将棋全集. 第1巻 (関根金次郎集)』大森書房,1928 名人八段指将棋全集の第1巻。この全集は、各棋士の対局がまとまっているのはもちろん、対局相手の短評が資料として価値が高い。出身や没年などの情報があるのはありがたい #まいにちND…

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…
RT @narumita: 風疹: 1964-65年に沖縄に風疹が大流行。妊娠初期に風疹になった妊婦から先天性の心疾患・白内障・聴力障害などの心身障害児が多数出生 https://t.co/9eqDU7mhAf 【政府広報】 昭和37年度~53年度生まれの男性の皆さんへ 風し…
RT @MValdegamas: 藤岡惇という人、普通に鬼塚本を引用するのはダメでしょ、と思ったら想像以上にひどい論文で腰が抜けました。藤岡惇「なぜ米国は2発の原爆を日本に投下したのか : 投下70周年の時点での再考」『立命館経済学』64:4(2016)https://t.co…
RT @nekonoizumi: …先ほどの紀要だと、論拠が(批判ではなく)、 竹田恒泰、有馬哲夫、西尾幹二、そして鬼塚英昭だったりするという中々大変なことになっている方。 https://t.co/nTQjtkyfYf https://t.co/TBk9ZbeioF
RT @nekonoizumi: …先ほどの紀要だと、論拠が(批判ではなく)、 竹田恒泰、有馬哲夫、西尾幹二、そして鬼塚英昭だったりするという中々大変なことになっている方。 https://t.co/nTQjtkyfYf https://t.co/TBk9ZbeioF
これは結構、海外出版事情の話が書いてある。 国会図書館にない本 森さんに拾ってもらった 海外文學散歩 / 春山行夫著. -- 東京 : 白桃書房 , 1947. -- 232p ; 19cm. -- (BA29904278) ; https://t.co/iojEKxpwqn

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…
RT @mujo_kun: 【☆NEW論文☆】 魯迅は無常鬼マニアだった!というわけで、新世代無常鬼マニアの私が元祖無常くんこと魯迅先生に勝負を挑んだのが、新作「無常鬼表象の変遷─『玉歴鈔伝』の各種版本を手がかりとして」。魯迅が残した諸問題に回答しつつ、無常鬼研究の更新を試みる…

195 88 88 58 OA 黙読習慣と個人主義

RT @kodaigirisyano: 黙読という習慣についての歴史が分りやすくまとめられています.ソクラテスの「ダイモーンの声」を「近代的な内面の良心の声」とする解釈があるのは知りませんでした.読書好きの方はきっと[参考文献]を手元に置いておきたくなるはずです. https:…
RT @orhodaorhoda: @yuki_history 『南アジア政治・交通図』(南亜細亜文化研究所、1943年)奥付(リンク先)の発行所住所「豊島区西池袋3丁目1272番地」がそこにあたるのか気になるところです。 https://t.co/Xu4gpu6ynD
RT @bamboo4031: 地下埋蔵物をAR表示すると浮いてるように見えちゃうのはどうしたものかと悩んでいたのだが、なるほど開口部つけて表面部分の透明度を徐々に変えていけばいいのか https://t.co/E4yczcM43h https://t.co/LY4LeC4kxt

1 1 1 0 ぱぴるす

@dellganov 読んだのかなり前なので。 でもそれかもしれませんね。 事件に名前がついていたとは知りませんでした。 https://t.co/pyGDq1usCt
RT @washou3956: PDF公開。髙木久史「日本貨幣史叙述の枠組みと『大日本貨幣史』」(『経済史研究』25、2022年1月)近世日本の貨幣制度について現在の研究が共有する枠組みが形成される過程において、純学術的要素や史書編纂に付随する歴史性などの影響を考察。https…
RT @bamboo4031: 地下埋蔵物をAR表示すると浮いてるように見えちゃうのはどうしたものかと悩んでいたのだが、なるほど開口部つけて表面部分の透明度を徐々に変えていけばいいのか https://t.co/E4yczcM43h https://t.co/LY4LeC4kxt
@chizutodesign 測定データだとよく分からない  https://t.co/OVnaKdRWS8

11 10 10 2 OA 史徴墨宝

RT @uesugi_dewa: 承久3年8月5日(1221年8月23日)後鳥羽院が配流先の隠岐国に到着。院自身の回想によると、出雲大濱浦から渡海して三刻ほどで到着したものの、同行者たちはみな船酔いでダウンしてしまったとか。 ↓後鳥羽院宸翰「清寂案」(『史徴墨宝』) http…

1 1 1 0 OA 自殺対策白書

若年層の自殺率は戦後から漸減傾向にあるので事実認識としては正しくないと思う。生存者バイアスで若者に負担を強いるというのはあると思うけど。 https://t.co/ljh5K6Pfkc / “あの佐々岡@10km/55日目

1394 8 7 0 OA 大正大震火災誌

@nipponkairagi 此の資料の344コマ目ですね 第五章「治安取締」第一節「流言蜚語の取締」は340コマ目から始まるので、前後の文脈も讀むと非常に興味深いと思ひます https://t.co/SVeW714Ovw
RT @bamboo4031: 地下埋蔵物をAR表示すると浮いてるように見えちゃうのはどうしたものかと悩んでいたのだが、なるほど開口部つけて表面部分の透明度を徐々に変えていけばいいのか https://t.co/E4yczcM43h https://t.co/LY4LeC4kxt
RT @bamboo4031: 地下埋蔵物をAR表示すると浮いてるように見えちゃうのはどうしたものかと悩んでいたのだが、なるほど開口部つけて表面部分の透明度を徐々に変えていけばいいのか https://t.co/E4yczcM43h https://t.co/LY4LeC4kxt
RT @kucseas: 【書評掲載】藤井真一.『生成される平和の民族誌─#ソロモン諸島 における「#民族紛争」と日常性』大阪大学出版会@OsakaUP,2021,xv+306p. 『東南アジア研究』60巻1号に、谷口美代子氏による書評が掲載されました。 書評全文はこちらから…
RT @Mushi_Kurotowa: 家事参加時間と献立構成力は関連する。特に家事参加時間が少ないと栄養に問題がある献立構成をしてしまう。 ちょっと古いけど1995年。 https://t.co/novFccCe3i
RT @miyokosroom: 真鶴館周辺も、谷崎活版所支店の隣の元松平遠江守の屋敷の場所も、渋沢倉庫。 渋沢倉庫三十年史 https://t.co/SwEkECl3eC https://t.co/Ved1TZEzrl
真鶴館周辺も、谷崎活版所支店の隣の元松平遠江守の屋敷の場所も、渋沢倉庫。 渋沢倉庫三十年史 https://t.co/SwEkECl3eC https://t.co/Ved1TZEzrl
RT @cnakayama1958: @sasakitoshinao 私の研究https://t.co/En44LSm7Eh では全国民放テレビが福島浜通りで「放射線被ばくの次世代影響不安」を煽っていた。正に中央マスコミが福島への風評加害の中核です。「マスコミ論」は多々あるが、…

11 10 3 0 OA 出版年鑑

RT @shomotsubugyo: 特に戦前分の『出版年鑑』は、国立国会図書館デジタルコレクションで、だれでもどこからでも見られるようになっているから、これが手元にあると、戦前の主要な学者、著者、出版人の人物情報は、家に居ながらにして、すぐに参照できるようになるのぢゃ 校正…

11 10 3 0 OA 出版年鑑

RT @shomotsubugyo: 特に戦前分の『出版年鑑』は、国立国会図書館デジタルコレクションで、だれでもどこからでも見られるようになっているから、これが手元にあると、戦前の主要な学者、著者、出版人の人物情報は、家に居ながらにして、すぐに参照できるようになるのぢゃ 校正…
RT @zmzizm: @aysgstr 文献いろいろ https://t.co/vNp78MP3Mo https://t.co/5HMQGFzGxq https://t.co/k2jhVKeVoy

1 1 1 0 OA 芸術写真集

国会図書館 https://t.co/iajyNZfolr
RT @TsukijiLab: 吉川君と共同執筆した人工相分離ドロップレット(SPREC)に関する解説記事が、MEDCHEM NEWS 最新号「ESSAY 特集:液-液相分離を標的とする疾患制御」に掲載されました✏️ https://t.co/3GwdfYjtAL
RT @high190: 阿部田恭子,向後千春(2022) / “パーキンソン病患者を対象とした健康支援教育プログラムのデザインと効果” https://t.co/wkcEpuqQrz #教育工学 #ID #健康
RT @NDLJP_en: This letter from the Muromachi shogun Ashikaga Yoshimitsu is written in an arrogant way. Find out more: #ndldigital https://t…

44 43 43 0 OA 支那我観

RT @ksk18681912: しょうが、戦前のジンギスカンの本場といえば、北海道ではなく東京でした(ただし内地のみ、満州はわからず) ジンギスカンとは、北京の正陽楼という店の北京料理、烤羊肉(カオヤンロウ)に北京在住の日本人がつけたあだ名 https://t.co/nXy…

1 1 1 0 新世代詩人

4号に前登志晃(前登志夫)「影の葬列」掲載。要確認。 しかし近代文学館のみか〜。 CiNii 雑誌 - 新世代詩人 https://t.co/cKD4s7dU3j

9 4 3 0 OA 本朝食鑑

『日本国語大辞典』に出ている「トウモロコシ」最古の用例。「本朝食鑑〔1697〕一「南蛮黍 此即玉蜀黍也。今俗南蛮黍称唐毛呂古志」」 画像とリンクは、国立国会図書館デジタルコレクションの『本朝食鑑』(刊行年不明)から。 https://t.co/JkiBm53RVU https://t.co/5obfRc8bJs
RT @kuroda_osafune: https://t.co/CRIm79rA1G "今回のプロジェクトにおけるキャラクタデザインにおいて,AI は人の創造力に対してどのようなサポートをしたのであろうか?著者らは,「選択する」という行為に想像力が発揮されたと理解している"…
RT @SaTMRa: https://t.co/oyQIfgbxEv でもさすがにこれは耐えられなかった 『このことはこっそり行われたというが,A 女史の話ではまた,明治年間まで同様の風習が存したという』 ちなみにごんぎつねの舞台は特定されてまして、現愛知県の中山城近辺です…
RT @daihiko: 『不平等の進化的起源』の書評が『社会心理学研究』に掲載されました。「最後に、本書は翻訳版であることを忘れさせる文章によって構成されている」ありがとうございます! https://t.co/ZnesfZFMMv https://t.co/gW5HozZ…
RT @fukudakz: 『情報の科学と技術』72(8)で論文が公開されました。エンバーゴは6ヶ月とのこと。 / 「コミュニティ生成データを典拠とした目録作成の試み:ビデオゲーム目録を事例として」 https://t.co/nK4F3uJOwq #Wikidata #igdb
RT @HarutaSeiro: 加藤九祚翻訳書Best5から5.CiNii 図書 - 考古学が語るシルクロード史 : 中央アジアの文明・国家・文化 https://t.co/rHB1pv0inZ エドヴァルド・ルトヴェラゼ著、平凡社 2011.これは今年2022年2月に亡くな…
RT @HarutaSeiro: 加藤九祚翻訳書Best5から4.CiNii 図書 - 埋もれた古代王国の謎 : 幻の国ウラルトゥを探る https://t.co/tKKSHvcASx ボリス・ピオトロフスキー著、岩波書店 1981.この本は旧ソ連、現アルメニア共和国の遺跡遺物…
RT @HarutaSeiro: 加藤九祚翻訳書Best5から3.CiNii 図書 - 西域の秘宝を求めて : 埋もれていたシルクロード https://t.co/n5JQyUAxgU ヤクボーフスキー他著、新時代社 1981年(1969年版の復刻;その前に私家版)。いろいろな…
RT @HarutaSeiro: 加藤九祚翻訳書Best5から2.CiNii 図書 - シルクロードの黄金遺宝 : シバルガン王墓発掘記 https://t.co/2jYobAl3GV V. I. サリアニディ著、岩波書店 1988. ティリヤ・テペの黄金遺宝の報告です。201…
RT @HarutaSeiro: 加藤九祚翻訳書Best5から1.CiNii 図書 - 埋もれたシルクロード https://t.co/ESN78O76ff V.マッソン著、岩波新書 1970.ずっと後になってからドイツ語訳が出ました。パルティアとホレズムに関しては、日本語では…
RT @mamiananeko: @kingbiscuitSIU なにやら戦時中には翼賛方向ですでに出来上がっていた感が。   https://t.co/PINbDzGXTn   https://t.co/jnyYIXlKIa 方向は時節柄逆向きっぽいですが、レトリック構造は…

15 8 3 0 OA 文化政策論稿

RT @mamiananeko: @kingbiscuitSIU なにやら戦時中には翼賛方向ですでに出来上がっていた感が。   https://t.co/PINbDzGXTn   https://t.co/jnyYIXlKIa 方向は時節柄逆向きっぽいですが、レトリック構造は…

44 43 43 0 OA 支那我観

RT @ksk18681912: しょうが、戦前のジンギスカンの本場といえば、北海道ではなく東京でした(ただし内地のみ、満州はわからず) ジンギスカンとは、北京の正陽楼という店の北京料理、烤羊肉(カオヤンロウ)に北京在住の日本人がつけたあだ名 https://t.co/nXy…