著者
篠原 秀一
出版者
秋田地理学会
雑誌
秋田地理
巻号頁・発行日
no.23, pp.12-21, 2003-03-01

東アジアにおけるサメ類の水穫資源としての多面的な利用を探る研究の一環として、香港におけるフカヒレ流通の地域性を概観する。統計資料を参考にしっつ、フカヒレ商業の中心地である上環・西営盤地域を野外調査の主要対象地域とした。原資料は、2001年12月と2002年9月から12月までの断続的な実質約10日間の地域調査によるC サメ類およびフカヒレに関する統計資料は実態把握率が低いと一般に言われるが、大まかな地域傾向を知る手かかりとした。

言及状況

Twitter (19 users, 27 posts, 14 favorites)

@afpbbcom シーシェパード・スペイン支部は、世界有数のフカヒレ産地の自国を攻撃しない。香港のフカヒレ原料の首位はスペイン(加工は中国)⇒https://t.co/1mmmMqL579 西洋では自国叩きよりもアジア蔑視のほ… https://t.co/WHH6tBK53n
シーシェパード・スペイン支部は、世界有数のフカヒレ産地の自国を攻撃しない。香港のフカヒレ原料の首位はスペイン(加工は中国)⇒https://t.co/1mmmMqL579 欧州では自国叩きよりもアジア蔑視のほうがお金に。 豪SS… https://t.co/VFwAaznc8W

収集済み URL リスト