言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

「一服」という言葉は室町時代から使用例があり、当初はお茶を飲むことでしたが、江戸時代中頃には煙草を吸い、さらに休憩を取るという意味に使われております。 まずお茶の例としては、『東寺百合文書』の応永十年(1403年)の条に「南大門一服一銭請文」という記述があり、千利休の時代よりもはるか前の室町時代初期には、抹茶一服を一銭で売る商売が既に成立していたことが判ります。15世紀中頃に編纂された辞 ...

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

おお、原作がデジタル化やって https://t.co/AkvD6DIQdU さぁ、読めるかな?
句読点については、近世刊本の頃から傍訓(ふりがな)に添える形で表記された。M18『当世書生気質』でも同じ形。 http://t.co/UFld5MgV しかしこの方法では傍訓の途中で改行すると文の切れ目とずれてしまうので、やがて仮名や漢字と同様1マスを与えられるようになった。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト