著者
村上 正隆
出版者
北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
雑誌
低温科学 (ISSN:18807593)
巻号頁・発行日
vol.72, pp.297-310, 2014-03-31

人工的に生成した氷の微粒子を雲内に導入し, 自然の雲が雨・雪を生成するメカニズムの持つ律速過程にバイパスをつけて降水を促進させる人工降雨技術(意図的気象改変)は, 第二次世界大戦直後に華々しく登場し, 現在では世界40か国で使用されている. 本稿では, 人工降雨の原理・歴史・現状と問題点を述べるとともに, 最新の人工降雨研究の取り組みを紹介する.

言及状況

Twitter (16 users, 30 posts, 19 favorites)

ソース元 https://t.co/dLNHZCr7c7
話題を選挙からこれに変えましょう! 考えれば考える程腹が立ってきますから。 人工降雨について https://t.co/dLNHZCr7c7 https://t.co/5osOLCaP2L
@pafferupafe この人に聞いて下さい。 大丈夫かどうかを。 https://t.co/dLNHZCr7c7 https://t.co/N2OZNMwvhI

収集済み URL リスト