12 0 0 0 OA 鼠璞十種

著者
国書刊行会 編
出版者
国書刊行会
巻号頁・発行日
vol.第2, 1916

言及状況

Twitter (12 users, 30 posts, 2 favorites)

https://t.co/5Q8evI8gfb デジタルコレクションで鼠璞十種所収の明和誌を見ても源内まったく出てこないというか記述が簡素である
その代わり、「安永元年、二朱銀通用、此頃福内鬼外(本名平賀源内)といふ浪人あり、至ての才物、人の知る處なり。落し咄戯作ものの小冊をこしらへ、本やへ遣す、今流行戯作もののはじめなり」 http://t.co/2S3LofybtI という記述がある。
『明和誌』には「近き頃、寒中の丑の日にべにをはき、土用の入、丑の日にうなぎを食す、寒暑とも家毎になす。安永天命の頃よりはじまる。」 http://t.co/qkvSKCZrXx とあるだけで、源内の話は出てこない。
土用丑の日・源内説の根拠と言われているのが『明和誌』(青山白峰)という随筆。 http://t.co/qkvSKCZrXx (『鼠璞十種』収録) ただし、これは誤読されている。

収集済み URL リスト