著者
谷崎潤一郎 作
出版者
春陽堂
巻号頁・発行日
1919

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 5 favorites)

NDL企画展示「挿絵の世界」では、谷崎潤一郎『人魚の嘆き・魔術師』(春陽堂、大正8年)も出展されていた。実物を見ると、本文部分もつるつるとした紙だったが、デジコレ画像 https://t.co/j0frC53yVM では(白黒よりましなグレーであっても)そのことまでは分からない。
谷崎潤一郎作、水島爾保布挿絵の人魚の嘆きは国立国会図書館で無料で読めちゃうんだぜ(ダイマ) https://t.co/XYht4uWwuL

収集済み URL リスト