よしの (@catsummer)

投稿一覧(最新100件)

「茅ヶ崎に於ける国木田独歩」という章が日記を元にして描かれていて生々しい…… https://t.co/fGGwZn7kod 「僕にはまだ幾らか元気がある、気力がある。さぞ死ぬ時苦しむだらうな!」
ついつい前田晁『明治大正の文化人』を読み出したらこんな時間に…… https://t.co/5pZvSaeLfd かたいと一緒に文章世界を編集していた人だけど、実ははくちょ先生と同い年だった(1879年生まれ)

3 2 0 0 OA 現代作家論叢

片岡良一の『現代作家論叢』(1934)読んでるけどなかなか面白いなー作家論のはしりみたいな研究ですよな……はるお論が載ってたので読み始めたのだが他の作家のところも面白いの。序文を藤村が書いてはる https://t.co/IvUJkpTPHn

3 0 0 0 OA 文壇は動く

はるおの『剪られた花』はね〜当時の状況がある程度分かってる今読むとはるおの鬱屈も理解できるけど、当時の文壇ゴシップからしたらこの程度の扱いっていうのが一番はるおかわいそうって思うところ(藤森淳三『文壇は動く』)… https://t.co/dBaxP1CHon

3 0 0 0 OA 文壇は動く

藤森淳三はまじげんなりするから特におすすめはしないけど、当時の文壇のキリの方を知る上では貴重な文献ではある『文壇は動く』 https://t.co/YOZiL8149V 江口渙への罵倒とか実にアレだけどまぁ江口も大概だから…… https://t.co/EZMLnSjOkH

3 0 0 0 OA 文壇は動く

藤森淳三はまじげんなりするから特におすすめはしないけど、当時の文壇のキリの方を知る上では貴重な文献ではある『文壇は動く』 https://t.co/YOZiL8149V 江口渙への罵倒とか実にアレだけどまぁ江口も大概だから…… https://t.co/EZMLnSjOkH

26 0 0 0 OA 文芸当座帳

きくちくんの文壇交遊録もついでに……くめたんの「但し、事は頼まれず」が……ゆーぞーは「まさかの時に面倒を見てくれさうなり」。新潮のブラ公とは仲悪いのかなと思ったらふたりは釣り友〜とか言っててなんだお前らってなる… https://t.co/65UWrKs4Q6

37 0 0 0 OA 小説勉強

やまもとの戯曲関係の話でもあるかなと思って見てたらすなおくんのゆうぞう論があったのでふむふむ https://t.co/aMOCe9ylZu

3 0 0 0 OA 人物研究

サンデー社の人物研究(大正2年)はくちょ先生が載ってるので読んだ https://t.co/xcGW7vujGY 「たとへば我国文壇に於ける氏は一個の宝玉である」貴重ではあるがその言説に価値はない(人物として興味深いが批評家の才は… https://t.co/D2DdOuXLJQ
『現代日本に活躍する人物とその団体』(昭和8年)の「文壇の現状とその人物 誰が一番活躍しているか」 https://t.co/Op5rIdZhxV 結局誰が活躍してたんだ……この本だと大衆小説は歴史を題材にした空想小説で、通俗小説… https://t.co/YqacHcSXbF
これ読んでましたの『親分乾分物語り』(タイトルそのまんま過ぎる) https://t.co/vQc8LHK4GC
筑摩の日本文学全集を研究した論文もめっけた https://t.co/F7cZtT1iRi
『図案の意匠資料』(1921)なんて面白そうなものも見つけたけどこれは明日読もう https://t.co/nFfVuqkj3g
1886年『西洋遊戯かるた使用法』 https://t.co/QiIyLRx2ke はちょっと古すぎかな…… 1916年『トランブ術:一名西洋かるた使用法』 https://t.co/QiIyLRx2ke だとかなりバリエーションが増えてるね、基本は点取りかな
はるおの「創作も性慾のやうなものだね」なんて名言も読めるからおすすめ https://t.co/ZZ29kxx0gc https://t.co/bWqFdu0Law
『文壇太平記』ははるおにまるまる一章使っててそこは前に読んだことがあったんだけど、改めて頭から読むといろいろな人の話をまとめてあって面白かった。江口渙のことべた褒めなのは納得いかんけど(まさか書いたの本人じゃないだろうな……) https://t.co/f8Ylw7dma0
はくちょ先生がXY生というペンネームで書いた『文科大学学生生活』という小説がもろに小羊先生の『当世書生気質』のパスティーシュでしてな https://t.co/p6Ix0pk8Zt

12 0 0 0 OA 文芸往来

『文芸往来』 https://t.co/Fee1IAUq8C 春夫が『創作月旦』で触れてたきくちの『印象批評の弊』が載ってるの。そしてさっきのたきたろうへのけんか腰へ……

2 0 0 0 OA 偉人伝全集

ちなみにこのシリーズはきくちがナポレオン伝書いてたり、くめたんが伊藤博文伝を書いてたりして面白いんぬ https://t.co/ldHYX4UART https://t.co/kcnvftZsfj 君らこんな仕事もやってるのか〜ってなる

2 0 0 0 OA 偉人伝全集

ちなみにこのシリーズはきくちがナポレオン伝書いてたり、くめたんが伊藤博文伝を書いてたりして面白いんぬ https://t.co/ldHYX4UART https://t.co/kcnvftZsfj 君らこんな仕事もやってるのか〜ってなる

5 0 0 0 OA 偉人伝全集

しょよ先生の伝記は千葉亀雄の『偉人伝全集』が余すところなく押さえていておすすめ(昭和9年の本なので最晩年まで載ってる) https://t.co/EuD8V6vyV2

13 0 0 0 OA 文献石川啄木

研究書としてどれくらいの信憑性があるのかまったく知らないけど、国会図書館デジタルの『文献石川啄木』に初期の頃の詩とかはくちょ先生との出会い×3の話とか載ってて読み物として愛読してるよ https://t.co/zzMmD1beYy
1922年の『現代流行作家の逸話』という本に島清がいっぱい載ってそうだなって読み始めたら一番最初に載ってたゴシップが二科展に落ちてむくれているくめたんだったのだ(『破船』を書く直前くらい?)… https://t.co/OjrCRS7M1X

13 0 0 0 OA 文献石川啄木

戦前のたくぼくファンもこんなこと言ってて永遠に未来ある青年のまま死んだ男はみんなの憧れを一身に背負わされて大変だよな〜って思う(『文献いしかわたくぼく』1942年 https://t.co/kedh59hTT9) https://t.co/NSepFFxyk1
山本有三といえばさ〜国会図書館デジタルのはくちょ先生の『我最近の文学評論』の『山本有三論』のところがきれいさっぱり欠ページでさ〜怖いんですけど(ちなみに同じ本の『「坊つちやん」について』も丸々欠ページ) https://t.co/MgJzKCOxZk

106 1 0 0 OA ニコニコ写真帖

RT @tokiya_mkw: ニコニコのもり先生は国会図書館デジタルコレクションに掲載されてました。家族の写真もあるよ。ちなみに明治45年2月6日の日記に撮影のことを記してる。朝陰、にこにこ雑誌の(略)予と家人とを写して去る。 ニコニコ写真帖. 第1輯 https://t.…

2 0 0 0 OA 偏奇館吟草

『偏奇館吟草』はいつもの国会図書館デジタルで読めるのでこちらも https://t.co/WqTC6qCaYw この詩集、編纂が昭和18年なんだよね……
RT @swimin15: これの全編はデジタルコレクションで見れます。 作家の他にも定番の長者番付から武将番付、名刀番付、ご飯番付、嘘番付とかなんでこれを番付にしようと思ったんだろ…ってのがたくさん載ってて時間泥棒でした。 https://t.co/NCjx3cMZ9v
RT @uranus_2: 作家、宇野浩二は1927年に精神病にかかり、約6年間執筆活動を停止。1933年に文壇に復帰した宇野浩二の作風は著しく変化したと言われている。しかし、実は宇野浩二の文体は入院する前から既に変化し始めていたのである⇒入院する前に宇野浩二の文体は既に変わっ…

8 0 0 0 OA 文学その折々

しょよ先生の『文学その折々』には没理想論のしょよ先生側の文章が載っていて面白いので読んでみると面白いです。最初びっくりしてるけどだんだん自分のペースになっていくしょよ先生。文章が古いのでかなり大変ではあるけど…… https://t.co/8VR0jFx0en

8 0 0 0 OA 文学その折々

しょよ先生のひつじ好きとは直接関係なくなるんですが、実は「小羊」という名前がもっとも活躍するのがもり先生との没理想論の時で、もり先生への反論を、「小羊の逍遙子」と「鷗外将軍」との架空戦記みたいな戯作として書いているのだった https://t.co/V8lN6btRxn

5 0 0 0 OA 蝗の大旅行

はるおの童話集なら国会図書館デジタルに『蝗の大旅行』が入ってるから興味あればぜひ読んでほしい……童話のくせに群を抜くおっさん率の高さ、ショタははるお少年しか出てこない https://t.co/pim7MhfvAq
思わず全部読んじゃったのよね……ちなみにわせだの首領小羊博士の童話論 https://t.co/Bgq7bvjxGP しょよ先生はほんとにガワを整えるのが好きな男だな〜この頃はページェントから児童劇や読み聞かせの方に首を突っ込んで… https://t.co/YfeuLQyAA5
井伏訳のドリトル先生は光文社版が国会図書館デジタルで読めるんだけど、オシツオサレツが「プシュミプリュー」となっているのだった https://t.co/BKLYqaaeaV https://t.co/XhdwUsKD4H
@MgoMugio ドリトル先生もかなりいろんな話があるので忘れちゃいますよね……アフリカ行きは岩波に収録される前に出た光文社版が国会図書館デジタルで読めますが、挿絵がなんか独特で味わい深いです。カラー口絵の邪悪なアヒルとかw https://t.co/gSBCkFp7KD

14 0 0 0 OA 病める薔薇

『戦争の極く小さな挿話』も狂人スメルが感じられていい…… https://t.co/uvJGmj982M そしてこの手のツッコミを入れるおっさんいるいる。そこはフィーリングで読めよ〜と思わないでもないけど、こういうのを突っ込まれな… https://t.co/6V3Dwn1I1v

14 0 0 0 OA 病める薔薇

うさぎの解体の話を見かけるたびに書くことにしてるけど、はるおの『歩きながら』が歯痛のはるおっぽい主人公がうさぎの解体を見ながら実況中継する女子うぜぇって思う話だからおすすめ https://t.co/pgy4sVYGkL

5 0 0 0 OA 偉人伝全集

しょよ先生の評伝は熱烈な崇拝者かしょっぱい悪口本かっていう両極端で、なかなかこれという本がないのがな〜千葉亀雄の『坪内逍遙伝』はよかった https://t.co/EuD8V6vyV2 なんといってもしめ〜先生の「あなたも大変に弱… https://t.co/TSNMtW0zSQ

4 0 0 0 OA 白鳥傑作集

はくちょ先生の小説はどれも好きなんだけど(盲信的ファン)、『白鳥傑作集』の第2巻は素人童貞のはくちょ先生っぽい主人公がひたすらクソみたいな態度で昔なじみの人間に対して潔癖症を発症してる話ばかりで超お気に入りなのでよかったら読んでみ… https://t.co/gWILC5GwJc
正宗白鳥抄訳・坪内逍遙監修の『ペリアスとメリサンダ』(1903)もよろしくね…… https://t.co/51Ps4aJ4HU

7 0 0 0 OA 氷の涯

ゆめきゅの『氷の涯』はこのラストに尽きる、とみなさんおっさる https://t.co/DJOpto4JoP やはりゆめきゅは詩人だよ……
これこれ https://t.co/dOSmNwfWiN むらおが一生懸命実際に会ったはくちょ先生の冷たさについて熱く語ってるけど、それ単にお前が嫌われてるから冷たくされてるだけだから……って読んでてニヤニヤしてくるやつ

9 0 0 0 OA 小泉八雲全集

そういえば『夢Q夢魔物語』に載ってた『哀れな兄弟』が小泉八雲の『鳥取のふとんの話』の語り直しだってあったからどんなだろうと思って読んでみたの。『知られぬ日本の面影』第21章の9段目ですかぬ https://t.co/dLTlW4SaSY

7 0 0 0 OA 氷の涯

氷の涯 https://t.co/6aGVvoc7f2 ついでに枠のない絵も撮り直した https://t.co/6Li6mePVGb

2 0 0 0 OA 文壇観測

「佐藤春夫氏の「退屈問答」は、氏の作に私が共鳴を感じた最初の作である。「都会の憂鬱」の如き、重つ苦しいくどい小説とは比較にならない妙味がある」 正宗白鳥『長短十個の作』 https://t.co/yqiZe1NY63 でも別の評では『都会の憂鬱』褒めてるからね……ツンデレはくちょ

4 0 0 0 OA 英詩文評釈

青空文庫にしょよ先生訳のテニスン『シャロットの妖姫』が載っててええなぁってなってたんだけど、これって元は英文学の講義だったんだね…… https://t.co/YVzkk41BBS 英詩の翻訳の合間合間に解説するといういかにも購読って感じの講義なんだけど面白く読んでしまった

4 0 0 0 OA 贋貨つかい

逍遙先生の探偵小説翻訳は『贋金つかひ』 https://t.co/SuJ1dQ2geq 原作はカサリン・グリーンの『XYZ: A Detective Story』。実はこの原作は世界で初めてディテクティヴ・ストーリーという言葉を使った小説なんだとか
はるおが小説デビューしたての頃に書いた『或る女の幻想』が既に地元の狂女を扱った話なんですね https://t.co/wW6sN4pjwl 西班牙犬の家』や『病める薔薇』を書いた頃に書かれたもので、本人はあまり出来がよくないものと言っているけどミステリ好きには興味深いのでは?

2 0 0 0 OA 妹と背かがみ

そういえば夢Qの小説ってやたらに三点リーダー(「……」)が出てくるけど、これを小説で最初に使い始めたのってもしかして逍遙先生なのかな? 二作目の『妹の背かがみ』で頻繁に使われているのだった https://t.co/izdUlBPjI7

2 0 0 0 OA 白鳥傑作集

あれもこれもお勧めしたくなるけど、初期のはくちょ先生の作品で本人もわりとよく書けてると思ってたっぽい『五月幟』は読んでほしい https://t.co/o3N6ZgvpTZ この作品、白痴の妹が村の不良に裸踊りを強要されるシーンがあるから多分今後出版はされないのではないかと……

3 0 0 0 OA 白鳥小品

『モルヒ子』 https://t.co/QfjTU02JHA もなかなか病んでる感あっていいぞ〜(「モルヒネ」と読みます)

7 0 0 0 OA 二階の窓

はくちょ先生の夢Qっぽい小説なら『妖怪画』だな〜はるおもはくちょらしからぬロマンチックな作品と言ってお勧めしていた。これは国書刊行会の『日本幻想文学集成』に載っているので今でも書店で買えるよ(買ってね) https://t.co/TG7PGyHKml

28 0 0 0 OA 人生の幸福

史実だと夢Qとはくちょ先生の直接のつながりは(見た限りでは)見つからないけど、はくちょ先生の戯曲がわりと幻想系というか……とりあえず『人生の幸福』はファンの書き込みが狂っているという点で国会図書館バージョンで読んでほしい https://t.co/RwnVzsCuUH

2 0 0 0 OA 作家の世界

十返肇『佐藤春夫論』 https://t.co/Xcqa3n2Alg 十返先生も十代でトルストイ論かなにか書いちゃう神童なんでな……青空文庫だと『日本推理小説の曲り角』で後の新本格に通ずるような事も言ってたり https://t.co/UlgHmxHOL3

2 0 0 0 OA 教化と演劇

坪内逍遙『教化と演劇』 https://t.co/lzcJ9hRTa3 受講生が広津和郎一人しかいなかったという、伝説のしょよ先生のバーナード・ショー論の中身が知りたかったのでショーに関する文章を探してきたのだった。面白かったよ☆

13 0 0 0 OA 文献石川啄木

史実だとたくぼく、はくちょ先生のこと大好きだし上京の折にはわざわざお土産まで持ってってるらしいからがんばってほしい https://t.co/kedh59hTT9 https://t.co/D7tzk6Kkhc

12 0 0 0 OA 文壇人物評論

せっかくだから久々に『谷崎潤一郎と佐藤春夫』も読み返してみたよ! https://t.co/F2Loz8OZzY 昔読んだときは「はくちょ先生ははるおよりざきたにの方がお好みですか〜」くらいの気持だったけど、今読み返すとものすごいはるおに対して優しい文章だった……

12 0 0 0 OA 文壇人物評論

昨日言ってたはくちょ先生からのしゅせ批判の文章、文壇人物評論の『徳田秋声論』のことだった…… https://t.co/gS88SpLFdW まだはくちょ先生にはまる前にちゃんと読んでた。なぜなら同じ本に「谷崎潤一郎と佐藤春夫」が載ってるから……

11 0 0 0 OA 文芸評論

かふ〜氏の反問についてはネットで読めますからね…… https://t.co/wyqQSN6cRw あとかふ〜がキレる原因になった『「土」と「荷風集」』 https://t.co/s9wVx6KM8a

11 0 0 0 OA 文芸評論

かふ〜氏の反問についてはネットで読めますからね…… https://t.co/wyqQSN6cRw あとかふ〜がキレる原因になった『「土」と「荷風集」』 https://t.co/s9wVx6KM8a

5 0 0 0 OA 官報

当時のパウリスタのブラジルコーヒー推し嫌いじゃないぜ……当時の官報に載ってたパウリスタ広告→ https://t.co/sAauMLJ1Hu https://t.co/007kjqnOeC

6 0 0 0 OA 官報

当時のパウリスタのブラジルコーヒー推し嫌いじゃないぜ……当時の官報に載ってたパウリスタ広告→ https://t.co/sAauMLJ1Hu https://t.co/007kjqnOeC

4 0 0 0 OA 新曲浦島

ちなみに新曲浦島に書いてある指示は全部フィーリングで「〜っぽいの」って感じで決めたらしい(雑!)でも新曲浦島の脚本けっこう面白いんだよな……西洋旋律でキ○ガイ大合唱するこのあたりとかノリノリですやん https://t.co/Q45gqRw8mD

3 0 0 0 OA 鴎外全集

もりせんせーもしょよ先生について語っていたのだな https://t.co/AwZahDE4xZ もり先生としょよ先生、お互いに「あの文章は自分に向けて書かれたものだよねワカルー」って言い合ってる……当時は文士なんてそういないからまぁそうなりますわな

3 0 0 0 OA 文壇的自叙伝

先日描いたまんがにちらっと書いたはくちょ先生のアラビアンナイト翻訳の経緯は『文壇的自叙伝』に詳しい https://t.co/E6p2Rc1sKA 山田美妙に言葉が下品だとつっこまれた部分が監修のしょよ先生が訂正したところだった、って……珍しい苦り切った表情のしょよ先生

5 0 0 0 OA 偉人伝全集

今日読んでたのは千葉亀雄の『坪内逍遙伝』でした https://t.co/0cId4nwGCy 千葉亀雄って確か「新感覚派」の名付け親じゃなかったっけ? この本が出た翌年(1935年)にしょよ先生は亡くなってるのね……

3 0 0 0 OA 花霙

室生犀星『花霙』 https://t.co/D5nooHqSuW はるおはペン部隊として上海行くまではお国のために!とテンション高かったんだけど、従軍先で軍人に足手まとい扱いされたりホテルで盗難に遭ったりで思ってたのと違う……ってなったから……一人だけ不機嫌そうに帰ってきたという
しょよ先生の朗読聞いてみたかったんでやっほーい。ヴェニスの商人 https://t.co/c7d4UNQ0dB いぶせのエッセイでしょよ先生の朗読面白いねって言ってたよね……女子は女子らしく、爺は爺らしく声色替えてる
新潮合評会で検索したらこんな論文が引っ掛かってきたんだけどはるおが面白すぎる…… https://t.co/6OGcR6rCpk 座談会の記録を「暴力的かつ挑発的」に修正しまくるはるお……文壇史で何かしらの事件が起こった場合、だいたいにおいてはるおが関わっているこの現象

3 0 0 0 OA 文壇的自叙伝

はくちょ先生の久米正雄論読んでたのだった https://t.co/z6r2xwMlCp 変に芸術気取らなくてもくめたんは書ける子なんだから自分の文章にあった小説をどんどん書けばいいのだってスタンスかな……はくちょ先生は新思潮にやさしい

3 0 0 0 OA 文壇は動く

藤森淳三の『文壇は動く』という本に、はるおに下等なペンを取らせることになった文章が載ってるけどひどいもんよ…… https://t.co/mUmeTLWcQt でもこれでも江口渙に対するクズオブクズな文章よりはまともだった https://t.co/EZMLnSjOkH

3 0 0 0 OA 文壇は動く

藤森淳三の『文壇は動く』という本に、はるおに下等なペンを取らせることになった文章が載ってるけどひどいもんよ…… https://t.co/mUmeTLWcQt でもこれでも江口渙に対するクズオブクズな文章よりはまともだった https://t.co/EZMLnSjOkH
RT @dahdahskodahdah: >一九二〇年代の新潮合評会の佐藤春夫と久米正雄の会話の記録の不備を手掛りとして座談会と速記の関係に着目 https://t.co/oJYZG9RzWx 直接は関係ないけど興味深い論文があったのでメモ

6 0 0 0 OA 文壇無駄話

秋江とはくちょ先生が一緒に三越行って三越の店員に些と不思議に見られちゃう謎シチュ……はくちょ先生「なるほど、これでは婦女子をして狂わせしむる筈だ」多分腐女子のデパガが別の意味で狂ってるはずだ https://t.co/Frc2laLIc5

6 0 0 0 OA 文壇無駄話

近松秋江『文壇無駄話』 https://t.co/KPIOgincKq はるおお勧め秋江の文芸批評集。秋江は本当は文芸批評で食っていきたかったけど当時はそれが難しくて痴情小説を書き始めたとかとか……読んでみるとノリが確かにはるおの批評っぽい

4 0 0 0 OA 沙翁傑作集

https://t.co/Mn1yZivFFr ウィキペに書いてある程度のことは逍遙先生全部御存知なのだ……昔のエリートを侮ってはいかんかったのだ……ところでこの緒言に再録されてる『パック君の自叙伝』という文章がなかなか面白い。江戸っ子っぽいパック? 口語体もいけてますね逍遙先生
なんでメーテルリンクの話を急に思い出したのかというと、はくちょ先生が『マアテルリンク物語』としてメーテルリンクの抄訳をしていたからです https://t.co/1nypzZD6WN まだこの頃はしょーよー先生っぽい文体なんですな

18 0 0 0 OA 予が一日一題

私の好きなはくちょ先生のエッセイ『「ふんどし」』 https://t.co/BvCxsQLqsR 人物批評に定評あるはくちょ先生ですがこういうどうでもいいことに拘りを見せるエッセイが私は好きでしてね……

18 0 0 0 OA 予が一日一題

はくちょ先生がはるおの『濹東綺譚』評にちょっと引いてる『頓狂な文学論』は国会図書館デジタルで読めるからぜひ読んでください https://t.co/PnjhcbQ7Os この時期のはるおのかふ〜論はほんとに盲信すぎてやばいので読んでるこっちがいたたまれなくなるの……
はくちょ先生の出てくる本を漁ってたらはるおの師匠である生田長江が書いた文章があったんですが、はるおの文章(特に初期の評論)ってかなり長江の影響を受けてるなぁと感じる…… https://t.co/ZRlWrX7L1F はるおも長江は話す口ぶりと書く文章がまったく同じだと書いている

13 0 0 0 OA 文献石川啄木

『文献石川啄木』の「正宗白鳥と啄木」 https://t.co/kedh59hTT9 書いた人がたくぼく儲なのではくちょ先生が老害扱いされてるの笑う……
はるおの友人で建築家の西村伊作が遺産で小田原に理想郷を作ろうとした時に、土地探しをざきたにと白先生に手伝ってもらってるんすよね https://t.co/0V4Icrp33f なお伊作さんとはるおは粘土で大人のおちんこを作る仲
影法師『吾輩ハ鼠デアル』 https://t.co/OvVcOLRSQA XY生『文化大学学生生活』 https://t.co/g46gCBv8Re (誤植でペンネームがYX生になってる。この記事参照 https://t.co/zz75EQoHhW) 他に剣菱なんてのもある
影法師『吾輩ハ鼠デアル』 https://t.co/OvVcOLRSQA XY生『文化大学学生生活』 https://t.co/g46gCBv8Re (誤植でペンネームがYX生になってる。この記事参照 https://t.co/zz75EQoHhW) 他に剣菱なんてのもある
そういえば国会図書館デジタルで知ったんだけど、『吾輩は猫である』のパロディで『吾輩ハ鼠デアル:滑稽写生』の作者の影法師ってはくちょ先生なんだってね……マジっすか。はくちょ先生そんなそうせきにケンカ売るスタイルなん……? https://t.co/cPmlSylZSJ

28 0 0 0 OA 人生の幸福

国会図書館デジタルではくちょ先生の『人生の幸福』読めるんじゃんね〜と思いながら読んでいたけど、噂に違わぬキチっぷり……そしてこの本の元の持ち主がテンション高く「然り傑作!!傑作!傑作!!」って熱く感想書いててちょっとこわい https://t.co/FwDEseRuFw
この間読んだ『文壇資料春の日の會』で、谷崎が千代さんにポンと『豆腐百珍』渡してこの中の料理全部作れ!って言ったのを、がんばって読み通して全部作りきったっていうところ……当時の豆腐百珍ってこんなんだからこれ読めるって相当すごい https://t.co/ealLYd8Ear
久保田万太郎脚色の『春琴抄』の内容はこちらの論文に書いてありました https://t.co/DCeozSRri5 今は論文がネットで読めていい時代ね……
はるおの『歩きながら』 https://t.co/eUIVePkBpm はるおの平服見てなんとなくこれを思い出した

9 0 0 0 OA 作家論

かふ〜先生がぶち切れたはくちょ先生のかふ〜話 https://t.co/UAckYUaqRP でも基本的にははくちょ先生はかふ〜の作品ほめほめだから、後年のかふ〜先生はめっちゃデレるのかわいい https://t.co/HGxcrIYuHx

2 0 0 0 OA 文壇観測

はるおの小説が基本的にピンと来ないはくちょ先生が共鳴を感じた……とか言ってるのが『退屈問答』で、なんかマニアックなセレクトだな〜と思う…… https://t.co/yqiZe1NY63

2 0 0 0 OA 文壇観測

「生田長江君へ」 https://t.co/42bbDjNlqh はるおの師匠の生田長江に噛みつかれてるはくちょ先生楽しそうね……佐藤君の作品くらい退屈なものはないとは言ってないから!他にも退屈な作品あるから!って結局それ退屈だって言ってないか……?

11 0 0 0 OA 文芸評論

そうそう、文アルちゃんのかふ〜先生→はくちょ先生への手紙の元ネタっぽい批評も見つけた。「土」と「荷風集」 https://t.co/ZMyMXpWb5o 荷風氏の反問について https://t.co/lqPltz6jqh

11 0 0 0 OA 文芸評論

そうそう、文アルちゃんのかふ〜先生→はくちょ先生への手紙の元ネタっぽい批評も見つけた。「土」と「荷風集」 https://t.co/ZMyMXpWb5o 荷風氏の反問について https://t.co/lqPltz6jqh

11 0 0 0 OA 文芸評論

はくちょ先生の本を国会図書館のデジタルコレクションで読んでいるんですが、先生も探偵小説お好きなんですなーというかこの時代の日本の作家はだいたいポー信者だぬ…… https://t.co/SqBWoOS6kp

12 0 0 0 OA 文壇人物評論

新文豪、岩野泡鳴や柳田國男説もあるのか〜とりあえず弓なら誰でもいいぜ!(本音) 新文豪如何に関わらず正宗白鳥の『文壇人物評論』は面白いのでおすすめ。「はるおは綺談怪説趣味よりも憂鬱系統の方でがんばれ♡」という白鳥のありがたいお言葉 https://t.co/GFNCd5bvqY
そういえばはるおの研究本読んでるとよく名前をお見かけする河野先生(だざのメートル手紙を発見した人)の専門が紀行文らしくて、論文がネットで読めました。大都市見物に行った他の文士たちとはひと味違うはるおの異世界体験、なんですって https://t.co/MWUjQudrzs
そうそう、これが読み返したかったの。佐藤春夫『歩きながら』 https://t.co/uPMtwlCzX4 これ、わりとストレートにグロ描写書いてて乱歩の直系に当たる作品かなぁって思ってたんだけど、読み返してみると見世物小屋的に作り物っぽい乱歩のグロに比べて生々しい感じあるかな
相馬健作『文壇太平記』の「佐藤春夫の今昔」 https://t.co/6ShyCL2D4a 「いや初戀といふものは、僕にはないよ。何故つて、僕は何時でも初戀をしてゐるんだから」二度目の結婚生活の最中でこれだからロマンチックな生き物は度し難い……

2 0 0 0 OA 作家の世界

十返肇『作家の世界』の佐藤春夫論 https://t.co/SnIjiKW3Q8 普通に読んでたら最後の方で「実は子供の頃にはるおの書生にしてもらおうとして家出したことがある」とか告白はじめて……はるおから書生にはまだ早いから学校で勉強しようねってお手紙もらってて裏山しぃ

お気に入り一覧(最新100件)

106 1 0 0 OA ニコニコ写真帖

ニコニコのもり先生は国会図書館デジタルコレクションに掲載されてました。家族の写真もあるよ。ちなみに明治45年2月6日の日記に撮影のことを記してる。朝陰、にこにこ雑誌の(略)予と家人とを写して去る。 ニコニコ写真帖. 第1輯 https://t.co/9IuVmv2Ehv
これの全編はデジタルコレクションで見れます。 作家の他にも定番の長者番付から武将番付、名刀番付、ご飯番付、嘘番付とかなんでこれを番付にしようと思ったんだろ…ってのがたくさん載ってて時間泥棒でした。 https://t.co/NCjx3cMZ9v
>一九二〇年代の新潮合評会の佐藤春夫と久米正雄の会話の記録の不備を手掛りとして座談会と速記の関係に着目 https://t.co/oJYZG9RzWx 直接は関係ないけど興味深い論文があったのでメモ
CiNii 論文 -  堀口大學--「くら闇坂」の登り降り(大森望翠楼ホテル) https://t.co/6Xvrcvo8b7 #CiNii

フォロー(105ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @lgbtqa_bib: 【GID/東日本大震災】谷合規子『性同一性障害 : 3.11を超えて』論創社, (2012-09) ISBN-978-4-8460-1172-7 https://t.co/P8T3Sbv8iZ

フォロワー(500ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @NIJL_collectors: 国会デジタル『新粋諸芸粋の種本』明20.5 https://t.co/GyxWjV9s3D 表紙もいいケド、奥付裏の広告がよい 洋装本氏のセリフ「ドウダ改良小説のおもしろくててがるで安いには叶ふまい」 和装本諸氏「むかしものゝヘイコ…
RT @NIJL_collectors: 国会にまた別の版があった 「新板狐媛佐連双六」https://t.co/bEqcahlBDL 楽家のしたく 「これで丸まげに見へるだらふ」 「イヽかつこうになりました」 気がつゐた 「なんだか かたいはだゝと思たら大こんだわへ」 「…
RT @lgbtqa_bib: 【GID/東日本大震災】谷合規子『性同一性障害 : 3.11を超えて』論創社, (2012-09) ISBN-978-4-8460-1172-7 https://t.co/P8T3Sbv8iZ

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 0 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @JapaneseDrugLab: @shirlywang https://t.co/X7Af6SDrIu 鰹節がゴーヤの苦みを低減することについては専門的に研究されています。ご参考まで。