著者
山田美妙 著
出版者
青木嵩山堂
巻号頁・発行日
vol.前編, 1902

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (24 users, 27 posts, 60 favorites)

https://t.co/mQA6LW6JRR "糸子も さう言はうと思ッて居た矢先とて、その尾につづいて、 「御同感でございます。変生男子(へんせいだんし)と言ッても可(い)いくらゐの体(からだ)、それに本人が非常な熱心ですから… https://t.co/gMM0F9syyO
この美少年が女装して活躍するにいたる経緯も、じつにあっさり書きなぐっているし、やはり山田美妙こそライトノベルの始祖だ。水野葉舟ごときには、その価値が判らなかったのだろう。 https://t.co/5QYi3jn074 https://t.co/Ad9SeUxmjK
この美少年が女装して活躍するにいたる経緯も、じつにあっさり書きなぐっているし、やはり山田美妙こそライトノベルの始祖だ。水野葉舟ごときには、その価値が判らなかったのだろう。 https://t.co/5QYi3jn074 https://t.co/Ad9SeUxmjK
山田美妙斎『女装の探偵 : 慨世志士. 前編』明治35年1月18日印刷 1月25日発行 https://t.co/uFtKJGap1s "見れば少年いやしからぬ風采である。志士たらんと望むらしくは見えぬほどやさしげな美少年で、是を… https://t.co/SqkyelNc04

収集済み URL リスト