著者
林 衛
出版者
水曜社
巻号頁・発行日
pp.101-107, 2013-01-06

放射線リスクはどの程度のものなのか、リスク回避のための有効な手段はなにか、これら切実な疑問に対し誤解を与える説明が繰り返され、混乱が生じてしまった。4事故調のなかで、この問題に比較的深く踏みこめているのは、国会事故調だけであった。民間事故調は各論並記に留まっているため、混乱原因の解明ができていない。政府事故調の記述はリスクコミュニケーションの「失敗」に限られ、東電事故調では放射線リスクの問題が分析対象からはずれている。低線量被曝が健康に及ぼす影響について、日本政府は「世界標準」よりも放射線の「安全」を強調する防護施策をとった。そのために、政府や自治体の施策そのものに加え、施策に協力する専門家の言動に対する不信と反対論が強まった。

言及状況

外部データベース (ISBN)

Twitter (6 users, 13 posts, 3 favorites)

@ronja_yty 放射線被曝情報の誤解と混乱は、なぜ生じたか? https://t.co/k644BAwo8D ぜひダウンロードしてご覧ください。無料です。
クラーク委員長による「義務論的倫理観」への転換などの新しい考え方を日本からの委員として改訂にかかわった佐々木康人氏がアイソトープ協会誌で2007年勧告公表時に連載で紹介。下で私も紹介済。 放射線被曝情報の誤解と混乱は、なぜ生じたか… https://t.co/vUGXtKWHcp
@kazooooya https://t.co/SKNhUuaqmn の流れです。https://t.co/UCI0byE281 ですが、当時は黄色っぽい背景で、左に表紙、右に林氏と並んで津田の名前もありました。今ない。。
2 2 https://t.co/stfcLDM026
2007年勧告に向けた議論で,功利主義・年1mSvでは済まない現実が具体的に想定。 林:放射線被曝情報の誤解と混乱は、なぜ生じたか? https://t.co/k644BAwo8D @NPwrAGW @TAKASHIMA724 @CordwainersCat @reemayufu
チェルノブイリ事故前から議論していた90年勧告は,事故の現実を横でみながら公表にいたったため,過酷事故の際にどうするのかの議論は,2000年ごろから始まったわけですが(https://t.co/k644BAwo8D),年1mSvは… https://t.co/VDKWa2VWxk

収集済み URL リスト