著者
木村 祐哉 山内 かおり 川畑 秀伸
出版者
日本動物看護学会
雑誌
Animal nursing
巻号頁・発行日
vol.15-16, pp.1-5, 2010-11

動物看護師の労働状況とメンタルヘルスの現状について把握するための予備的研究として、現役で勤務している動物看護師を対象に質問調査を実施した。調査はウェブを介して行い、 32名の回答を得た。有効回答は31名であり、そのうち15名(46.8%)は心と身体の健康調査表(STPH)の抑うつ尺度得点が高く、うつ病の可能性があると判断された。同得点による抑うつ傾向は未婚者よりも既婚者で強かったD過去に思い描いていた動物看護師像と現在の自己認識像が乗離している者でも抑うつ傾向は強く、そうした禿離を防ぐために職業教育や求職活動のあり方を再考する必要性が示唆された。また、自由記述からは「ワーク・ライフ・バランスの未達成」や「人間関係での苦労」、 「労働条件に関する不満」などが問題として指摘された。

言及状況

Twitter (10 users, 11 posts, 5 favorites)

ライブなかったら間違いなく罹患(*_*)→アニマルナーシング「動物看護師31名の労働状況とメンタルヘルス」 http://t.co/4kcteuvU "15名(46.8%)は心と身体の健康調査表(STPH)の抑うつ尺度得点が高く、うつ病の可能性があると判断された
アニマルナーシング「動物看護師31名の労働状況とメンタルヘルス」 http://t.co/WxtmiWjl "15名(46.8%)は心と身体の健康調査表(STPH)の抑うつ尺度得点が高く、うつ病の可能性があると判断された"
School of Vision相談役でペットロスや医療コミュニケーションに精通された木村祐哉獣医師の論文「動物看護師31名の労働状況とメンタルヘルス」がウェブで無料公開されました。 http://t.co/23mvLIkK 弊団体サイトでは木村先生への講演依頼も承っております。
動物看護学会の学会誌「Animal Nursing」に掲載された論文が、ウェブで無料公開されました > 「動物看護師31名の労働状況とメンタルヘルス」 http://t.co/WxtmiWjl

収集済み URL リスト