著者
上條 明弘
出版者
首都大学東京小笠原研究委員会
雑誌
小笠原研究年報 (ISSN:03879844)
巻号頁・発行日
no.33, pp.51-85, 2010-05-20

父島洲崎は自然豊かな海岸であったが、日本海軍により埋め立てられ、洲崎飛行場が建設された。小さな飛行場であり、陸上機があまり配備されていなかったので、最初アメリカ軍は重視していなかった。しかし、硫黄島攻防戦では、特別攻撃などの支援作戦の中継基地となり、重要な役割を演じた。そのため、アメリカ軍は、洲崎飛行場に対し、艦上機、陸軍機により集中的な攻撃を与えた。

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 3 favorites)

@Uds0826 @meme_yuzuki 24型丁、知らない子ですね。32型?は小笠原父島に残されていたのですが、戦後の復興で穴に埋められたそうです。 https://t.co/33jSUJekz9
@NOJIwing @isokaze1937 貴重な資料ですね!ありがとうございます! 第二御楯攻撃隊について、以下の 論文があります。 https://t.co/33jSUJekz9
@isokaze1937 小笠原への攻撃について、まとめた論文があります。参考にしていただければ幸いです。 https://t.co/33jSUJekz9
@isokaze1937 その攻撃は知りませんでした。よく調べましたね! 次の論文に一覧があります。 https://t.co/UNoCStbyd3

収集済み URL リスト