著者
柏原士郎 上野淳 森田孝夫 カシハラ シロウ ウエノ ジュン モリタ タカオ Kashihara Shiro Ueno Jun Morita Takao
出版者
大阪大学出版会

1995年1月17日兵庫県南部地震発生.その直後から筆者らは現地に入り調査を開始し,避難所と避難生活の実態を継続的に記録する.そして地域住民の避難行動,避難拠点形成過程を分析し,施設・空間の利用構造,生活環境としての問題点を明らかにした.とくに避難所の中核“学校"についての知見と提言は,地方自治体の防災基本方針をたてるうえで一石を投じる.逃げないで安全で住みよい地域生活環境を創造するための貴重な基礎資料.

言及状況

Twitter (14 users, 16 posts, 0 favorites)

「阪神・淡路大震災における避難所の研究 単行本 – 1998/1 柏原 士郎 (著), 森田 孝夫 (著), 上野 淳 (著)」... https://t.co/E1Gg9U67ak
(´-`).。oO( ただし「神戸市は応急仮設住宅の解消は2000年春になると予想している(いた)」 https://t.co/bO9IQFo0Uo
(´-`).。oO( 神戸大震災(1995年1月17日)では避難所・待機所は1997年3月31日で廃止された、と。 https://t.co/bO9IQFo0Uo
すばらしい! 柏原士郎・森田孝夫・上野淳編著.1998.『阪神・淡路大震災における避難所の研究』,大阪大学出版会が大阪大学リポジトリで公開されていた。 とても助かる。 http://t.co/1dmzXIXCYS
小会書籍『阪神・淡路大震災における避難所の研究』(柏原士郎・上野淳・森田孝夫編著)は、現在大阪大学リポジトリで公開中です。地震発生直後から現地調査を開始し、避難所と避難生活の実態を継続的に記録した一冊となります。ご活用頂ければ幸いです。http://t.co/KgGXacWrOr

収集済み URL リスト