14 7 7 0 OA 鍋島直正公伝

著者
中野礼四郎 編
出版者
侯爵鍋島家編纂所
巻号頁・発行日
vol.第6編, 1921

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 21 posts, 16 favorites)

一方で、長州侯については「直接会ったこともなく話たこともないが」と断りを入れつつも、「自国の藩士を統御できないのだから無理だろ」と辛辣です…( ̄∀︎ ̄;) それにしても斉彬公ってどこで見てもベタ褒めですよね。それだけ名君だったと言うことでしょうかね。 https://t.co/cHhuJifUQW https://t.co/W7Z8NVWhVp
そして、間を取り持つ木戸さん。ありがとう。 直正公も「(自分も含めて)天下に人無し」と言いつつも、岩倉と木戸のことは認めている感がある。 https://t.co/KNgS0xNhWh https://t.co/xrI1kwUXdk https://t.co/SwtA2ijxiF
公伝によるとですね… 直正公も「彼らは国の経済を知らず」って、ちょっと越前の人たちをディスってますね( ̄∀︎ ̄;) でも、「奥の兄」だからこのままにはしておけないって直正公は筆姫のこと大切に思ってたのね〜( ˘͈ ᵕ ˘͈ )
予め準備している与一 次の日は出発する与一 電流丸を全速力で走らせる与一 道中、松根は心配で心配で気が気でなかったでしょう(´•̥ω•̥`) 『直正公伝6巻』 https://t.co/SzUhN8uLHY
該当部分は国デジで読めますね。三者三様の言動が目に浮かぶようですが、老人云々の軽口を宗城公ではなく春嶽公が言い出してるあたり、この姻戚関係の気安さを伺える気がします。 https://t.co/xOcSBMupYt https://t.co/FrVXR3bUq1
2 2 https://t.co/ecqTePmc2F
本日は閑叟公の旧暦の御命日ですね。鍋島直正公伝には、薨去から葬儀に至るまでの詳細が記されています。 国立国会図書館デジタルコレクション - 鍋島直正公伝. 第6編 https://t.co/ky1PgcxdqW

収集済み URL リスト