著者
薬袋 秀樹
出版者
日本図書館情報学会
雑誌
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集
巻号頁・発行日
vol.2017年度, pp.5-8, 2017-06

1997年以後、作家・出版関係者から公共図書館におけるエンターテイメント系小説について、複本削減、貸出猶予、公貸権による補償の要望が行われ、図書館関係者との間で議論が行われてきた。この問題を「図書館における貸与問題」と呼ぶ。本研究の目的は、日本図書館協会のこの問題に対する取り組みと考え方の特徴を明らかにすることである。関連文献を収集・分析した結果、審議会の終了後、報告記事が減少しており、報告記事の増加が必要であることなど5点の特徴が明らかになった。

言及状況

Twitter (6 users, 10 posts, 1 favorites)

【案内】春季研究集会で発表した「図書館における貸与問題に関する日本図書館協会の取り組みと考え方」『日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集』(2017年度,2017.6,p.5-8.)をつくばリポジトリに登録しました(https://t.co/ovZIlThr5y)。
【案内】春季研究集会で発表した「図書館における貸与問題に関する日本図書館協会の取り組みと考え方」『日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集』(2017年度,2017.6,p.5-8.)をつくばリポジトリに登録しました(https://t.co/ovZIlThr5y)。

収集済み URL リスト