著者
片山国嘉 著
出版者
中西屋書店
巻号頁・発行日
1914

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 4 favorites)

『羅馬字之仮名式遣方』では[l]音は薩摩方言のラ行の音と説明していたり、LとRの区別のために半濁点付きら行をL音に当てるのを勧めている内容がありました。他にひらがな小文字の《ゐ, ゑ, を》の使用例もありました。http://t.co/CMDUBILl6E
『羅馬字之仮名式遣方』のローマ字の字母名一覧で半濁点付きの《る》が《L》の字母名として紹介されていました。http://t.co/SYL9uFPtlG

収集済み URL リスト