著者
横山 道史
出版者
横浜国立大学技術マネジメント研究学会
雑誌
技術マネジメント研究 = Yokohama journal of technology management studies (ISSN:13473042)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.21-33, 2007-03-28

本稿は、日本のフェミニズムにおいてエコフェミニズムが不在である理由とその背景について考察するものである。日本においても、エコフェミ論争(1985)が象徴しているようにエコフェミニズムに関する理論的知的格闘が存在してこなかったわけではない。しかし、日本においてエコフェミニズムがフェミニズムの一つの潮流として未だ根付いていないように見受けられるのはなぜなのか。本稿は、このような問題意識を基盤として、フェミニズムとエコロジー思想が接近・遭遇しつつも距離をとらざるを得なかった事情について考察するものである。その際、エコフェミ論争の議論を中心に検討し、また、日本におけるエコフェミニズムの可能性を探っていくという意味で欧米のエコフェミニズムの議論も併せて検討していきたい。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@es_tokusetsu 横山さんの論文、これですね。ネットに上がっているのは、大学に通っていない身としてはすごく助かります。 https://t.co/Jog9tQsZHq
@koshian @24_589 反原発、反ワクチン、リベラル、エコロジー、フェミニズムは元々親和性が高いですね。 https://t.co/AZI1Foyj0w

収集済み URL リスト