2 0 0 0 野洲町史

出版者
野洲町
巻号頁・発行日
vol.第2巻 (通史編 2), 1987

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 6 posts, 0 favorites)

最近? 椿井文書(別名・木津文書)は戦前から畿内では戦前から有名だったのに なぜ21世紀になってから最近判明したもののように言われるようになったのでしょう? 1 https://t.co/aehzMwzwHr 2 https://t.co/eNpDjL3hca 3 https://t.co/VC2k7NUb8N https://t.co/zD0y0Xq1Zh
椿井文書p. 192では明治時代のオーダーメイド販売だというのは歴史学者の中村直勝の勘違いというけど、 考古学者の島田貞彥や民俗学者の中山太郎 https://t.co/U4VqHFQic9 、野洲町史 https://t.co/WYAg4HGmrf も似たような証言を記録してるし、 https://t.co/6LCVfJybVZ
畿内では戦前からよく知られていた椿井文書ではあるものの 地方の方は知るよしもなく、21世紀になってようやく知られるようになったのは自然かも。 寺井秀七郎. 野洲町史. Edited by 野洲町. 野洲町, 1987. https://t.co/aehzMwRFVz
宇治田原町史 https://t.co/GrRN7vCUCo 野洲町史 https://t.co/aehzMwRFVz 山城町史等に椿井文書は言及されているのに、 自治体史が椿井文書に云々というのは不可解。 滋賀県庁職員が京都府での椿井文書の販売を把握していたのに、なぜだろう?
『野洲町史』の記録では、椿井文書を販売していたのは今井良成氏 https://t.co/WYAg4Hpjpf 。 今井良政氏が質入れを受けた古文書を村人へ披露したのは今井良久氏は当時から偽物の古文書を本物だと思い込む人として書かれていた https://t.co/ByO0m807na 。 販売していた木津の今井家って誰だろう? https://t.co/e76mTb4n2D
明治時代にお役所の役人さんから木津の今井家には縁起書があるよとの内意を聴く、 縁起書を持たない神社。。。 (『野洲史』 https://t.co/WYAg4Hpjpf ) 椿井文書が明治時代に創られた記録 https://t.co/U4VqHG8rqh

収集済み URL リスト