言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 1 favorites)

https://t.co/SqMYwm1rq7 p.67 "時は十二月二十日、妙心寺なる光秀の墓へ参って其(その)志(こヽろざし)を告げ、"
https://t.co/LwGAynb9ni "『多くもあらぬ敵を譲(ゆづ)るは、其許(そのもと)の命より惜しうござれど、折角の所望を断るも情無(つれな)し、いざ、共に面白い戦争(いくさ)を致さうと、左馬之助も冗談口、采配(さいはい)揮(ふっ)て進み出る。" やはり明治の豪傑小説は、昭和の少年漫画の雰囲気がある。
『豪傑小説 桔梗丸』三宅青軒 大学館 明治42年9月3日印刷 東京二六新聞連載 https://t.co/6VGZ1hVNO0 pp.6-7 "読者よ、桔梗丸の請ひ得た小銃(こづヽ)とは何(ど)んな物(もの)か、光秀若年の頃 武者修行して、諸国を遍歴し、大隅の国 熊毛郡(くまげごほり)種子島(たねがしま)といふ處(ところ)で
『豪傑小説 桔梗丸』三宅青軒 大学館 明治42年9月3日印刷 東京二六新聞連載 https://t.co/i3W2fgUJ9A "羽柴筑前守秀吉を相手に天下を争ふ大博奕、丁と張った骰子(さい)の目が半と転げた山崎の其(その)大失敗(おほしくじり)を何と盛り返さんやうもなく、"
明智光秀の小姓が石川五右衛門とタッグを組んで豊臣秀吉を催眠術で海に沈めようとした小説「桔梗丸」も書かれています。 https://t.co/SPQjo6z2Qc

収集済み URL リスト