4 1 0 0 OA 山桜の歌

著者
若山牧水 著
出版者
新潮社
巻号頁・発行日
1923

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

若山牧水も全国津々浦々を旅して、歌を詠んで、大酒喰らってという一生だったので、伊豆がらみの文章は無いかと探しましたが、下田に直接関わるものは今のところ見つからないので、伊豆石を詠んだ和歌があったので参考までに記録しておきます。 「山桜の歌」 (新潮社, 1923) から「伊豆石山」の十三首です。 冒頭の一首に「小松山」とあるので真鶴辺りで詠んだ連作だと思います。 なお、同書には「湯ケ島雑詠」 ...

Twitter (3 users, 6 posts, 39 favorites)

@walking_reading もしかしたら国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧できるかもです。 ↓新潮社, 1923年(大正12)の『山桜の歌』です。 https://t.co/G0o6tCWLta

収集済み URL リスト