言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[本] 菊池寛 はじめの随筆集

Twitter (10 users, 11 posts, 16 favorites)

文芸往来 https://t.co/Rl5CoOBuW8 『芸術と天分』というのがあって、趣味で創作をする人なら大抵共感できる内容になっているんだけど、時々A川先生の地雷を踏み抜いてる感があってソワソワします
『文芸往来』 https://t.co/Fee1IAUq8C 春夫が『創作月旦』で触れてたきくちの『印象批評の弊』が載ってるの。そしてさっきのたきたろうへのけんか腰へ……
@420110_bnal @bnal_TL デジタルコレクションどうぞ https://t.co/yjIzbJt9jL いろいろ載ってますけど、しが先生を一番礼賛しているのはこの中では「しがなおや氏の作品」かと
せっかくなので菊池さんによる武者さんへの複雑な評価を貼ろう。 「武者小路氏の戯曲を讀んで居ると何時も尊敬の心と不満の心とが自分の心の内で争っている」(菊池寛『戯曲家としての武者小路氏』https://t.co/eysknOzNIQ) 冒頭からこんな感じです。
菊池寛のプロ文批判で代表的な言葉は「芸術本体に階級なし」とされていて、WEBで読めるかなと思ったんですが見つかりませんでした。 社会主義的小説批判ならこれとかあるんですが。(https://t.co/epLGZFQchj)「文藝が何かに仕へたときに、それは明かに堕落して居る」

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト