著者
伊藤 俊秀 宮澤 樹 山本 恭輔
出版者
関西大学
雑誌
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 (ISSN:1341156X)
巻号頁・発行日
vol.50, pp.1-10, 2020-01-30

二酸化炭素の排出が地球温暖化にどの程度影響しているかは議論の余地の残るところではあるが,現時点で商用化されている水素自動車(燃料電池車)は走行時に二酸化炭素を排出しないので,地球温暖化防止に有効であると広く認識されている.しかし,水素は,工業的には天然ガスから製造されているので製造時点で二酸化炭素が排出される.そこで,水素自動車が実質的に排出する二酸化炭素量を推計し,ガソリン車,ハイブリッド車,電気自動車が排出する二酸化炭素量と比較して考察した.ここで,電気自動車については発電時の排出量であるので,各国の電力ミックスに大きく依存する.比較考察した結果,日本の場合,水素自動車と電気自動車の二酸化炭素排出量は,現時点ではほぼ同量であるが,政府が2030年に目標としている電力ミックスで考えるとむしろ電気自動車の方が少なくなることがわかった.したがって,水素ステーションなどに膨大な設備投資を行って取り扱いが難しく非常に危険な水素で走行する水素自動車の普及を推進するより,現時点でもかなり普及している電気自動車の更なる普及を促進する方が合理的である.本稿では,最後に,水素の製造や発電の際に排出される二酸化炭素の地中への貯留手法であるCCSの現状と実現性についても言及した.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

【独自】政府の資源調達の柱、水素やレアメタルに…「石油・天然ガス」から転換(読売新聞オンライン) #Yahooニュース https://t.co/TEGi63dAp0 巧妙なセールストークに吞まれずに、以下の資料をめんどうでがらず目を通して理解を望む。 https://t.co/FL0YIZQ1ug
水素自動車は水素を製造する時にCO2をかなり排出するんだね。電気自動車の方がいいみたいだけど電気自動車は製造時にガソリン車の2倍のCO2を排出するみたいだし、3年で買い替えとかしてたらCO2排出量はどうなのやら。 https://t.co/kYYrmNAKWm

収集済み URL リスト