著者
齊藤 由衣子 山内 洋一郎
出版者
奈良教育大学教育研究所
雑誌
奈良教育大学教育研究所紀要 (ISSN:13404415)
巻号頁・発行日
vol.32, pp.1-9, 1996-03-01

教育基本語彙の一つである「友だち」は、「友」と複数を示す接尾語「たち」によってできている。それが、現代では「A君は僕の友だちだ」といった単数を表す用法が用いられる。本来複数を表していた「友だち」は、汎称としての「友」の領域を侵し、単数を表すようになり、複数としての意味が薄れていく。「友だち」は以上のような語史をたどり現代に至る。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@muromachi_bot こんな論文も 友だちの意味と成り立ち https://t.co/3FhEuABaQV

収集済み URL リスト